オオルリ&カケス (秋ヶ瀬公園/前編)

2017.05.01.Mon
2017年4月28日

DSCN3726s.jpg

新緑が眩しい秋ヶ瀬公園(埼玉県営)にやって来ました。管理事務で
パンフレットと案内図を頂きましたが、初めて来ただけに園内の広さ
に戸惑うばかりです。




DSC_5858s.jpg


広い園内は閑散としていましたが、野鳥園の案内板にほっとしました。


DSCN3729s.jpg

鳥見のカメラマンの姿が目立つようになったのは、10時過ぎです。
皆さんの後をそれとなく付いて行くと、先着を含めて30人程集まり
ました。お目当ては広場を囲む林に飛来するオオルリとカケスです。


                *



DSC_5952s.jpg


カケスは5羽の群れで来たものの、枝葉が被ってなかなか撮れません。


DSC_5950s.jpg




DSC_5958s.jpg


初撮りなので手当たり次第シャッターを切りました。高木の枝から枝へ
と移動するカケスを仰向けに撮っていると、首や肩が凝ってきました。


DSC_5998s.jpg




DSC_6100s.jpg

画像の多くを捨てましたが、残った中に飛び出しのシーンがありました。
期せずして撮れた一枚です。(留鳥 全長33cm)


                *


なかにはカケスには目もくれず、ひたすら三脚を構えてオオルリを待つ
バーダーさんもいて、オオルリ人気は想像以上です。

DSC_6160s.jpg


オオルリが移動すると、何処の木のどの枝かを皆さんに逐次教えて下さ
る親切な方がいたので助かりました。しかし、込み合う枝々の新緑の中
後ろ向きに止まるので撮るのは容易ではありません。


DSC_6140s.jpg




DSC_6136s.jpg

どうにか一枚だけ撮る事が出来ました。初見・初撮りです。
                オオルリ(夏鳥 全長16cm)
オオルリは青い鳥の一つ(オオルリ、コルリ、ルリビタキ)であり
日本三鳴鳥の一つ(オオルリ、ウグイス、コマドリ)だそうです。


               ***



DSC_5973s.jpg


同じ広場の林で、シメが昆虫を捕食しました。(冬鳥 全長18cm)


DSC_5978s.jpg




DSCN3772s.jpg

ビンズイは草むらでの採食です。(漂鳥 / 冬鳥 全長16cm)




DSC_6184s.jpg


この広場で薄紫色の小さな花を見つけました。黄褐色の上には毛が生え
ています。雑草と言うには忍びないムラサキサギゴケの群生を見たのは
初めてでした。


DSC_6183s.jpg



自然豊かな秋ヶ瀬公園では、思いがけずカケスとオオルリに出合い
初撮りが叶いました。
夏鳥が飛来する中、まだ残っている冬鳥がいる時季です。
次回の秋ヶ瀬公園(後編)も宜しくお願い致します。


ご覧下さり有り難うございました。

飛べないオオハクチョウ

2017.04.20.Thu
2017年4月20日

館林(群馬県)の城沼で越冬を終えた白鳥は他所で越冬した白鳥たちと
北海道の湖沼に集まり、4月下旬にはシベリアの繫殖地に渡るそうです。
この先、まだ数千キロの旅が続きます。

DSC_4798s.jpg

城沼にはオオハクチョウ1羽とコブハクチョウ数羽が残っていました。
3月下旬に、地元で出会った三人の方から残っている1羽のオオハク
チョウの事情をお聞きしました。それぞれのお話を綴ると居残る理由
には、ある悲しい事情がありました。
当年10数歳の個体で、2004年頃に城沼に越冬した時は幼鳥でした。




DSC_4766s.jpg

城沼のオオハクチョウたちは日中8キロ先の多々良沼で過ごしています。
この個体は幼鳥で飛来した年に、多々良沼で片翼に大怪我を負ったそう
です。それ以来飛べず、10年以上も居残りを余儀なくされたのでした。




