FC2ブログ

コムクドリ&ヨシゴイ

2020.08.07.Fri
2020年8月5日

約1週間ぶりの葛西臨海・海浜公園(東京都江戸川区)です。ウォッチ
ングセンターから下の池を眺めていると、コムクドリの群れが約10分
間隔に採食にやって来ます。

DSCN3893s.jpg

数分間食べると、隣の竹林で休憩を取り羽繕いもします。




DSCN3985s.jpg

コムクドリの雄は頬に赤茶色の斑があります。




DSCN3955s_20200807180134816.jpg

コムクドリ♂




DSCN3960s.jpg

コムクドリ♂




DSCN3992s.jpg

雄の背中と肩と翼は黒色だそうですがファインダーを覗くと、光の
反射で黒が玉虫色に輝いてとても綺麗です。構造色でしょうか。




DSCN3988s_2020080717590097d.jpg

採食中の雄。




美しい雄に気を取られていましたが、コムクドリの雌は雄の頬にある
赤茶色の斑はありません。

DSCN4562s.jpg

色合いも優しい印象の雌です。




DSCN4606s.jpg

採食中の雌。




DSCN4679s.jpg

元気な雌もいます。

夏鳥として本州北部と北海道で繁殖し、渡りの時期は本州の中部以南で
見られるそうです。スズメより大きく体長約19cm。(夏鳥/旅鳥)



                *



ウォッチングセンター前の上の池に葦の塊が点在しますが、その一ヵ所
にヨシゴイが潜んでいるとの情報を頂きました。

繁殖のため飛来する夏鳥で活動は薄明薄暮性だそうです。なるほど日中
の出合は少ない訳です。

DSCN4786s.jpg

しばらく待機していると葦の隙間から嘴が見え、1分程で上半身を現し
ました。距離はかなりあります。(16時11分)



DSCN4773s.jpg

ところが姿を見せたものの、バーダーさんの一人が「飛び出すぞ!」と
声を放った途端、飛び出てしまいました。上半身を見せた時は既にその
態勢だったのでしょうか。出合いはたった1分間で、しかも飛び出しは
咄嗟のことなので技術的にも撮れませんでした。



               ***



その他、出合った鳥たちです。

DSCN4211s_202008071754448e4.jpg

カワセミ♀(留鳥) 下の池。




DSCN2180s.jpg

カワセミ♀ 擬岩観察舎の松。




DSCN2369s.jpg

コチドリ3羽(夏鳥) 擬岩観察舎。




DSCN2589s.jpg

イソシギ2羽(夏鳥/漂鳥) 擬岩観察舎。




DSCN3065s.jpg

第1観察舎から肉眼では白い点に見えるゴイサギ(漂鳥/留鳥)下の池。




DSCN3724s_2020080717531420e.jpg

カルガモと泳ぐ変わったカモです。 東西なぎさ間水路付近。




DSCN3852s_20200807175258771.jpg

マガモ♂(冬鳥)のエクリプス(非繁殖羽)でしょうか。




DSCN3470s.jpg

キアシシギ(旅鳥) 東西なぎさ間水路。



                *



コムクドリとヨシゴイは毎回タイミングを逸し、今季やっと初見
初撮りが叶いました。その時間帯に偶然居合わせたことで出合う
鳥だけに、行きの期待と帰りの充実感が鳥見の大きな楽しみです。


最後までご覧下さり有難うございました。[全文表示]
スポンサーサイト



トラックバック