お濠の白鳥 (皇居東御苑)

2014.09.12.Fri
2014年9月12日

DSC_8700 (640x443) 
大手門に向って左側の桔梗濠に、白鳥(コブハクチョウ)を見つけました。
餌場らしい台には鵜がいて、白鳥は木陰で休んでいました。




DSC_8724 (640x445) DSC_8708 (639x640)
右の鵜の足元には固形の餌のような物が見えるので、やはり此処は
餌場なのでしょう。 




お濠の水面をよく観ると、多くの鯉に混じってテカテカした甲羅の
スッポンが泳いでいます。
時間を変えて改めて餌場を観ると、鵜の前にスッポンとアカミミガメ
が甲羅干しをしていました。
DSC_9459 (640x443) 
DSC_9267 (640x443) 
(左)アカミミガメ    (右)スッポン



               ***




DSC_8753 (639x640) 
お濠の白鳥は昭和28年(1953年)にドイツのハーゲンベック動物園
から贈られた24羽の子孫たちです。数はめっきり減ってしまいました。


               ☆



白鳥は、越冬のためにシベリア方面から日本にやって来る渡り鳥
ですが、お濠の白鳥は飼育されているので何時でも見られます。


日本には白鳥神話や白鳥伝説が数多くあり、なかでも古事記に登場する
ヤマトタケルノミコトは東征の帰りに亡くなり、魂は白鳥になって大和
へと飛び翔ったのでした。



昭和天皇が崩御されたとき、俳人が詠んだ名句があります。

八雲わけ大白鳥の行方かな      沢木 欣一




DSC_8721 (640x632) DSC_9332 (635x640)
人に慣れていている白鳥なので、間近で観ることが出来ます。
白鳥と目が合ったような、そして「何かありまして?」と問いかけ
られたような気分になりました。




DSC_9444 (640x640) DSC_8694 (640x640)
DSC_9347 (639x640) DSC_8769 (639x640)


白鳥の首しなやかに羽繕い      コウコ 




DSC_8264 (640x401)  
皇居正門の眼鏡橋は石造りのアーチで、照明灯などモダンです。




DSC_8240.jpg 
帰り際に、白鳥が「また会いましよう」と眼鏡橋に姿を見せてくれました。

ご覧下さり有難うございました。 


スポンサーサイト

コメント

2014-09-15.Mon 21:24
ーハロゲンさんー

こんばんは、コメント有難うございます。
白鳥を撮っていると、居合わせた鳥好きの方と自然に会話が
弾んでしまいます。次はお濠の鴨を撮りたいと思いました。
スッポンは泳いでいるのや甲羅干しがいて、個体数は多い
かもしれません。
URL|コウコ #-[ 編集]

2014-09-15.Mon 21:13
ーArianeさんー

こんばんは、コメント有難うございます。
白鳥の白さには、私もハツとしました。
暇さえあれば羽繕いをしていたので、感心しました。
抜けた羽が花筏のように流れて、お濠の隅に集まっていました。
白鳥あってのお濠の景色で、皆さん白鳥を見ながら佇んで
いたのが印象的でした。




URL|コウコ #-[ 編集]

お濠の白鳥

2014-09-15.Mon 17:38
コウコさん、今晩は
お堀の白鳥について詳細に説明されよく分かりました。
本来日本にはいないコブハクチョウ、ドイツから贈られ、飼育されているのですね。
優雅な姿はいつ見ても心和みます。
カメはどこの池でも見かけますが、スッポンまでいるとは驚きです。
URL|ハロゲンくん #-[ 編集]

2014-09-15.Mon 00:07
コウコさん、こんばんは^^
白鳥は、ハッとするほど白くて美しい鳥ですね。
子供の頃、女の子としては、一番憧れた鳥でした。
「白鳥の湖」なんてバレエにも憧れましたし・・・。

お濠の白鳥は、随分前にドイツから贈られたものなのですね。
これからもずっと残っていって欲しいですね。
URL|Ariane #EW/CXf8k[ 編集]

2014-09-14.Sun 20:36
ーWILD BOOKERSさんー

こんばんは、コメンと有難うございます。
富山では飛翔の白鳥が観られて羨ましいです。
お濠の白鳥は何時でも観られる代わりに飛べませんが、せめて
翼を広げて欲しいと願いながら撮っておりました。

都内の池は外来種のカメがかなり繁殖して問題になっているので
お濠が心配でしたが、この程ならと思ったのでした。
都心で野生動物を目にすると、心が和み癒されます。
URL|コウコ #-[ 編集]

2014-09-12.Fri 23:11
コウコさん、こんばんは。

白鳥・カメ・鵜・スッポン……たくさんいるんですね(笑)
私の地元では、越冬の白鳥を見たことがあります。
飛んでいるのを近くで見たんですが、翼を広げるととても大きくてビックリしました。
いつでも見られるの、いいですね~。
甲羅干し……なんか長閑で可愛いです。
URL|WILD BOOKERS #-[ 編集]

コメントの投稿

トラックバック