DSC_4787s.jpg

北帰行が始まると、次々にオオハクチョウたちが城沼を去って行きます。
オオハクチョウの家族も高く舞い上がり、残された個体は渾身の力を振
り絞り、飛べない翼をバタバタさせて泣き叫び続けたそうです。




DSC_4795s.jpg

すると、オオハクチョウたちは残された個体に別れを惜しむかのように
上空を何度も旋回して飛び去って行ったのでした。家族との切実な別れ
をお聞きして、オオハクチョウの家族の情愛に目頭が熱くなりました。
悲しい事情があった個体ですが、穏やかな表情を見るとほっとします。


                *


地元の方に温かく見守られ、人に慣れているので近づいても逃げません。

DSC_4871s.jpg





DSCN0810s.jpg

こちらのコブハクチョウは野生で、数羽が城沼に居ついているそうです。




DSCN2418s.jpg


残されたオオハクチョウは淋しいのでしょうか、コブハクチョウの近く
に寄り添って寛いでいます。仲の良い彼らの光景には心が和みました。


DSCN2417s.jpg



               ***


3月下旬、カモ類では最後に帰るというコガモたちの姿がありました。

DSCN1680s.jpg

昼寝中でも目を細めて警戒を怠りません。




DSC_4810s.jpg


オオバンは何処でも数を増していますが城沼にも多く見られます。


DSCN1664s.jpg





DSC_4746s.jpg

一方、数が少ないのがバンです。




DSCN1827s.jpg

アオサギとカワウの睨めっこ?




DSC_4755s.jpg

カンムリカイツブリ(冬鳥)を1羽見かけました。




DSCN0851s.jpg


パチパチという音に振り向くと、シジュウカラが葦の皮を音立てて
剥き、中の昆虫を捕えて食事中でした。羽色が綺麗です。


DSCN1783s.jpg





DSC_4910s.jpg

木陰でアトリ(冬鳥)が食事中です。飛来数が多く当たり年でした。




DSC_4882s.jpg


3月中旬にアオサギの巣を見掛けましたが、下旬にはカラスも巣材の
枝集めに精を出していました。今頃は卵を抱いているでしょうか。


DSC_4880s.jpg



                *


帰りに、城沼から8キロ先に位置する多々良沼を覗きましたが閑散とし
ていました。佇んでいると白鳥たちの在りし日の生き生きとした光景
が甦って来ます。

DSCN2444s.jpg

館林の城沼を塒とし、日中は多々良沼で過ごすという白鳥でした。
北海道の湖沼に結集した白鳥は、4月下旬にシベリアの繁殖地へと向か
います。来季に幼鳥を連れた白鳥たちとの再会が楽しみですが、1羽で
居残るオオハクチョウこそ、思いは一層深いことでしょう。


ご覧下さり有り難うございました。

キジの恋

2017.04.15.Sat
2017年4月13日

DSCN3294s.jpg


ヨシ焼き後に渡良瀬遊水地(栃木県藤岡町内野)を訪れたのは、今回で
3度目になります。アシの新芽は10~30cm伸び、焼野原が一面の緑に
覆われました。


DSC_5793s.jpg




DSCN3164s.jpg


先日、NHKの「ダーウィンが来た!」(4月9日)で里山のキジの生態
が放送されました。謎の多いキジの面白さに魅了され、渡良瀬遊水地に
いるキジを観察したいと、心弾む思いでやって来ました。


DSCN3173s.jpg




DSCN3128s.jpg


春はキジの恋の季節です。雄は雌を見かけると如何にも血気盛んな様相
を見せ、猛烈なアタックシーンが繰り広げられます。


DSCN3104s.jpg




DSCN3105s.jpg


雌に身体を傾け、尾羽を広げて盛んにアピールします。然しながら雌には
「けんもほろろ」に逃げられる始末です。


DSCN3109s.jpg




DSCN3107s.jpg


ダーウィンが来た!によると1羽の雌にアピールするのは数10回に
及び、雄の粘り勝ちによって数日後にやっと結ばれるのだそうです。


DSCN3108s.jpg




DSCN3137s.jpg

振られた雄は一瞬呆然とするものの、リベンジに向けて毅然と佇みます。




DSCN3147s.jpg

時には道路を横断してのお嫁さん探しです。ヒバリやウグイスの囀りが
賑やかなアシ原で、キジは一際大きな声で存在感をアピールしています。
当地をフィールドにしている方のお話では、縄張り合戦の飛び蹴りなど
は1度しか見た事がないそうです。


