自然公園のオシドリ

2015.03.07.Sat
2015年3月7日

オシドリ(鴛鴦)を見たくて、千葉市街からやや離れた「泉自然公園」
にやって来ました。

DSC_3287 (640x443) (640x443)
吊り橋右の樹上に、丸い緑のヤドリギ(宿り木)見えます。


DSC_4041 (445x640) 
「いずみ橋」から眺める風景は、まさに大自然の水辺の公園で
池には水鳥がいるはずです。


                  *


吊り橋を渡って降りて行くと、下の池にオシドリ、バン、オオバン
カモ類などが寛いでいました。
DSC_3335 (640x385)



DSC_3560 (640x385)
オシドリは木陰にいて、この日は池の真ん中には出て来ませんでした。



まずは双眼鏡を覗き、初めて見るオシドリに目を奪われました。
DSC_3305 (640x452)



DSC_3649 (640x443)



DSC_3317 (640x386)



DSC_3395 (640x443)


美しいオシドリとは雄のことで、雌は正直言って眼中にはなかった
のですが、カップルの仲睦まじい姿は素敵でした。


DSC_3347 (640x383)



DSC_3656 (640x388)



DSC_3293 (640x443)



DSC_3603 (640x444)
暫く泳いだ後は寄り添って昼寝でしょうか。



羽繕い。
DSC_3938 (640x442)



DSC_3943 (640x441)



DSC_3956 (640x441)
雄は特に丁寧で、美を保つことに余念が無いようです。
この日は運良く12羽のオシドリを見ましたが、留鳥と越冬組がいるのだ
そうです。

               ***


泉自然公園はカワセミの生息地としても有名でした。
オシドリより、カワセミの方に多くのカメラマンが来ていました。
超望遠が相応しいのでしょうが、撮れる範囲でシャッターを切りました。
DSC_4005 (640x448)



DSC_3410 (640x444)



DSC_3439 (640x438)
豆粒ほどのカワセミですが、トリミングすると小魚を咥えた
シーンを捉えていました。



DSC_4006 (640x443)



               ***



DSC_3465 (640x444)
アオジ



DSC_3274 (640x416)
紅椿に負けない綺麗な鳥もいました。

野鳥スポットで知られる泉自然公園には、これを機にまた訪れてみたいと
思います。冒頭のヤドリギは園内でよく見掛けたので、この実が大好きな
レンジャク(連雀)にも何時か出合うかもしれませんね。

ご覧頂き有難うございました。
スポンサーサイト

コメント

2015-03-13.Fri 12:14
ハロゲンさん、今回野鳥情報を見なかったので、お知らせ下さり
有難うございました。
今まで気楽に書いてきましたが、これからはしっかりした記事を
心掛けたいと思いました。
何事も経験ですね。一つひとつ学んでゆきたいと思います。
ハロゲンさんから多くのことを学ばせて頂いております。
これからもどうぞ宜しくお願いいたします。
URL|コウコ #-[ 編集]

野鳥情報-関東版-

2015-03-11.Wed 19:11
コウコさん、今晩は
このオシドリの記事がまた「野鳥情報-関東版-」に紹介されていました。
既にご存知かもしれませんが、念のためお知らせします。


URL|ハロゲンくん #-[ 編集]

管理人のみ閲覧できます

2015-03-09.Mon 23:43
このコメントは管理人のみ閲覧できます
| #[ 編集]

2015-03-09.Mon 15:03
ーArianeさんー

こんにちは、コメント有難うございます。
鳥見を始めてみると、むかしから憧れていた美しい野鳥を追い駆け
たくなりました。超初心者なので子どものような好奇心が芽生えて
自分でも意外なほど感動してしまいます。
オシドリの雌雄ですが、私も今回初めてその違いを知りました。
野鳥はほとんど雄が美しく、中にはメジロやシジュカラのように
同色のものもいますね。

