FC2ブログ

手ごわいお菊さん

2019.11.08.Fri
2019年11月6日

前回(11/2)、葛西臨海公園に初めてキクイタダキが入り、園内に
いたにも関わらずタイミングを逸してしまいました。そこで今日は出
合えるか否か・・・ひとまず出かけてみることにしました。

まず、シジュウカラの混群を見つけることが先決なので、彼等の声を
頼りに丁寧に見て回りました。午前中は棒に振り、ベンチでおにぎり
を頬張りながら午後も駄目かもしれない・・・と諦めの気分でしたが
昼食後間もなく彼等を見つけることが出来ました。

DSCN8688s.jpg

シジュウカラの全長はスズメと同大の14.5cm、メジロが12cm
キクイタダキは10cmと小さく、最小の鳥の一種です。(留鳥/漂鳥)




DSCN8649s.jpg

群れが飛び交う中、極小の動きのみを追い続けながら連写しました。
コンデジなのでズームアップした途端逃げられましたが、一先ず証拠
写真の今季初見・初撮りが叶いました。



                *



上の池の観察窓を覗くと・・・。

DSCN8968s.jpg





DSCN8966s.jpg

樹林にノスリが来ていました。(留鳥/漂鳥)




遊歩道で探索中、シロハラが落葉の下から幼虫を捕まえました。(冬鳥)

DSCN8854s_20191108211533293.jpg





DSCN8862.jpg

何度か地面に落として咥え直します。




DSCN8863s.jpg

やっと呑み込みました。




DSCN8870s.jpg

しかし捕食は意外と早く、数十秒で藪の中へ消えて行きました。




こちらはアオジのペアです。(冬鳥/旅鳥)

DSCN8623s.jpg

右側は嘴の付け根から目にかけて黒いので雄です。




DSCN8622s_2019110821124286d.jpg

顔を上げた左側は雌で、目の周りは黒くありません。




最後に擬岩の観察窓に寄ると、アオアシシギが4羽来ていました。

DSCN8983s.jpg

忙しく動き回っているものの、なかなか餌にありつけません。(旅鳥)
そのうち諦めたようで、水門の方へ飛び去りました。




水門付近ではカワセミが杭に止まって小魚を狙っている様子です。

DSCN8945s_20191108211159407.jpg





よく見ると遠くに、移動した4羽のアオアシシギが目に留まりました。

DSCN9243s.jpg

水面に夕日が映える中、採餌に励んでいます。




何か手応えがあったようです。

DSCN9260s_20191108211123696.jpg





DSCN9259s.jpg

漸く餌にありつけました。



                *



頭頂部に黄色い小菊を載せたような冠羽があるため、菊を戴くという
意味から「菊戴」と命名されたそうです。キクイタダキは手強くて敬
遠しがちですが、今後は出来るだけ撮るように心掛けたいと思います。



最後までご覧下さり有難うございました。

スポンサーサイト



トラックバック