                ***



DSCN3274s.jpg

車道の右側に枯葦原があります。僅かな一部分ですが生き物の塒や
避難場所になっているようです。キジが入って行く光景を何度も見
ました。




DSC_5714s.jpg
眩しい柳若葉。

渡良瀬遊水地のガイドマップを見ながらの探索ですが、今回は橋を
渡り谷中湖の中央にある中の島に行きました。暖かい春の陽気の中
やや風があったものの、湖の中央に佇む爽快感は忘れ難いものです。




DSC_5688s.jpg

谷中湖畔に舞い降りたトビ。


                ***



DSCN3225s.jpg


当地の漁師さんにインタビューしている光景に出合いました。渡良瀬
遊水地で漁をしている方で、投網の名人だとお聞きしています。
日本の美しい風景と人々の暮らしを伝えるNHKの「小さな旅」(日曜
朝8時)のロケだそうで、放送日は5月7日との事です。


DSCN3259s.jpg




DSCN3218s.jpg

ロケ班から少し離れてセイタカシギが1羽飛来していました
がカメラを向けた瞬間、遠のいてしまいました。




DSCN3268s.jpg


その後、コチドリが3羽舞い降り、相変わらずコガモの群れが寛いで
います。


DSCN3250s.jpg



                 *



DSC_5811s.jpg 


群生するぺんぺん草に訪れたヤマトシジミ。


DSC_5816s.jpg 



         ***



DSCN3321s.jpg

渡良瀬川に架かる三国橋は、河川敷の菜の花に彩られて春たけなわの
風景です。車はここより渡良瀬遊水地を後にしました。




DSCN3342s.jpg

スカイツリーの出迎えを受ける白髭橋を渡ると、日がとっぷり暮れ
遠出した実感が湧いてきました。


ご覧下さり有り難うございました。

ヨシの芽吹く頃

2017.04.10.Mon
2017年4月10日

渡良瀬遊水地のヨシ焼き(3月18日)後の景色が見たくなり、17日後
(4月4日)に再び訪れてみました。

DSC_5456s.jpg


黒々とした焼野原には続々とヨシの芽が出ていましたが、今頃は一面が
瑞々しい芽吹きに覆われているかもしれません。


DSC_5435s.jpg



                *



DSC_5406s.jpg

これまで遠目に見ていたキジですが、散策路からそれ程遠くない距離に
ひょっこり姿を現しました。




DSC_5408s.jpg

里山では当たり前に見られるキジですが、都会暮らしでは物語の中の
キジさんなので、眼前の現実には驚きと喜びを覚えました。




DSC_5409s.jpg
正面顔




DSC_5412s.jpg

枯草が邪魔をして思うように撮れませんが、赤い顔と光沢のある青や緑
の体色が美しいです。(留鳥 ♂全長81cm ニワトリ大 国鳥)




DSC_5414s.jpg




DSC_5415s.jpg


近づきたい思いを抑え望遠で撮っていると、こちらに気付きながら逃げ
ることなく座り込みました。撮るのはここまでと離れたものの暫くして
見に行くと座り込んだままでした。


