ツバメの親子

2014.08.03.Sun
2014年8月3日

DSC_4208 (640x444) 
店じまいした軒先の古巣に、ツバメの抱卵を見かけたのは7月の初めで
2週間後には産毛のヒナたちが顔を出しました。
ツバメの子育ては1番子が5月で、これは2番子になります。


DSC_2816 (640x443) 
DSC_2713 (560x392) 
DSC_2680 (429x621) DSC_2635 (444x640)
虫を運んできては、ヒナの喉の奥に押し込むように餌を与えていました。



DSC_2898 (523x640) DSC_2909 (443x640)
抱卵はメスの担当で、給餌は夫婦で頻繁に行います。
巣の縁に止まった両親が、なにやら話を交わしている様子でした。



この界隈の商店や住宅では、ツバメを天敵のカラスに壊されたことが
ありました。南から何千キロも旅をしてきた遠来の客を住民は歓迎し
巣を守ってあげようと、様々な工夫を凝らしたのです。
ツバメの巣は「幸せを運ぶ」と昔から言い伝えられていました。

ツバメは人のいる場所に営巣し、カラスなどの外敵からヒナを守ります。
安全第一を考えて、ツバメは敢えて日除けテントのある廃業の店を選択
したようです。

商店街は大型スーパーが南北に出来て八百屋、精肉店、駄菓子屋
精米店、布団店などが店を閉めました。


***


DSC_6566 (420x606) DSC_6562 (445x640)
孵化して10日も経つと、ツバメの子らしい顔になってきました。


口並べわれ勝ちに欲る燕の子      コウコ



DSC_6565 (443x640) DSC_6547 (441x640)
餌を運ぶツバメ夫婦も、餌をねだるヒナも一生懸命です。



DSC_6592 (443x640) DSC_6640 (442x640)
ヒナは2、3週間で、すっかりツバメらしい姿になっていました。
フンはちゃんと巣の外に落としています。



             ***


産毛のヒナたちが顔を出してから20日目に、巣立ちの日を突然迎
えました。
DSC_7095 (640x444) 
晴れの巣立ちの日に、なんと巣から落ちたヒナの亡きがらを見てし
まいました。
詳しい事情はわかりませんが、これも現実です。
中学の女生徒たちが下校時に亡きがらを囲んで悲鳴をあげ、それは
心痛む情景でした。

地域の人々は毎年ツバメの子育てを見守り、楽しみにしてきました。
自然と人の関わりのなかで、ツバメは子どもたちに優しい心を育ん
でいます。中学生たちは子ツバメの死を通して、命の大切さを日常
で学んだことでしょう。



              ***



DSC_6806 (640x350) 
巣立ち直後は巣内と同じように、親は給餌を続けていました。



DSC_6739 (640x351) 
DSC_6740 (640x350) 
餌をねだり通しの子ツバメに、親がハタと給餌を止めた瞬間
があります。巣立ちの前もこのような光景を目にしました。



DSC_6963 (640x350) 
DSC_6816 (640x350) 
親は子ツバメに距離を置いて、何故か旋回ばかりしていました。
餌を期待した子ツバメたちは、はぐらかされて空を仰ぐばかりです。



DSC_7080 (640x350) 
親の思惑通り、子ツバメの1羽が勇敢にも飛び翔ちました。
子育ての特訓を垣間見て、ツバメ夫婦には感心させられました。



DSC_7069 (640x448) 
独り立ちへの第一歩を踏んだ子ツバメ。

この日、梅雨明けの空に数家族のツバメの飛翔が見られました。


シャッター街 記憶呼び出す夏ツバメ      コウコ 

スポンサーサイト

コメント

2014-08-06.Wed 11:42
ーハロゲンさんー

野鳥について、ハロゲンさんのグログで何時も学ばせて頂き
感謝しております。。
「ツバメの親子」を褒めて頂き有難うございます。
野鳥観察は今春からなので、なにもかも初撮りです。
今後共、宜しくお願い致します。

