消えてしまった光景

2015.01.14.Wed
2015年1月14日

DSC_5838 (640x446) 
ガーデニングの手押し車がゴミ置き場に廃棄されています。
敷地内は金網で仕切られ、しかも距離があるので半ば諦めながらも
カメラを向けてみました。





DSC_5834 (640x384) 
遠くの手押し車に集まる野鳥は、一見スズメかムクドリに想え
ましたが、実際は一回り大きいヒヨドリでした。





DSC_5835 (640x445) 





DSC_5905 (640x444) 
手押し車と云えば、ガーデニングショーでの華やかな花車を思い
出しますが、これは花壇での役目を終えて錆ついていました。





DSC_5861 (640x442) 





DSC_5867 (640x386) 

ヒヨドリの群れにとっては羽休めの場所かもしれません。

これらは12月下旬に撮ったシーンですが年明けに見に行くと、なんと
手押し車は忽然と消え失せていました。
もう一度撮り直すつもりでしたが、最後の光景だったと思うと捨て難く
なりアップしました。

               ***

あの日のムクドリの群れはどこにいるのか気がかりでしたが、水飲み場
に集まっていました。

DSC_0489 (640x444) 





DSC_0522 (640x444) 
前回は被写体が遠すぎると思い込んでいましたが、実は群れのヒヨドリは
近づくと直に逃げてしまうのでした。





DSC_0515 (640x441) 
 




DSC_0528 (640x442) 
水を飲むもの、警戒するものと役割があるのでしょう。交代しながら
それぞれ喉を潤しています。





DSC_0408 (640x439) 
1羽が飛ぶと、一斉に飛び立ちます。



  
DSC_0473 (640x442) 
見上げると、彼等は隣の大木の枝にとまっていました。
時刻は日入り20分前で、群れのヒヨドリの一日が終わろうとして
いる様子でした。

寒中の彼等のねぐらが気にかかりましたが、夕方からの急な冷え込み
を覚えつつ家路に就いたのでした。

ご覧くださり有難うございました。
スポンサーサイト

コメント

2015-01-17.Sat 22:06
ーぱふぱふさんー

ヒヨドリは8種類の亜種に分けられるのですね。
北に行くほど体色が白いそうですから、南のタイワンヒヨドリは
ぱふぱふさんが仰る通りかなり赤い羽根なのでしょうね。
沖縄に憧れているので、旅行することがあったら是非見てみたいです。
ヒヨドリは欧米にはいないので、旅行客には珍しい鳥だと聞きました。
たかがヒヨドリされどヒヨドリで、さらに興味がわいてきました。

手押し車ですが、外に置いてあったので水が溜まっていたかも・・・。
多分、ぱふぱふさんの仰る通りだと私も思います。
ご丁寧なコメントを有難うございました。

URL|コウコ #-[ 編集]

2015-01-17.Sat 15:13
ヒヨドリが沢山いますね・・
これだけそろうと素敵ですね~
日本には8亜種が確認されていますが・・
南の方に行くほど赤褐色に色してますね
台湾ヒヨドリ見たことがありますが・・
首から胸にかけて
かなり赤い羽根の色でしたね

手押し車に水でもたまってたのかな?
そこに集まる何か必要なものといえば
水くらいしかありませんので・・多分?
URL|ぱふぱふ #-[ 編集]

2015-01-17.Sat 11:01
ーArianeさんー

こんにちは、コメント有難うございます。
錆びた金属ってArianeさんの仰る通り独特な風合いがありますよね。
むかしはよく見かけましたが、今は見ないですね。
風化したものやアンティークな風合いには私も惹かれます。
錆び加工したさまざまな品物が売られる世の中ですね。
この錆びた手押し車を活躍中の若いガーデンデザイナーにお任せ
したら・・・どのような作品になるか、などと想ってしまいました。

ヒヨドリは群れで行動しますが、中には群れから外れる個体がいて
どちらかと云うと単独のヒヨドリのほうが好きです。
群れは沢山の目があるので敏感ですね。

椿の花をヒヨドリに食べられてしまったお向いさんは、今は引っ越し
され、お庭もなくなってしまったのですね。
ヒヨドリには、椿の花が見事で美味しそうに見えたのでしょうか。
我家でも大鉢植えのリンゴを何かに齧られガッカリしましたが
何故か憎む気になれず、夫婦で「また、やられちゃった!」と(笑)
花も果樹も昆虫も野鳥も、やはり自然が好きなんですね。
URL|コウコ #-[ 編集]

2015-01-16.Fri 22:41
コウコさん、こんにちは^^
錆びた金属は、独特な風合いのようなものがあって、どことなく心惹かれます。

こんな所に、ヒヨドリがたくさん留まっているものなのですね。
ヒヨドリは、人が近づくと逃げてしまったり、水を飲むのも交代して飲んだりと、警戒心が強いのですね。

うちの向かいに住んでいらした方が、山野草に凝って、素晴らしいお庭を作っていらして、椿なども見事だったのですが、椿の花をすぐにヒヨドリに食べられてしまうとおっしゃっていたのを思い出します。
お母様が亡くなられた後、引っ越されて、もうそのお庭もなくなってしまいましたが・・。
URL|Ariane #EW/CXf8k[ 編集]

2015-01-15.Thu 20:59
ーハロゲンさんー

今晩は、コメント有難うございます。
何処に行ってもヒヨドリとムクドリの大群を見かけます。彼等に木の
実を狙われるといっぺんに丸坊主にされてしまいますね。
一番身近な野鳥ですが、この時季に見かけると何故か懐かしい思いが
してなりません。最初に覚えた野鳥がヒヨドリだったからでしょうか。
URL|コウコ #-[ 編集]

ヒヨドリ

2015-01-15.Thu 17:41
コウコさん、今晩は
とても沢山のヒヨドリが水飲み場に集まってうるさい位だと思います。
この時期、こちらでもヒヨドリが元気に鳴きながら飛び回っています。
すごい食欲でピラカンサの実などすっかり食べ尽くされています。

URL|ハロゲンくん #-[ 編集]

コメントの投稿

トラックバック