やっと会えたミヤコドリ

2015.03.22.Sun
  2015年3月22日

船橋三番瀬は、自宅から国道357号東京湾岸道路を走って23㎞
約40分という便利さもあって、今季は5度通いました。
一番の目的は越冬中のミヤコドリで、4度目に至近距離で会うことが
出来ました。

               *

三番瀬には海に向かって堤防が東西にあり、東堤防の先端には船橋
方面に伸びる防波堤があります。

DSC_2266 (640x386)

整然と隊列を組んだ光景に迎えられた時は、目頭が熱くなる思いでした。


ミヤコドリの飛翔
DSC_2305 (640x446)

「名にしおはばいざ言問はむみやこどり我が思ふ人はありやなしやと」
                      (伊勢物語 第九段)
古典で詠まれた「みやこどり」はユリカモメとされています。
ミヤコドリを知ったのは三番瀬を守る会の絵ハガキを買い、その1枚に
写真があったからでした。実物を見るまで10年以上も経っていました。

                *


防波堤に降下するミヤコドリ
DSC_2099 (640x439) 
DSC_2100 (640x441)



DSC_2254 (640x384)

次々に降りてくるミヤコドリ。



DSC_2242 (640x384)



DSC_2102 (640x385)

隙間を埋め尽くすように降下。


DSC_2185 (640x384)

そして再び整然と。



DSC_2224 (640x385)



DSC_2146 (640x382)



DSC_2170 (640x443)

防波堤で休む彼等の中には、群れから少し離れて佇むものもいます。


                ***


干潟のミヤコドリの近くには、セグロカモメやハマシギも見かけました。

DSC_0699 (640x374)



DSC_0015 (640x442)

足輪が付いたセグロカモメ。(ブロガーさんのお奨めで、今回も
山階鳥類研究所に画像をお送りしました)

肉眼では判りにくい遠方のミヤコドリですが、大きいカモメの方なら
見つけ易いです。彼等は一緒にいることが多く、ミヤコドリを探す
ならセグロカモメを見つけたほうが早いことに気付きました。


DSC_0700 (640x437)

ミヤコドリがなにかをゲットしたようです。



DSC_0016 (640x388)



DSC_0218 (640x445)

ミヤコドリの近くに降下して採餌するハマシギ。



               ***


ミヤコドリの採餌。

DSC_0633 (640x449)

嘴を深く差し込んで採餌しています。
ミヤコドリの群れの先にはハマシギの群れも。



DSC_0253 (640x381)



DSC_0070 (640x435)

ゲットしたのは二枚貝でした。



DSC_0259 (640x445)



カメラ目線の正面と横向きのミヤコドリ。

DSC_0052 (619x432)



DSC_0191 (640x432)



               ***



DSC_6911 (640x388)

防波堤にはハマシギの大群も集まっており、時に舞いあがっては
飛翔していました。



DSC_2351 (640x386)

防波堤に打ち寄せる波が、飛沫をあげて砕け散る眺めもいいものでした。


               ***


DSC_0776 (640x350)

三番瀬に初めて来た日はミヤコドリを撮ることは叶いませんでした。
広い干潟に探し求めたミヤコドリは、なんと1,000mも先にいると
耳にしたのでした。

後日、夫が遠方まで見える双眼鏡を手にしたことで、夫婦共々
鳥見にすっかりハマってしまいました。


最後までご覧下さり有難うございました。
スポンサーサイト

コメント

2015-03-23.Mon 22:56
ーWILD BOOKERSさんー

こんばんは、コメント有難うございます。
ミヤコドリの大群は風上に向いて休息していました。
ウミネコもそうだったのですね。
近くに荒川がありますが、鴨の陣はそれぞれ風上に向いています。
危険を避けるためだと聞いたこともありますが、実際に風をどのよう
に活用しているのか詳しいことは・・・
(いつか三番瀬で聞いて見たいと思っています)
オレンジの嘴は綺麗で、観察していると長い嘴は採餌に便利でした。
目がちょっと怖そうに写っていますが、風が出てきたせいかも
しれません(笑)。
URL|コウコ #-[ 編集]

2015-03-23.Mon 21:57
コウコさん、こんばんは~

ミヤコドリ……整列してお出迎えですね(^_^)

これは風上に向いてなかったでしょうか。
以前、ウミネコが砂浜にたくさんいた時
皆、風上に向いていたので……
習性なのかと思いました。

しかし、オレンジのくちばしが綺麗ですね。
目は赤くて怖いですけど……(^_^;)
URL|WILD BOOKERS #-[ 編集]

2015-03-23.Mon 15:03
ーぱふぱふさんー

こんにちは、コメント有難うございます。
ミヤコドリの群れの写真ですが、実際はこの数倍でした。
全国のミヤコドリの大半が三番瀬に結集した感じです。
防波堤での撮影を終えて西堤防に行き、再び東堤防に戻った時は
もぬけの殻でした。

名古屋の桜は1~2分咲きなんですね。
東京はお昼のニュースで開花宣言が出ました。いよいよですね。
URL|コウコ #-[ 編集]

2015-03-23.Mon 12:14
ーArianeさんー

こんにちは、コメント有難うございます。
実は私も、ミヤコドリが綺麗に整然と並ぶ光景に感嘆すると同時に
不思議に思ったのでした。
私が見た限りですが、カモも風上に向かって群れで休息しています。
飛翔時や着地時も風上に向いていました。調べてみたいと思います。

ところで、群れから離れて佇んでいるミヤコドリですが、野鳥の中
にもこんな子がいるんだと思うと、自分に重ねてしまい愛おしく
なりました。出来れば群れの光景も入れて、距離感を出したかった
と、今は思っております。


URL|コウコ #-[ 編集]

2015-03-23.Mon 11:54
ーハロゲンさんー

こんにちは、コメント有難うございます。
ミヤコドリの初撮を共に喜び祝福して頂きまして、目頭が熱く
なりました。
現場に立って初めて身に沁みることが多々あり、ハロゲンさんの
鳥見のご様子が想像出来るようになりました。
いろいろと学ばせて頂いて感謝でいっぱいです。
どうぞこれからも宜しくお願い致します。
URL|コウコ #-[ 編集]

2015-03-23.Mon 09:14
さすがに沢山いると素敵ですね
こちらでは、どうにも遠い場所にいて
なかなか肉眼で見られないですね・・
野鳥観察地で望遠でやっとで・・しかも片手ほどの数
これだけそろうと見ごたえありますね

海が遠いのでなかなか見に行けません

家の前のお宅のソメイヨシノが1~2分咲きになりました
URL|ぱふぱふ #-[ 編集]

2015-03-22.Sun 22:28
コウコさん、こんばんは^^
ミヤコドリは、こんなに綺麗に整然と並ぶのですね。
向く方向まで揃っていると、見事ですね。
私としては、群れから少し離れて佇んでいるミヤコドリに、ちょっと共感が湧きました。(笑)
URL|Ariane #EW/CXf8k[ 編集]

ミヤコドリ

2015-03-22.Sun 18:23
コウコさん、今晩は
遂にミヤコドリの撮影に成功しましたね。おめでとうございます。
整列しているところは壮観です。
飛翔や二枚貝を食するところも撮られて素晴らしいと思います。
また、標識環がついたセグロカモメも撮影され山階に送られたのですね。山階からレスポンスがあるといいですね。
URL|ハロゲンくん #-[ 編集]

コメントの投稿

トラックバック