空飛ぶ宝石「モルフォチョウ」

2013.11.05.Tue
2013年11月5日

DSC_8780 (640x444)
これは実家にあった蝶の翅の張り絵(蝶画)ですが、私が所有して
約40年になります。父がどなたからか頂戴したもので、作品の制作
は半世紀以上になるかと思います。

DSC_8768 (640x496)    見る角度によって
  青色が消えます。
 












青く輝く翅に魅了され、長年この蝶のことが気にかかっていました。
ブローチやネクタイピンなど、青い翅を宝石のように使った品を
見掛けることがあります。

              ***


この夏、マンゴウの件で「夢の島熱帯植物館」に伺った折、25周年
特別企画の「熱帯の生き物展」を覗いてみました。
「ギンギラの昆虫」のコーナーで、なんと長いこと想い続けた青い蝶
の標本と出合うことが出来たのでした。

DSC_5368 (640x490)

DSC_5371 (640x615) DSC_5374 (640x626)
 
探し求めた蝶は世界一美しいと言われる「モルフォチョウ」で
南北アメリカの熱帯雨林に80種類ほど生息する大型の蝶です。
Morphoはギリシャ語で「形態」「美しい」の意味だそうです。

体に比べ翅が大きく、雄のほとんどが青く発色し「南米の宝石」
「空飛ぶ宝石」「太陽の落とし子」などと呼ばれています。
メタリックブルーに輝く翅は「構造色」と言って、特殊な形の鱗粉
がつくり出しているそうです。
光や角度によって青色が変色しますが、天敵から身を守る様子
が目に浮かびます。

              ***

生息地の蝶園では養殖されていて、標本のお土産が売られて
いるそうですが、中には蝶画のお土産もあるかもしれません。
長いこと謎だった我家の蝶画は、モルフォチョウの翅が使われ
そのルーツも知ることが出来ました。


最後にモルフィチョウの標本で制作した巨大なモルフォチョウを
ご紹介いたします。

DSC_6725 (640x476)
「多摩動物園」昆虫館にて


スポンサーサイト

コメント

2013-11-19.Tue 20:16
ーぱふぱふさんー

やはり入院なさっていたのですね。
退院された今日にも早速コメントを頂戴して・・・
ありがとうございます。

モルフォチョウに出合って、蝶への関心が深まりました。
ぱふぱふさんもアサギマダラを取り上げておりましたね。
これを機に蝶の不思議な世界を知りたくなりました。

温かいコメントには、いつも感謝しております。
寒さも深まってまいりました。どうぞご自愛くださいませ。
URL|コウコ #-[ 編集]

2013-11-19.Tue 11:52
少しばかり入院などしてる間に
すっかりご無沙汰しました
きょう退院しましたが、来月もう一度
入院が決まってますので・・また少しだけ
ご無沙汰になります

すてきな作品をお持ちですね・・
中々実物を見る機会がなくて
私も標本でしか見たことがないですね

夢がある蝶で・・見てるだけで
幻想の世界に入ってしまいそうですね

いつも詳しい内容により理解が深まり素敵ですね
URL|ぱふぱふ #-[ 編集]

2013-11-07.Thu 15:07
ーArianeさんー

お子さんの頃からモルフォチョウに惹かれて
いたとは素敵ですね。
この蝶画も半世紀ぶりに人様に観ていただいて
ほんとに有難いことです。
コメント嬉しかったです。これからも宜しく
お願いいたします。
URL|コウコ #-[ 編集]

2013-11-06.Wed 19:47
はじめまして。
子供の頃、何とも心惹かれていたモルフォチョウでしたが、こんな凝った素敵な絵は初めて拝見しました。
長い間忘れていましたが、そういえば、この蝶の名前は、姿、形や、その美しさを意味する、古代ギリシャ語の「モルフェー」から来ていますね。
色がこんなに綺麗なのに、形の美しさが名前の由来になっているのは、面白いですね^^
URL|Ariane #EW/CXf8k[ 編集]

管理人のみ閲覧できます

2013-11-06.Wed 07:27
このコメントは管理人のみ閲覧できます
| #[ 編集]

管理人のみ閲覧できます

2013-11-05.Tue 23:32
このコメントは管理人のみ閲覧できます
| #[ 編集]

コメントの投稿

トラックバック