DSC_5418s.jpg



                 *



DSC_5371s.jpg


暫くはキジのことが気になったものの、ウグイスの澄んだ囀りに耳を傾け
ていると足取りも軽くなり、次なる出合いに心浮き立つ思いでした。


DSC_5375s.jpg




DSCN3056s.jpg


広々としたヨシ焼き後の先にウォッチングタワーが見え、点在する辛夷が
満開です。


DSC_5432s.jpg




DSC_5364s.jpg


ウォッチングタワーへ歩を進めると柳が芽吹き、遠方の他の木々も柳
かもしれません。


DSC_5365s.jpg




DSC_5306s.jpg

  DSC_5311s.jpg   DSC_5326s.jpg


ガードレールの脇の枯草にコゲラを見つけました。コゲラはカイガラ
ムシを食べるそうですが・・一心に採餌中です。


DSC_5305s.jpg



                ***



DSC_5340s.jpg


モンシロチョウは焼けたヨシ原を飛び回り、モンキチョウとベニシジ
ミは散策中の足元から飛び出して先へ先へと低く移動しました。


DSC_5363s.jpg




DSC_5505s.jpg

樹木の根元に広がる野の花。




DSC_5429s.jpg

紫のヒメオドリコソウ、ブルーのオオイヌノフグリ、黄のタンポポ
そして白のぺんぺん草など、渡良瀬遊水地では改めて野の花の可憐さ
に気付いた思いでした。


ご覧下さり有り難うございました。

桜とニュウナイスズメ

2017.04.06.Thu
2017年4月4日

渡良瀬遊水地でニュウナイスズメの情報をお聞きして、急遽、東洋大学
板倉キャンパス方面へ向かいました。学園橋を渡ると袂に桜並木があり
その桜の蜜を吸いにニュウナイスズメが来ているという事でした。
                      (群馬県板倉町泉野)

DSC_5565s.jpg

到着直後はスズメばかりで一向に見当たらず、見渡すとアマチュアカメ
ラマンはたった一人なので次第に心細くなりました。その方にご挨拶し
てお訊きすると、10羽ほど来ていると言う確実な情報を得ることが出来
更にニュウナイスズメのことをいろいろと教えて下さいました。




DSC_5580s.jpg
「私は誰でしょう」

40分以上待ち、諦めかけて駐車場へ戻りかけた時です。最初にスズメの
一群がいた桜にニュウナイスズメの群れを見つけました。




DSC_5579s.jpg
ニュウナイスズメ


ニュウナイスズメとスズメの外観の違いは頬の黒点の有無にあります。
(ニュウナイスズメは全長14cmでスズメよりやや小さく、スズメは
 全長14.5cm)



DSC_5517s.jpg
スズメ

桜木の下に花が多く落ちているところがポイントで、スズメは地に降り
ニュウナイスズメは降りないそうです。




DSC_5562s.jpg




DSC_5672.jpg


桜の蜜を求めて枝から枝へと、身体を伸ばしたり捩じったり、忙しく動き
回っていました。


DSC_5582s.jpg



DSC_5650s.jpg




DSC_5594s.jpg


よく観ると花の中に嘴を挿しています。


DSC_5587s.jpg




DSC_5574s.jpg

花の萼ごと千切るのはスズメと同じでした。




DSC_5518s.jpg


こちらはスズメです。


DSC_5521s.jpg




DSC_5619s.jpg   DSC_5620s.jpg


DSC_5624s.jpg   DSC_5626s.jpg

垂れ下がった桜の一枝にブランコ気分で吸蜜する個体。




DSC_5627.jpg




DSC_5656s.jpg

撮った写真の大部分は雄ですが、この一枚は雌のようです。
 「淡黄色の長く明瞭な眉班があり、喉は白っぽく全体に栗色味は
  なく灰褐色」        (日本の鳥550・山野の鳥)




DSC_5608s.jpg

ニュウナイスズメは、この桜並木に毎年飛来するそうです。繁殖地は
北海道、本州中部以北なので桜前線と共に北上するのでしょうか。




DSCN3085s.jpg


池に沿って桜並木があります。冬期の池にはカモが多く飛来するそうで
只今、数10羽のヒドリガモがオオバンに混じって残っていました。


DSCN3077s.jpg



                 *


ニュウナイスズメはブロガーさんの記事からその存在を知って以来
ずっと気に掛けていた鳥でした。今回はウォッチングの最中に情報
を得て現地に入り、初対面の方にはいろいろと教えて頂き、有難い
ことにその日の内に初見・初撮りが叶いました。


ご覧下さり有り難うございました。[全文表示]