ハマシギの飛翔

2015.02.02.Mon
2015年2月2日

DSC_6050 (640x427) 


DSC_6064 (640x427) 
船橋三番瀬の冬の風物詩といわれる、ハマシギの飛翔です。
大群は丸くなり細長くなり、夕映えの空を旋回していました。

               ***

この時期の三番瀬は寒風の吹きさらしで、健常でない身には無理だ
と諦めていましたが、車で夫が同行したので実現しました。

予想した寒風もなく、穏やかな日和です。
午後の中潮を狙い、雨靴を履いて出かけました。

DSC_5229 (640x385)
潮が引いた干潟にはカニ、ゴカイ、貝類などが豊富で、多くのシギたちが
集まっています。


こまめに移動しながらのハマシギ(浜鷸)の採食です。
DSC_5423 (640x401) 


DSC_5344 (640x438) 


DSC_5348 (640x441) 


DSC_5517 (640x444) 


DSC_5351 (640x443) 
走ったり、飛んだりと忙しない食事風景ですが、干潮の時間をちゃんと
心得ているようです。


DSC_5925 (640x406) 




DSC_6907 (640x402) 
どこからか湧いたように、急にハマシギの飛翔が始まります。
飛翔は何度も見ることが出来ました。



DSC_5361 (640x441)
頭を深く突っ込んでの採食です。


DSC_6770 (640x454)
好物のゴカイを見つけて、丁寧に引っ張り出しました。
こちらはミユビシギ(三趾鷸)かもしれません。



DSC_5941 (640x397) 


DSC_5942 (640x404)
標識を付けたハマシギを発見しました。渡りのルートを観察するための
ものでしょうか。


               ***


ハマシギと一緒に採食している、ミユビシギは初見でした。

DSC_5756 (640x436) DSC_5703 (438x640)
左がハマシギ(全長21cm)で、右がミユビシギ(19cm)ですが
初心者の私には見分け難く、嘴の長さと胸の白さが違うようです。



DSC_5662 (640x446)
ミユビシギ((三趾鷸)は名前の通り、足指が3本でした。


DSC_5666 (640x443) 


DSC_5672 (640x441)
雌雄同色なのでカップルに見えます。


DSC_5689 (640x444) 


DSC_5691 (640x440)
何か捕食しました。


               ***


浜千鳥の童謡は口ずさむものの、浜辺のシギチドリの光景は初めて
です。

DSC_5490 (640x447)
シロチドリ(白千鳥 10~17.5cm)。


DSC_5990 (640x427)
無数の足跡。


               ***


DSC_6697 (640x402) 


DSC_6685 (640x427) 
干潟に潮が満ちてくる夕映えの景色は格別でした。


最後までご覧下さり有難うございました。
スポンサーサイト

コメント

2015-02-06.Fri 22:25
ーWILD BOOKERSさんー

こんばんは、コメント有難うございます。
スズメと云えば、以前拝見した群れのスズメは忘れられません。
お写真の美しいスズメたちを見て、概念に縛られていた自分に気付
きました。
小鳥が群れで行動するメリットは、敵を発見しやすく餌も探し易い
そうですが、群れのムクドリやヒヨドリにはすぐ逃げられて(笑)。

ハマシギたちがゴカイを採食する時は、あの長い嘴の根元まで突っ
込んでいます。大好きなゴカイを食べたいがために進化したので
しょうか(笑)。
URL|コウコ #-[ 編集]

2015-02-06.Fri 12:46
コウコさん、こんにちは~

小さめの鳥は、やっぱり群れで行動するんですかね~
最近またスズメを撮ったんですが
やっぱり群れていました(笑)

ゴカイを捕っているのを見ると
クチバシの長さも、理に適っているんですね~(*^_^*)
URL|WILD BOOKERS #-[ 編集]

2015-02-05.Thu 13:25
ーArianeさんー

こんにちは、お忙しい中をコメント頂き有難うございました。
最初の2枚ですが、私のささやかな意図を汲み取って頂いて嬉しい
です。写真を選ぶ時いつも悩み、直前に変更することもあります。
この頃は、最初に選んだ写真を使った方がいいと感じるようになり
ました。
最後の2枚ですが、Arianeさんが撮られる鎌倉の海を理想にして
いますので、この景色をArianeさんが撮られたら・・・と思いつつ
シャッターを切りました。結果は遠いものになりまして・・・(笑)
現場の感動をお伝えすることの難しさを毎回感じつつ、拙ブログを
更新しております。

URL|コウコ #-[ 編集]

2015-02-04.Wed 22:27
コウコさん、こんにちは^^
いつもながら、絵のようなお写真に感動します。
最初の二枚のハマシギの大群の飛翔のお写真は、どこかちぎり絵のような雰囲気がありますね。
いずれも綺麗なパステルカラーで、私もこんな風に写真を撮れればと思います。
URL|Ariane #EW/CXf8k[ 編集]

2015-02-03.Tue 22:03
ーハロゲンさんー

今晩は、コメント有難うございます。
三番瀬に佇った時、鳥が何処にいるのか分からないほどの広大さに
ビックリしました。
ハロゲンさんのお写真の数々が脳裡を掠め、想像していた事と現場
のギャップは大きかったです。ハマシギとミユビシギには少々撮ら
せて貰えたので、アップすることが出来ました(笑)。
山階鳥類研究所には連絡したいと思います。
今回は出掛ける前から、いろいろと有難うございました。
URL|コウコ #-[ 編集]

2015-02-03.Tue 21:34
ーぱふぱふさんー

お仕事の前に早速コメントを頂き有難うございます。
船橋三番瀬のスケールは想像以上でした。群れはまさに豆粒程で
夫が双眼鏡を覗き、指示する方向にカメラを向ける有様でした。
ほんとうはミヤコドリがお目当てでしたのに(笑)。
かっては交差点の青信号を見るとカワセミの羽の色を連想し
今では赤信号を見るとミヤコゴリの嘴を想って・・・
可笑しいですよね(笑)。
URL|コウコ #-[ 編集]

三番瀬

2015-02-03.Tue 19:17
コウコさん、今晩は
夕陽の中をハマシギの群れが飛翔しているのは素敵な写真ですね。
ハマシギとミユビシギはクチバシの長さの違いが分かり易いと思いました。
なお、標識が付いたハマシギですが、山階鳥類研究所が生態調査していると思います。字が読めないと厳しいかも知れませんが…。
ご参考までにurlを貼り付けます。
http://www.yamashina.or.jp/hp/ashiwa/ashiwa_index.html#11
URL|ハロゲンくん #-[ 編集]

2015-02-03.Tue 09:45
浜シギがたくさん来てますね・・餌が豊富なんですね
こちらの海岸は遠浅は少なくなってるようで・・
かなりの大砲でないと姿確認できませんね
300mmくらいでは豆粒くらいです(爆)
最も沢山いるところまで足を伸ばせばいいのですが
それもままならなくて・・
海辺や川のの鳥はなかなか写せないままです
すてきな写真で堪能させていただきました
これから寒いけど外回りのお仕事です
URL|ぱふぱふ #-[ 編集]

コメントの投稿

トラックバック