FC2ブログ

ミサゴ&オオタカ

2019.10.01.Tue
2019年9月30日

6日前(9/24)に訪れた水元公園ですが、様子が気になって
再びやって来ました。

DSCN3844s.jpg

前回、彼岸花は咲き始めたばかりでしたが満開の見頃を迎えて
います。今季は何処も一週間以上遅れているそうです。




朝7時に到着し、散策しながら第4観察舎へ向かいました。

DSCN3882s.jpg

先着のバーダーさんが開口一番「ミサゴが来ていますよ」と
教えて下さいました。




DSCN3876s.jpg

小合溜ではボラが盛んに飛び跳ねているので餌には恵まれています。




DSCN3911s.jpg

ミサゴの上ではカワウが休憩し・・・。




DSCN3914s.jpg

ミサゴの下ではカワセミが餌を狙うという珍しい光景でした。




DSCN3989s_201910012235427c2.jpg

1時間後に再度覗いて見ると、食後の表情は寛いだ様子です。



               *


森の散策路を歩きながら耳を澄まし、目を凝らしていると・・・。
なんと!オオタカの若鳥です。

DSCN3977s.jpg





DSCN3978s.jpg

慌てて連写しましたが、たった7秒の出合いでした。



                *



DSCN4019s.jpg

森では課題のムシクイを探しましたが、高木の梢を飛び回っているので
枝被りが多く、やっと撮れた一枚はお腹だけです。センダイムシクイと
メボソムシクイが混ざっているそうです。識別は出来ませんでした。




DSCN3953s.jpg

お腹に縦縞があるのでエゾビタキです。




DSCN4026s.jpg

数羽の群れでやって来ました。




DSCN4059s.jpg

今、一番人気のキビタキ♂です。




DSCN4057s.jpg

肉眼では見えないほど遠いので、写真はトリミングしました。




離れ離れですが同じ散策路で、同時に雌雄のキビタキが観られます。

DSCN4039s.jpg

ここでは3羽のキビタキ嬢が一緒に採食に来ました。




DSCN4035s.jpg

雌がいる所には雄が近づけないようです。




DSCN4034s.jpg

どうやら雌のほうが雄より強いようで「どの世界も同じだね」と殿方が
呟いていました。



                *



釣り人の傍らには、ダイサギやアオサギがよく来ています。

DSCN3852s_20191001223107a88.jpg  DSCN3850s.jpg

DSCN3854s_20191001223032747.jpg DSCN3858s_20191001223008f69.jpg

餌を貰いたい様子です。小魚が釣り上がると「待っていました!」と
ばかりのリアクションでしたが、釣り人にストップされるとあっさり
その場を去って行きました。



                *



自然も生き物も一週間で変わることがあれば、代り映えしないことも
あります。その日その刻は私にとって2度と訪れることはありません。


最後までご覧下さり有難うございました。

スポンサーサイト



トラックバック