都会ではツバメのフンが汚いからと巣を壊してしまうことがあり
ます。近くの公共施設では巣を壊しました。此処を撮影場所と
決めていたので、ほんとうに残念でした。
商店街の巣については、下町の方々からの情報によるものでした。
URL|コウコ #-[ 編集]

2014-08-06.Wed 11:23
ーWILD BOOKERSさんー

カメラ初心者の私にベテランのWILD BOOKERSさんからお褒めに
あずかり光栄です。
ツバメの親子を通して感じたことを記述しましたが、ご理解を頂き
更に背中を押して頂いた思いです。

カメラの撮影を、ブログを通して具体的に教えて頂いておりますが
少しずつでも自身のブログに反映出来たらと思っております。
URL|コウコ #-[ 編集]

ツバメの親子

2014-08-05.Tue 19:55
コウコさん、今晩は
ヒナの誕生から巣立ち、そして飛行訓練までとてもよく観察、撮影されていて、フムフムと感心しながら見させて頂きました。
こちらは田んぼがある田舎なのでツバメが減少しているとは分かりませんが、都会では大幅に減少しているのは残念です。
URL|ハロゲンくん #-[ 編集]

2014-08-05.Tue 00:19
コウコさん、こんばんは。

凄い内容の記事ですね。
よくこれだけ撮れたものだと、
ただただ感心して見させていただきました。
ツバメの子育て……、生きていく…生き抜いていく厳しさ、現実を目の当たりにした感じです。
ありがとうございました。
URL|WILD BOOKERS #-[ 編集]

2014-08-04.Mon 22:49
ーArianeさんー

>口を開けると顔中が口になって・・・
実は私も、Arianeさんと同じ見方をしました。ところが先行句が
あったのでした。
 口あきて子燕の顔なかりけり  藤原如水
俳句はこの点が厄介で、写生句はほとんど先人に詠まれているので
困っています。

給餌のことですが・・・
給餌を止めたのでいよいよ巣立ちかと思っていると、突然育ち盛り
の頃と同じように頻繁に与え出したのです。
そして翌日、巣立ったのでした。前日にたっぷり与えたのは体力を
付けるためだったようです。観察しているといろいろとあり、これ
からも続けていこうと思ったのでした。

丁寧にご覧くださり有難うございました。
Arianeさんが内なるテーマをお持ちのように、私のテーマは自然の
世界に触れていこうと改めて思ったのでした。


URL|コウコ #-[ 編集]

2014-08-04.Mon 20:56
コウコさん、こんばんは^^

ヒナたちはとても可愛い顔をしていますが、口を開けると顔中が口になって、ユーモラスですね。

今日、近所の古い牛乳屋さんの文字看板の上に、ツバメの巣があるのが目に留まりました。
ちょうど、親ツバメがヒナたちに給餌していたんです。

親は子ツバメが独り立ちできるように、ある時、給餌をやめたりするのですね。
すごく良く観察されていて、驚きました。
URL|Ariane #EW/CXf8k[ 編集]

2014-08-04.Mon 16:36
ーぱふぱふさんー

3番子とは珍しいですね。ツバメ夫婦は諦めずに凄いです。
巣立った後の空っぽの巣を見て、また来年も来て欲しいと願わずには
いられませんね。

ツバメの状況調査のアンケート(日本野鳥の会)に答えると、小冊子
が貰えるというので参加することにしました。(笑)

URL|コウコ #-[ 編集]

2014-08-03.Sun 20:40
毎年野鳥の会では燕の状況調査してますが・・
年々減ってることへの対策も行われていますね
わが家の隣のマンションの入り口に巣を作りますが・・
毎年カラスに狙われて雛が消えます
今年は2番目の雛たちが全滅して
始めて3番目を生み無事4羽育ちました
三番目も生むんだって驚きました
必要な数だけ連れてみな南に帰る必要があるんでしょうね

「口並べわれ勝ちに欲る燕の子」      コウコ

かわいい口が並んで一斉に開く姿はほほえましいね
生きる本能ってすごいね

「夏燕ビルの谷間を翻す」pafu
URL|ぱふぱふ #-[ 編集]

コメントの投稿

トラックバック