FC2ブログ

新木場 10月中旬

2019.10.22.Tue
2019年10月20日

約1ヶ月半ぶりの新木場(東京都江東区)です。前回は秋の渡りの途中
日本に立ち寄る旅鳥のチュウシャクシギの群れとキョウジョシギ、今回
は冬鳥のジョウビタキとヒドリガモの群れに出合いました。

DSCN6175s.jpg

野鳥たちは新木場と荒川対岸の葛西臨海・海浜公園を行ったり来たり
している様子です。




荒川に沿った緑道を散策中、羽がオレンジ色の小鳥が眼前を過りました。
ジョウビタキ♂かもしれません。

DSCN6342s.jpg

藪の中に入ったので屈んで辺りを見て回ると・・・居ました、いました!




DSCN6360s.jpg

休憩でしょうか、このまま7分ほどじっとしています。その後、木立や
有刺鉄線でも姿を見かけましたが瞬時なので撮るには至りません。飛来
したばかりなのでしょうか。あちこち飛び回り、警戒心が強いようです。



               ***



緑道から崖下の遊歩道に降りるとダイサギ、コサギ、アオサギ、カワウ
ウミネコ、セグロカモメ、オオセグロカモメ等の水鳥が集まっています。

DSCN5762s.jpg

中でも50羽前後のヒドリガモの群れは今季初見なので、カメラを向け
ました。それぞれ10羽前後の群れが一ヶ所に集まっています。




DSCN5811s.jpg

観察を始めて間もなく隣の夢の島マリーナから繰り出したプレジャー
ボートの音と波しぶきに驚いて、ヒドリガモが一斉に飛び立ちました。




DSCN5812s.jpg

すると他の群れも次々に葛西へ飛び去って行きます。



                *



DSCN5752s_20191022212804456.jpg

幸い、群れの一つが残ったので中断せずに済みました。




DSCN5774s.jpg

ヒドリガモ(左♂、右♀)




DSCN6030s.jpg

ヒドリガモ♂




地味な羽の色です。

DSCN6029s.jpg

エクリプス(非繁殖羽)の雄がいるので識別は難しいです。




ヒドリガモの雄は翼を広げると緑色の模様があります。

DSCN5963s.jpg

この個体は雄のヒドリガモです。




DSCN5965s.jpg





DSCN5975s.jpg



                *



ヒドリガモを観察しているとイソシギが現れました。

DSCN6044s.jpg





DSCN5835s.jpg

イソシギは餌場を飛んで移動するので着地時に見つけます。新木場
ではあちこちで見かけるので個体数が多いのでしょうか。




DSCN5822s.jpg

餌のカニが豊富なのは確かです。



                *



緑道の上空で「ピーヒョロロ」の鳴き声を耳にしましたが、並木
からは見上げられません。

DSCN6185s.jpg

ところが何と!帰りがけにトビが遊歩道の手すりに降りていました。




DSCN6187s.jpg

トビを撮ることは滅多にありませんが、これも出合いと思ってカメラ
を向けました。




DSCN6190s.jpg

前方から人が近づく僅か数十秒のことでした。



                *



サイクリングがてら気軽に行ける新木場です。四季折々の野鳥との
出合いが楽しみで、しかも東京湾を一望する気分は爽快です。

DSCN6257s.jpg




最後までご覧下さり有難うございました。

スポンサーサイト



トラックバック