ゴールデンウィークの干潟

2014.05.08.Thu
2014年5月8日

干潟の鳥たち

DSC_9231 (640x445) 
ウオッチングセンターから葛西海浜公園の海へ出ると、前方の東なぎさの
手前は潮が引き、数組の家族が潮干狩を楽しんでいました。
数量は少ないそうですがアサリが採れます。
背景は東京ディズニーランドのシンデレラ城で、隣のJR舞浜駅とは2.1km
の至近距離です。


DSC_9208 (640x443) 
潮干狩の隣では白鷺の姿も。

鳥たちも人も出ている汐干潟      コウコ


DSC_8734 (640x454) 
DSC_8737 (639x640) DSC_9282 (635x640)
目を凝らすとオオサギ、コサギそして小さな鳥もいて胸が躍りました。
彼らは干潟でゴカイ、カニ、貝類を採食します。
見上げると羽田へ向かう飛行機が見え、空の航路になっています。


シギ類  旅鳥
DSC_8796 (640x435) 
DSC_9106 (640x382)
嘴がいくぶん長いのでチドリではなくシギ類かもしれません。
ハンディな「フィールドガイド 日本の野鳥」(日本野鳥の会)の絵
が頼りの観察なので、探鳥会に参加したい思いが湧きおこりました。 


オオサギ 夏羽  (L90cm)  留鳥
DSC_8784 (640x539) DSC_8785 (394x330)
S字の長い首でゆっくりと歩いては餌を探し、主に魚類を採食します。
目先は緑青色に変化して、夏鳥の特徴の一つが見られました。

留鳥のオオザギ、コサギですが、街の川で見掛けるのはコサギで
私にとってオオサギは身近ではありません。
見慣れたコサギと見比べてもビックリです。(白サギ類最大)
DSC_9144 (640x444) 



コサギ 夏羽  (L61cm)  留鳥
DSC_8808 (640x498) DSC_8809 (640x548)
DSC_8812 (564x573) DSC_8755 (639x640)
足指は黄色で、繁殖期の現在は頭部に冠羽が見られます。
そこで、このツーショットは求愛行動の始まりかと思いきや、さにあらず。 
いつかコサギの求愛ダンスを眼前で見たいものです。


カルガモ  (L60.5cm)  留鳥
DSC_8820 (640x570) 
コサギの群れの傍らで、採食中のカルガモ

DSC_9161 (639x640) DSC_9164 (639x640)
DSC_9165 (639x640) DSC_9053 (640x640)
カルガモが翼を広げました。静止している時は見えませんが翼鏡の
青色が美しいです。褐色に班が入った地味なカルガモを見直しました。
2羽は番らしく行動を共にしていました。


ユリカモメ  夏羽  (L40cm)  冬鳥
DSC_8871 (380x381) DSC_8873 (481x481)
DSC_8880 (417x417) 
 夏羽の頭部は頭巾を被ったような黒褐色で、翼の下面は黒くなっています。
冬に乱舞していたユリカモメが、たった1羽とは・・・。
カモ類と同じ冬鳥なので、繁殖のためにみな北へ帰ってしまいました。


チュウシャクシギ  (L42cm)  旅鳥
DSC_8733 (639x640) DSC_9172 (639x640)
干潟の手前にチュウシャクシギが1羽舞い降りました。

DSC_8979 (639x640) DSC_8925 (639x640)
DSC_8937 (639x640) DSC_8949 (639x640)
しばらくは干潟の景色を見て佇んでいましたが、回れ右をして
餌を探し始めました。

DSC_9002 (635x640) (2) DSC_8994.jpg
DSC_8985 (634x640) DSC_8999 (634x640)
容易にカニをゲットして、丸ごと呑み込んでしまいました。


旅鳥のシギ、チドリ類は春と秋の渡りの時期に見ることが出来ます。
このチュウシャクシギも北の繁殖地へ向かう途中に立ち寄りました。
旅鳥は体力を備えるために採餌し、一定期間逗留しますが、秋に再び
立ち寄るのはオーストラリア方面で越冬するためです。

