カラスの親子

2014.07.23.Wed
2014年7月23日

DSC_2382 (640x444) 
枝切りした高木の三つ又に、針金ハンガーのカラスの巣があり、一見
空中のオブジェのようです。駅へ向かう道すがら、いつも目にします。




DSC_1999 (639x640) 
色とりどりの針金ハンガーを使った巣は現代アートのように見事で
感心しました。
知人から聞いた数十年前の話ですが、関電工の仕事で電線の修理を
した際に、烏の巣から1万円札が出てきたそうです。
ハンガーをベランダから持ち去る行動は分かりますが、一万円札は
どのようにして手に入れたのでしょうか。
カラスに訊けば「カラスの勝手でしょ」と云われそうです。




DSC_4445 (427x640) DSC_4463 (445x640)
カラスが営巣している高木は芽吹く前に丈をつめ、枝切りをしましたが
巣まで取り払ってしまいました。
しかし今春、カラスは更にカッコいい巣を新築したのでした。


ハシブトカラスの抱卵はメスの担当で、期間は20日位だそうです。

DSC_2102 (640x640) 
給餌は約1ヵ月間、オスとメスが共同で行います。


             ***


巣の近くの電線で、親が巣立ち後の幼鳥に給餌する光景を見ました。

DSC_2068 (640x640) DSC_2069 (640x633)
 DSC_2074 (640x640) DSC_2075 (638x640)
 幼鳥の体は親と同じくらいなので、旺盛な食欲には親も大変です。
食べ足らず鳴き続ける幼鳥に応えて、親は再び飛んで行きました。


 DSC_2118 (640x443)


            

             ***


DSC_4676 (639x640) DSC_4684 (639x640)
 片時も親と離れなった幼鳥の、1週間後の姿を見ました。
道路を挟んで親と離れた幼鳥は、桜並木で枝移りの練習に励んでいました。


DSC_2511 (640x445) 
休日のこの道路は、荒川の河口にあるサイクリングロードに向かって
ロードバイクが走り抜けます。


             ***




DSC_4778 (640x640) 
DSC_4798 (639x640) 
DSC_4728 (639x640) 
緑のグラデーションの中で、幼鳥の羽は玉虫色に美しく輝いていました。

道路を隔てて親と鳴き交わす幼鳥は、独り立ちの特訓中でした。

DSC_4695 (639x640) DSC_4805 (639x640)



             ***


数ヵ月前の新聞記事によると、茨城県の或る地域ではカラスの料理
があるそうです。
特産の「干しいも」は全国で8割のシェアーを持ち、蒸したサツマ
イモの皮を田畑に捨てると、カラスが食べるそうです。
そのためカラスの肉は、柔らかく甘味があり、臭みが少ない
のだそうです。

1998年(平成10年)に中国の寧波、杭州、蘇州を訪ねた折は
カラスを1羽も見ませんでした。
そして、中国ではカラスを食べるらしいと聞いて驚いたものです。
16年前の疑問が解けた思いがしました。
この珍しい食文化を絶やさないで欲しいと願っています。
そうすることで、カラスが守られるかもしれません。

嫌われもののカラスですが、生態系を壊したのは人間です。
生きものはこの星で、平等に共存したいものです。
懸命に生きているカラスの親子を観て、さまざまな想いが脳裡
をかすめました。


DSC_4730 (639x640) 

ご覧下さり有難うございました。 
スポンサーサイト

コメント

2014-07-25.Fri 23:25
ーぱふぱふさんー

カラスに関しては、地域によっていろいろな事情がありますね。
当地でも燕の巣が荒らされた年がありました。
ツバメも賢くて、狙われにくい所を選ぶようになり感心しました。
野鳥の世界も食うか食われるかで凄まじいです。
天敵がフクロウだったとは知りませんでした。都会のカラスの
増加は、猛禽類の減少もあると聞いたことがありました。
カラスは人間の2、3歳児の知能があると云いますが、慣らすと
面白いかもしれませんね。
カラスの情報を教えて頂き、有難うございました。
URL|コウコ #-[ 編集]

