枯葦原のレストラン

2015.01.30.Fri
2015年1月30日

DSC_8384 (640x443) 

葦原と言えば「豊葦原の瑞穂の国」日本という美名が浮かびます。
いにしえの日本は、豊かな葦原が群生していたことでしょう。
イネ科の葦は2mの高さになり、秋に花穂をつけ、冬は枯れて茎が
残ります。


枯葦原を通ると、聞き慣れない微かな音に気付きました。
よく見ると枯葦に小鳥が群がって、あちこちで葦の皮を剥がしたり
突いたりています。

DSC_7132 (640x437) 




DSC_6513 (640x443) 
嘴で葦の皮を剥がしては右、左とリズムカルに放り投げていました。



DSC_7129 (640x443) 
茎を掴んで縦にとまり、時には羽でバランスを取りながら懸命です。


 
DSC_6553 (640x446) 
彼等はオオジュリンの群れでした。全長14.5cm (冬羽)



DSC_7111 (640x439) 
オオジュリンの群れには、スズメも混じっていました。 全長14-15cm


               ***



DSC_8300 (640x444) 
枯葦原にはメジロもやってくれば・・・   全長12cm



DSC_8336 (640x442)


シジュウガラも来て、葦の茎に潜む虫を器用に獲っています。   
全長14.5cm 留鳥

DSC_8129 (640x443) 

DSC_8324 (640x443) 


DSC_8368 (640x445) 
 
              
               ***


枯葦原を飛び去ったシジュウガラは、葦の茎が折れ伏した水辺に降り
て来ました。
DSC_8078 (640x447)




水辺は先客のムクドリの群れがいて、中には気持良さそうに
水浴びをしているのがいます。 全長24cm
DSC_7930 (640x427) 


DSC_7945 (640x440) 


他にキジバトもいれば、この時季に見るツグミもいます。
折れ伏した葦の水辺にも、食事のメニューが用意されていました。
キジバト 全長33cm 留鳥
DSC_7956 (640x441) 

ツグミ 全長24cm
DSC_8089 (640x445) 


鳥見2年目の今冬ですが、アオジとジョウビタキは初見でした。
この日つき合った夫によれば、田舎ではよく目にする鳥だそうです。
アオジ 全長14-16.5cm
DSC_8007 (640x443) 


ジョウビタキ 全長13.5-15.5cm 冬鳥 (スズメよりわずかに小さい)
DSC_7981 (640x440) 
 
羽を広げるジョウビタキ。
DSC_7964 (640x449) 


昨年の晩秋に初めて1羽のバンを見ましたが、ここでもバンの1羽に
出合い、再会したような喜びを覚えました。全長35cm(ハトと同じくらい)
DSC_8479 (640x443) 

葦原には大昔から今日まで、多くの野鳥が食事に来ています。
彼等にとっても、まさに豊葦原です。

DSC_8392 (640x383)
帰りに枯葦原を振り返ると、広々とした水辺にオオバンのカップルが
寛いでいました。

ご覧下さり有難うございました。 
スポンサーサイト

コメント

2015-02-02.Mon 21:20
ーぱふぱふ7さんー

お忙しいところをコメント頂き有難うございます。
鳥が好きなので、コレクター気分でパチパチ撮っているかも(笑)
しれません。
3週間もカメラから離れてしまうと、ほんとうにうずうずしますね。
これから撮られる何時もの素敵なお写真を楽しみしております。
今が鳥のチャンスとばかり、私はこのところ鳥一筋になっています。
URL|コウコ #-[ 編集]

2015-02-02.Mon 20:51
ーWILD BOOKERSさんー

こんばんは、コメント有難うございます。
枯葦原には11種類の野鳥が来ましたが、オオジュリンとスズメは
船橋三番瀬で、あとの9種類は葛飾区にある広大な水元公園内の
数か所で撮りました。
採餌や飛翔や水浴びを見ていると、時間を忘れてしまいます。
結果的に11種類でしたが、数撮れば当たるで、捨てるのに一苦労
でした(笑)。
URL|コウコ #-[ 編集]

2015-02-02.Mon 20:35
少し忙しくてお邪魔出来ませんでした
いいですね・・ベストショット~~
なかなか写せそうで写せない小鳥たち・・勢ぞろいですね
もう3週間ほどカメラ持ってなくて・・・
うずうずしてます・・鳥たちも今がチャンスなのに写せない(笑)
すてきな写真堪能させていただきました
URL|ぱふぱふ #-[ 編集]

2015-02-01.Sun 23:02
コウコさん、こんばんは~

いろんな種類の鳥が来るんですね~
餌を撮ったり、水浴びしたり……

しかし、これだけ撮られることに感心します~
鳥が気を遣って、カメラの前で餌を食べてくれるわけでも無いでしょうし……(笑)
URL|WILD BOOKERS #-[ 編集]

2015-01-30.Fri 22:18
ハロゲンさんー

今晩は、コメント有難うございます。
ハロゲンさんの仰る通り、葦原の自然力ですね。
餌の少ない冬は野鳥にとって大きな恵みになっていますね。
ジョウビタキのオスに出合ってみたいですが、元来少ないのでしょうか?
メスの目も仕草も愛らしくて、心が洗われる思いがします。
URL|コウコ #-[ 編集]

葦原

2015-01-30.Fri 17:27
コウコさん、今晩は
葦原には、オオジュリン、メジロ、シジュウカラ、ジョウビタキ、アオジ、バン、オオバンなどいろんな鳥さんが来ますね。
それだけの鳥さんを養える自然力があるのでしょう。
今季、どういう訳かジョウビタキのメスによく出会い、オスはわずかです(笑)。メスの方が可愛いので大歓迎ですが。
URL|ハロゲンくん #-[ 編集]

コメントの投稿

トラックバック