「水彩都市・江東区」

2013.08.31.Sat
2013年8月31日

東京の東部にある江東区は、東に荒川、西に隅田川、南に東京湾
があり、区内には運河が縦横に流れています。

この夏の思い出は、水辺で催された灯篭流しと花火大会でした。

小名木川灯篭流し(川施餓鬼) 7月8日

徳川家康が江戸に入城したのは1590年。
小名木川(おなぎがわ)は、家康が江戸と千葉県行徳を結ぶ物資
の水路を小名木川四郎兵衛に開かせたことに由来します。
開削した運河は江東区の東西を貫き、川の長さは隅田川 から
旧中川まで4,640mで、米や塩が運ばれました。

約300年前には、小名木川と隅田川との合流地点に松尾芭蕉
(1644-1694)が居を構えた深川芭蕉庵がありました。

昭和の俳人、石田波郷(1913-1969)は昭和21年から
約12年間江東区住んでいました。

百方の焼けて年逝く小名木川     波郷
雪敷ける町より高し小名木川     〃



DSC_3446 (640x427) DSC_3458 (640x434)
この由緒ある小名木川の高橋(たかばし)では、関東大震災 と
東京大空襲の際に水に逃れて亡くなった方々を慰霊する川施餓鬼
の法要が執り行われてきました。



DSC_3450 (640x475) DSC_3725 (640x463)
DSC_3464 (640x427) DSC_3570 (640x427)
深川仏教会の宗派を超えた合同法要では、東日本大震災で
亡くなった方々のご供養も行われています。



DSC_3494 (427x640)    
  区民にとっても先祖供養の
  大切な行事です。

  ご主人の新盆に、お孫さん 
  と一緒に来た家族を見掛
  けました。

  仲の良い姉と弟は灯篭流し
  が始まるまで、シャボン玉
  で遊んでいました。



 
 しゃぼん玉生涯夢を見つづけて     コウコ




DSC_3638 (640x419)

DSC_3709 (640x459)
読経のなか約千個の灯篭を僧侶が水面に浮かべると、高橋の下から
ゆっくりと隅田川へと流れてゆきました。




DSC_3666 (640x427)
まるで、こちらの岸から彼岸へゆくような幻想的な景色でした。


                ***


江東花火大会         8月1日

今年はお隣の葛西納涼花火大会(7/23)と隅田川花火大会(7/27)が
雨で中止になりました。
江東花火大会でも、開催合図の雷が鳴り響いたものの空模様が気になり、
大会本部には問い合わせの電話が鳴り通しだったそうです。
開催直前に小雨がぱらつきましたが、、山﨑孝明区長の開会挨拶では、
「雨は絶対降りません」と断言しました。
言霊が天に通じたかのようです。


DSC_3751 (640x615)   DSC_3859 (640x628)
オープニングの花火の打ち上げは予定より早く行われ、最初の一発が
夜空に咲くと、雑念はいっぺんに吹き飛んでゆきました。

福知山花火大会では、屋台のガスボンベが爆発して火災事故
がおこり、多くの負傷者と死亡者には心が痛みました。(8/15)
あらためて江東区の花火大会(8/1)を振り返ると、大会実行委員長
の中嶋利雄会長と役員の方々、砂町連合会の大勢の方々による役割
分担のもとに、万全を期して行われたのでした。
消防署、警察署の体制も完璧でした。


花火の演出は素敵でしたが、一眼レフカメラの超初心者のために
思うように撮れませんでした。招待席からのビューポイントなのに
残念でした。


DSC_3787 (640x629)  

  1  「パラダイス」

    夜空に咲き乱れた
    色艶やかな花火






 
 

2  「希望を胸に」  東京オリンピック招致の花火


DSC_4102 (640x427)
3   「ト・キ・メ・いて」 夜空の星にトキメキを


DSC_4034 (320x640) 





 4  「未来へのエール」
      希望のシャワー
      クリムトの黄金色です。












DSC_3755 (640x566) 

DSC_4114 (434x640) DSC_3954 (427x640)
好きなところに陣取って花火を楽しむ人たち。



DSC_4119 (640x523) DSC_4120 (489x640) DSC_4139 (427x640)
屋台は河川敷から離れた住宅街に数件見掛けました。
コンビニや飲食店は急きょ軒先に出て商いをはじめ、
家族総出で手伝っていました。