2014-07-25.Fri 23:11
ーWILD BOOKERSさんー

カラスの巣と給餌シーンを見て頂き、私も撮り甲斐がありました。
有難うございます。
カラスには正直、先入観があって苦手でしたが、知れば知るほど
興味を覚えました。今回見落としたこともあるので、出来る範囲
で観察を続けたいと思っています。

URL|コウコ #-[ 編集]

管理人のみ閲覧できます

2014-07-25.Fri 17:45
このコメントは管理人のみ閲覧できます
| #[ 編集]

2014-07-25.Fri 09:30
街の中での営巣は、時に停電騒ぎもあって
電力会社は常に一般からの連絡待ち
毎年数回事件が起きるほど・・カラスが増えていますね
ゴミ出し日にはカラスが朝早くから集まってきます
燕の巣が荒らされて雛がことも育つ前に亡くなり
いま三度目の餌運びしてます~三度目は今年初めて
なんとしても成長にする意気込みに応援してます
カラスは雑食なので・・一度味を覚えるともう忘れないらしくて
一気に食べずに・・その一部を電話線などのカバーの中や
電柱の支柱の中に隠しておいて・・時々来て食べてますね
フクロウが天敵で・・模型だけでもカラスが騒ぎ出しますね~~
慣れると面白いのがカラス・・知恵があるので~
マジックでやるコップの中のもの当てるのを
カラスにやるとちゃんと。。見つけるんですよ~
食べるものも肉以外にケーキなども喜んで食べますね
目が美しい・・間近で見ると
ちょっとひょうきんですが怖い顔することも(笑)
やはり街に住むカラスは・・殺伐としてるから危険ですね
URL|ぱふぱふ #-[ 編集]

2014-07-25.Fri 00:05
コウコさん、こんばんは。

カラスの巣、凄いですね(笑)。
しかし、給餌のシーンは初めて見ました。ほのぼのします。
カラスって、なんか憎めなくて、嫌いじゃないです。
近寄っても、堂々として落ち着いていますよね(笑)。
URL|WILD BOOKERS #-[ 編集]

2014-07-24.Thu 18:11
ーハロゲンさんー

野鳥のベテランのハロゲンさんから
>愛情がにじみ出ている・・・
とのコメントを頂てとても嬉しいです。有難うございます。
技術は初心者ですが、野鳥への愛情ある接し方が、少し分かって
きたような気が致します。

カラスの食文化について、今回やっと手掛かりを得ました。
新聞記事に目がとまった時は、本当にビックリ致しました。
URL|コウコ #-[ 編集]

2014-07-24.Thu 17:43
ーArianeさんー

カラスの生態については何も知らなかったせいか、撮った画像
を見るたびに興味が湧いてきました。
先入観としてやはり怖い感じがありましたが、撮るたびに払拭
されて、彼等に親しみさえ覚えました。
周りの方々には、観察中にカラスに突かれないかと心配されました
が大丈夫でした。
カラスには、可愛いねとか羽が綺麗ねと云いながらカメラを向ける
と、不思議に応えてくれるような感じでした。

Arianeさんが
>愛情深く見守って・・・
と仰って下さり、理解を頂いて嬉しいです。有難うございました。
URL|コウコ #-[ 編集]

カラスの親子

2014-07-24.Thu 17:17
コウコさん、お疲れ様です。
カラスの親子、興味深く見させて頂きました。
コウコさんのカラスに対する愛情がにじみ出ているように感じました。
なお、カラスを食べる風習があることは初めて知りました。
URL|ハロゲンくん #-[ 編集]

2014-07-24.Thu 10:54
コウコさん、こんにちは^^
一時、家にハンガーが足らなくて、カラスから分けてもらいたい、なんて冗談を言っていましたが、針金ハンガーのカラスの巣って、こんな風になっているのですね!
初めて見ました!

カラスは黒くて結構大きくて、近くにいるとちょっと怖い感じがしてしまいますが、コウコさんはカラスの事も愛情深く見守っていらして、そうした方のお写真を見ると、可愛い気がしてきますね。
幼鳥の羽の色は、こうして見ると、綺麗ですね。
カラスは頭が良いから、人になついてきたりしたら、可愛いのかもしれませんね。
URL|Ariane #EW/CXf8k[ 編集]

コメントの投稿

トラックバック