カワセミのセルリアンブルーはほんとうに美しいですね。
実は最近ブロガーさんから教えて頂いたのですが、Arianeさんも
ご存じのモルフォチョウと同じ構造色でした。鳥にも同じ発光現象
があったんですね。

鳥見では、重くて持てないような大型の機材の方を見掛けますが
覗き込んでビックリしました。
同じ鳥とは思えないほどで、その違いは歴然でした。
私は自分のカメラの使い方もままならず、このままずっーと四苦
八苦しそうです(笑)。

URL|コウコ #-[ 編集]

2015-03-09.Mon 10:24
コウコさん、こんにちは^^
いつも珍しい野鳥のお写真を、ありがとうございます。

オシドリは雄と雌が、こんなに違うのですね。
夫婦の絆のシンボルのように言われる鳥にしては、雄と雌とが全然似合って見えないのが、ちょっと意外でした。
雄は随分綺麗なのですね。

カワセミはセルリアンブルーの羽が美しいですね。
超望遠でも、これほどハッキリ撮れるんですね。
URL|Ariane #EW/CXf8k[ 編集]

2015-03-08.Sun 22:07
ーハロゲンさんー

こんばんは、コメント有難うございます。
最後の写真はヤマガラだったのですね。
一見、キツツキ科の鳥と思ったのですが・・・赤味を帯びた背の色
に迷ってしまいました。紅椿に囲まれ、とても綺麗に見えて・・・
やっと解決出来てホットしました。ありがとうございました。
カワセミが小魚を咥えて飛ぶシーンに出合えたのはラッキーでした。
ここでは、いろいろなシーンが撮れるような印象でした。
カメラマンが多い理由が分かるような気が致しました。
URL|コウコ #-[ 編集]

2015-03-08.Sun 21:47
ーぱふぱふさんー

美しいオシドリを見たい見たいと願いつつ、やっと叶いました。
他のカモ類も同じなのにオシドリだけが夫婦の絆のシンボルのよう
に思われて、やはり見た目が美しいからでしょうか。
東京では新宿御苑のオシドリが有名ですが、来園者が引き揚げた後
に木陰から出て来るというので諦めたのですが、猛禽類を避ける
ためだったのですね。
都会の野鳥を撮ろうと決めてスタートしましたが、夫が運転を引き
受けてくれたので遠出が出来るようになりました。
やはり、出来れば自然の中で野鳥を追い駆けたくなりますね(笑)。
URL|コウコ #-[ 編集]

泉自然公園

2015-03-08.Sun 17:31
コウコさん、今晩は
泉自然公園、ネットで見ると色々な鳥さんや植物に恵まれたよい所のようですね。
オシドリ、オスの美しさは格別で作り物のように見えることがあります。
メスはそれに比べ大変地味ですが、優しい感じがとてもよいと思います。
なお、カモさんは毎年相手を変えるそうで、オシドリ夫婦というのは幻想のようです。
カワセミが小魚を咥えて飛んでいるところが撮れてよかったですね。
なお、最後の鳥さんは、ヤマガラですね。
URL|ハロゲンくん #-[ 編集]

2015-03-08.Sun 15:20
オシドリは美しいですね・・
夫婦の絆のように言われる鳥ですが
実は毎年あるいは同じ年でも~~
いくつもの相手と子作りする鳥で・・
言われるほど夫婦一緒にいる鳥ではないですね
カモ類は今の時期ほとんどがオスメス一緒にいるのが常ですが・・
何故かオシドリだけが・・みたいなところがありますね(笑)
私の地方でも留鳥として帰らないオシドリが二組います
昼間は猛禽類避けて木陰にいるんですが
夕方になると出てきて真冬に写したことあります
カワセミもしっかりととらえられて素敵ですね・・
最近植物園の池に来るようになって
大砲持ちこんで一日ねらってる人がいます
どこも餌付けされてるのがいやで自然なのが写したいからとか
皆思い入れがあって面白いですね



URL|ぱふぱふ #-[ 編集]

コメントの投稿

トラックバック