旅鳥にとって繁殖地と越冬地を移動するのは容易なことではありません。
生活環境や子孫を考えてのことでしょうが興味があります。

葛西臨海公園と葛西海浜公園は地続きで、ここをフィールドワークに
しています。
フラッと自転車で出掛けると東京湾が開け、林道や森や池の景色に浸っ
ていると小旅行の気分になります。

スポンサーサイト

コメント

2014-05-18.Sun 19:59
ーArianeさんー
こんばんは、コメント有難うございます。
鳥が好きで撮っていますが、初心者なのでいろいろと大変です。

私はArianeさんの風景や情景が好きで、実はArianeさんならどう
撮られるかしらと思いつつ撮っております。

これからも近場で、小旅行気分のフォト散歩を続けたいですね。
URL|コウコ #-[ 編集]

2014-05-18.Sun 13:03
こんにちは^^
コウコさんの鳥のお写真は、動きがあって、鮮明で、鳥のお顔なんかも可愛くて、いつもお上手だなあと思って拝見しています。
今朝、ヒヨドリが近くにいたので撮ってみようと思いましたが、全然良くなくて・・・すぐに消してしまいました。

家の近くでも、ちょっと小旅行のような気分になれる所って、ありそうですね。
URL|Ariane #EW/CXf8k[ 編集]

管理人のみ閲覧できます

2014-05-12.Mon 22:04
このコメントは管理人のみ閲覧できます
| #[ 編集]

2014-05-11.Sun 09:38
ーKunimatsuさんー

昨日はこちらこそ有難うございました。
早速メールを頂き嬉しかったです。
若い方の行動力と観察力にはビックリしました。
ほんとに頼もしいです!

大潮の時に是非いらして下さい。
Kunimatsuさんの超望遠レンズで撮った写真を見せて下さいね。
URL|コウコ #-[ 編集]

2014-05-11.Sun 08:29
昨日はありがとうございました。
ゴールデンウィークには水路も干潟になるんですね!
こういう時を狙っていけば鳥も近くで見れますね。今度は大潮の時を狙って行ってみようと思います。
URL|kunimatsu #-[ 編集]

管理人のみ閲覧できます

2014-05-09.Fri 17:31
このコメントは管理人のみ閲覧できます
| #[ 編集]

2014-05-08.Thu 23:02
ーみやこ草さんー

海や川を知らないで育ったので、豊かな自然環境には長年
憧れてきました。
みやこ草さんがお住いの海と山の環境は素晴らしいですね。
コメントを拝見して、水辺の街に住み始めた頃を思い出しました。
眼前で沢山の野鳥を見たときは、ほんとにビックリしたものです。
URL|コウコ #-[ 編集]

2014-05-08.Thu 22:50
ーぱふぱふさんー

名古屋の藤前干潟は有名ですね。
何時もは自転車でバードウオッチングに出掛けますが、
JR京葉線で葛西臨海公園、谷津干潟、三番瀬に行けます。
谷津干潟は藤前干潟と同じくラムサール条約の登録地です。
鳥の数も種類も違いますね。

ぱふぱふさんは花や風景の他に鳥も撮られていらしたのですね。
花ではいろいろと学ばせて頂きました。
野鳥も今から楽しみに心待ちしております
URL|コウコ #-[ 編集]

2014-05-08.Thu 13:36
鳥の撮影は、難しいですけど
凄いですね~こんなに沢山の鳥たち
びっくりですー ^^
鋭い嘴で、なんでもゲットですね!
URL|みやこ草 #-[ 編集]

2014-05-08.Thu 09:27
干潟の生き物
自然がはぐくむ食物連鎖が見られますね
こちらにも藤前干潟があって~~
野鳥観察所などもあります
かなりの鳥が渡ってきて留鳥といっしょに
かなりの数になりますね・・
時折迷い鳥などもいてカメラマンが集まります
今年はなんとか鳥も見に行けるように体調整えて
鳥撮りの復帰したいですね
いつもながら詳しく素敵な写真そろえ素晴らしいです
URL|ぱふぱふ #-[ 編集]

管理人のみ閲覧できます

2014-05-08.Thu 07:26
このコメントは管理人のみ閲覧できます
| #[ 編集]

コメントの投稿

トラックバック