枯野

2014.01.27.Mon
2014年1月27日 

冬の河川敷は蕭条とした枯野が広がっていますが、晴天の日には
思いがけない光景に出会えます。 

DSC_3931 (640x427) 
冬空は地上の枯野が引きたてて青々と澄みわたり、日射しは枯野
の隅々まで行きとどいて輝かせます。



DSC_4183 (640x427) DSC_4207 (640x427)     
「残したい日本の音風景」に北上 川のヨシ原が選ばれていますが
風にヨシが擦れ合う音を聴いてみたいものです。



DSC_2801 (640x428) DSC_4543 (640x427) (2) 
枯ススキは日が射すと銀色に輝き、思わぬ美しさを見せてくれました。



DSC_2874 (558x640) 
DSC_4567 (640x427) DSC_4180 (640x420)

胸中にひかり差し込む枯野かな     コウコ



意外だったのは帰化植物のセイタカアワダチソウです。
荒地でも所かまわず繁茂し、今や河川敷を占拠したかのようでした。
群落をなした黄色の花は白穂となり、風に勢いよく運ばれていきます。
 DSC_3196 (640x442) DSC_4174 (640x427) 
DSC_3220 (640x427) DSC_3202 (640x427) 
枯れた姿は哀れですが、不思議な雰囲気を漂わせていました。




DSC_4243 (640x427)
ハンノキの雄花は垂れ下がり、雌花は近くにありますが小さくて
目立ちません。去年の松笠状の実が付いてました。


DSC_4336 (640x531) DSC_4558 (640x427)
左は枯れたアザミかもしれません。右の枯草は日を浴びて綺麗でした。



DSC_3184 (640x427) 
地面にへばり付いて葉を放射状にするロゼット(バラの花模様)をあちこちで
見掛けました。ヨモギ、ヨメナ、マツヨイグサ、ハルジオン、ギシギシなどの
冬越しの姿です。



DSC_3166 (640x427) DSC_3142 (640x427)
ヘクソカズラの実と蔓はリースにはなくてはならない素材です.
ノイバラの実も 重宝しています。



DSC_3159 (427x640) DSC_3175 (640x585)
寒中のノイバラの実は野鳥に食べられたあとで、ほんの少し残っていました。



DSC_3207 (640x595) 
枯草の中に径1センチほどの黄金の実を数個見つけました。
残念ながら何の野草の実か分かりません。


DSC_4355 (640x427) DSC_4425 (640x427)
DSC_4428 (640x427) 
野草の葉がそれぞれに赤く色付き、グラデーションの美しさに
目を見張りました。寒中の紅葉は色が濃く、透明感があります。


DSC_4573 (640x444) 
野草とは思えないアカツメノクサ。日あたりの好い土手では
1年中咲いていますが、この時期は最も鮮やかです。

             ***

枯野に分け入り、野草の素敵な一面を見ることが出来ました。
冬日と海光を受けて枯野は明るくあたたかな色調です。

枯草が見せる神秘的な輝き。 やがて訪れる春の息吹を夢見ながら
枯野は静かな眠りに就いていました。


            

DSC_3603 (640x427)


一湾のひかりを抱き大枯野      コウコ


スポンサーサイト

コメント

2014-02-03.Mon 11:46
ーみやこ草さんー

有難うございます。みやこ草さんは私がブログを始めて
最初にコメントを下さいました。
以来ずっと見守って頂き、とても感謝しております。
これからもどうぞ宜しくお願いいたしますね。
URL|コウコ #-[ 編集]

2014-02-02.Sun 21:02
枯れた植物も、コウコさんの心の目で写されたら・・
とても素敵な、写真になりますね。
美しいです! v-410
URL|みやこ草 #-[ 編集]

2014-02-02.Sun 12:21
ー若月さんー

緑色を嫌った画家ターナーの風景画・・・

去年ターナーの東京展がありましたが観そこないました。
実物を観たかったです。なぜ緑色を嫌ったのでしょうか?
知りたいと思います。
若月さん、貴重なお話ありがとうございました。
URL|コウコ #-[ 編集]

宝探し

2014-02-01.Sat 23:00
今回も素敵な写真!
一見すると枯草色一色にみえる野原にも綺麗な宝が沢山あるのですね。
私も野に出たくなりました。

コウコさんの写真を眺めていたら、風景画家だったにもかかわらず緑色を嫌った画家
ターナーの色彩を思い浮かべました。
URL|若月 #-[ 編集]

2014-01-29.Wed 13:36
ーArianeさんー

ありがとうございます。
宝飾家のArianeさんにそう言っていただくと、枯野は秘密の
宝石箱ではないかと思ったりします。
一歩分け入ると意外と鮮やかな発見がありました。
URL|コウコ #-[ 編集]

2014-01-29.Wed 13:28
ーぱふぱふさんー

大フアンのぱふぱふさんから写真をほめて頂き、舞い上がりそうです。
ありがとうございます。
カメラのホームタウンは東山植物園で、小鳥の声を聴きながらとは
いいですね。夫の伯父を訪ねて千種区に1度だけ行きました。
ぱふぱふさんの素晴らしい写真がいっそう身近になりました。
URL|コウコ #-[ 編集]

2014-01-29.Wed 10:27
こんにちは。
こうして拝見しますと、冬の景色も趣があり、意外と鮮やかな色に満ちていますね。どれも絵のように素敵なお写真ですね。
URL|Ariane #EW/CXf8k[ 編集]

2014-01-29.Wed 09:18
すばらしい~~写真の数々
枯野と言っても最近はあまり見かけませんね
それなりの場所まで行かないと見られなくなりましたね
残したい日本の音風景100選に・・・
わたくしがカメラのホームタウンにしてる東山植物園がありますが
行くたびに小鳥の声を聞きながら楽しんでいます

「背を曲げて老婆一息枯野かな」 ぱふ
URL|ぱふぱふ #-[ 編集]

コメントの投稿

トラックバック