FC2ブログ

アジサシ

2020.09.10.Thu
2020年9月8日

台風10号は昨日(9/7)長崎を通過し、朝鮮半島を北上した後
日本海に抜けました。今朝の東京は台風一過の晴れマークとなり
葛西海浜公園(東京都江戸川区)に出かけました。

DSCN2523s.jpg

「葛西渚橋」から眺める「西なぎさ」の東先端部です。




画面中央部分をトリミングすると・・・。

 DSCN2523s_20200910142304196.jpg

「野鳥保護区域立入禁止」の看板が見え、その先が「東なぎさ」です。




橋から「東なぎさ」をズームアップすると・・・。

DSCN2615s.jpg

手前のヨシ原が強風に煽られ、カモメ類とカワウが風よけの岩礁の
側らに集まっていました。台風が通過した後も気圧配置の影響で風
が強いそうです。




「東なぎさ」のトビが干潟に残された魚を食べています。(留鳥/漂鳥)

DSCN2368s.jpg

夏の間、姿を見せなかったトビですが公園上空に2羽が飛翔しました。



                *



強い風の中「西なぎさ」ではウミネコ(留鳥/漂鳥)が点々と見える
だけです。一方風のお蔭で真夏日の海岸を歩くことが出来ました。


東西なぎさ間水路に水鳥の姿は無く、ガッカリして振り返ると・・・。

DSCN2130s.jpg

「西なぎさ」にウミネコより小さな水鳥がいるではありませんか!
ズームアップすると2羽のアジサシです。




DSCN2170s_20200910124621845.jpg

1週間前は「上の池」の杭に1羽のアジサシが羽を休めていました。




DSCN2167s_202009101246062b9.jpg

アジサシ。(35cm、ハトと同大、雌雄同色)
北半球で繁殖し、南半球で越冬するため、春と秋の渡りの移動時期に
日本に立ち寄る旅鳥です。




DSCN2189s.jpg

画面右側のアジサシですが、この個体は赤い足をしています。調べ
てみると、亜種アジサシの中にも足の赤い個体がいるそうです。




一緒にいたアジサシの1羽が、突然!飛び出しました。

DSCN2175s.jpg  DSCN2176s_202009101245136b8.jpg

DSCN2177s.jpg  DSCN2181s.jpg

コンデジで連写しましたが、ズームアップしたままなので
思うように撮れません。




DSCN2217s.jpg

アジサシを追うと、ウミネコの上を通過して水路先端の方へと
飛んで行きます。




行き先は杭でした。あとから飛んで来た1羽は杭を通過し、この
個体も間もなく、三番瀬とは逆の西方向へと飛び去りました。

DSCN2242s.jpg

三番瀬では群れのアジサシを観たことがありますが、今季この公園で
観察した1~2羽の少数の個体は初めてでした。
『ウィキペディア』には「まれに、越夏する個体もある。また、近年
富山県、群馬県、東京都で少数が繁殖していることが確認された」と
あります。



                *



DSCN2107s.jpg

ウミネコが餌をゲットしました。




DSCN2108s.jpg

魚です。食性は雑食だそうです。




葛西海浜公園はカニが豊富です。

DSCN8872s_2020091012423476e.jpg

これまでの観察では、ウミネコは何時もカニを採餌していました。
                     (前回9/1撮影)



                *



今日は台風一過の真夏日で、強い風と蒸し暑さには出掛ける気力も
湧きませでした。しかし、期間限定の旅鳥に今年こそは逢いたい!
という思いが高まり、自転車で風を切って海岸へ向かいました。


最後までご覧下さり有難うございました。

スポンサーサイト



トラックバック