                ***


江東区では東日本大震災の避難者を最も多く受け入れ、花火大会に
ご招待し、小名木川灯篭流しでは亡くなられた方々をご供養しています。
それは、江東区が関東大震災(1927年)東京大空襲(1945年)
によって壊滅し、カスリーン台風(1947年)ではゼロメートル地帯
ゆえに多数の被災者が発生したことに重なります。

はこべらや焦土の色の雀ども     石田波郷

江東区の戦災震災の復興は苦難の道のりとはいえ見事でした。
現在は「みんなでつくる伝統、未来水彩都市・江東」
をキャッチフレーズにしています。
これからも「水辺のまち」を見守ってゆきたいと思います。


スポンサーサイト

コメント

管理人のみ閲覧できます

2013-09-06.Fri 23:31
このコメントは管理人のみ閲覧できます
| #[ 編集]

2013-09-06.Fri 10:47
ー若月さんー

有難うございます。
クリムトの黄金色に共感して頂いて嬉しいです。クリムトと
出会った時の驚嘆が蘇ってきました。

一眼レフカメラに慣れるのが大変で、てんてこ舞いです。
明日は大勢の方々との撮影会がありますが、
若月さんに励まして頂いて、元気が出ました。
URL|コウコ #-[ 編集]

2013-09-06.Fri 01:28
こんばんは。
今年は天候不順で花火もお祭りも行かなかったので
コウコ様のところで鑑賞させていただけてラッキーでした。

ロケーションも素晴らしく、花火も最新のものが上がるのですね
さすがは都内という感じで、繰り返し写真を眺めてしまいました。
どれも素敵ですけど
クリムトの黄金色・・・ロマンティックなタイトルと写真に傑作!です!



URL|若月 #-[ 編集]

Re: タイトルなし

2013-09-05.Thu 19:29
> コウコさん、こんにちは^^
> 東京の方は
> 随分と雨が激しく振ったり
> 雷も鳴り、荒れ模様のお天気だったようですが、大丈夫でしたか?
> 気をつけてくださいね~^^

COCOさん、今晩は。メール有難うございます。
竜巻やゲリラ豪雨など、このところの気象は驚くことばかりですね。
東京23区で、実は随分様子が違うのです。
ゼロメートル地帯ですが、ここは大丈夫でした。ご心配有難うございます。

COCOさんのグログをあらためて拝見しました。
美しい写真と詩には、祈りがありますね。
それに大人向けの絵本のように、癒され楽しませて頂きました。
感性が素晴らしいですね。

URL|コウコ #-[ 編集]

管理人のみ閲覧できます

2013-09-05.Thu 18:12
このコメントは管理人のみ閲覧できます
| #[ 編集]

2013-09-02.Mon 12:04
ーぱふぱふさんー

確かに、花火と灯篭流しは全国的に減っていますよね。
その点、江東区は例外かもしれません。

深川は寺町とあって寺院が目立ちます。
その深川仏教会の主催ですので、灯篭流しは後世まで
続くと思われます。

江東の花火大会は以前からあったのですが、区がバックアップ
するようになってからメジャーになっようです。
花火大会には数千万円の経費がかかるので、実行委員会は
資金集めに東奔西走していました。
お江戸下町の心意気と情熱に支えられています。

新宿区に育った私も、今ではすっかり江東区民になりました。
URL|コウコ #-[ 編集]

2013-09-02.Mon 10:45
良いですね・・区民が参加の夏行事
各地にあった灯篭流しは、
いつのまにかなくなってしまったけど
さすがお江戸・・盆行事には欠かせないですよね
花火も減ってきてるし・・さびしいですね
URL|ぱふぱふ #-[ 編集]

2013-09-01.Sun 21:39
ーみやこ草さんー

今晩は、コメント有難うございます。
灯篭流しはいつまでも心に残る情景で、
日本人の感性に合っているようです。

花火はやはり三脚が必要でした。
次回は勉強して臨みたいと思いました。
一眼レフカメラは始めたばかりなので大変です(笑)。
URL|コウコ #-[ 編集]

2013-09-01.Sun 13:38
江戸の灯篭流しも・・
情緒がありますね。

私も今年花火を写しましたが・・  なかなか上手く撮れませんでした~
URL|みやこ草 #-[ 編集]

管理人のみ閲覧できます

2013-09-01.Sun 06:40
このコメントは管理人のみ閲覧できます
| #[ 編集]

コメントの投稿

トラックバック