FC2ブログ

葛西臨海・海浜公園 8月下旬

2019.08.27.Tue
2019年8月25日

シギチドリの秋の渡りを観ようと久々に、先ず葛西海浜公園へ向かい
ました。

DSCN7482s.jpg

コサギとダイサギの彼方は、立ち入り禁止になっている自然保護区の
東なぎさです。




DSCN7589s.jpg

カワウとウミネコの大群が見えます。




DSCN7888s.jpg

手前に見えるのはオオセグロカモメでしょうか。(留鳥/冬鳥)




DSCN7777s.jpg

左にウミネコがやって来ました。




DSCN7944s.jpg

オオセグロカモメは交互によく飛び回っています。




DSCN7841s.jpg





DSCN7523s.jpg

証拠写真にもなりませんが、識別出来ない距離に1羽の嘴
の長い旅鳥を見つけました。ダイシャクシギでしょうか。


   
                *



東西なぎさ間水路ではソリハシシギとキアシシギを観察しました。

DSCN7601s.jpg

ソリハシシギは嘴が長く反り上がり、足は短く橙黄色です。(旅鳥)




DSCN7686s.jpg

休息中のソリハシシギは20羽以上で、思い思いにストレッチや
羽繕い、そして熟睡する個体もいました。




DSCN7625s.jpg





DSCN7724s_20190827211745246.jpg

採餌中のキアシシギが、ソリハシシギの傍を通りがかりました。
似た者同士で短めの足です。黄色のキアシシギの足は、橙黄色
のソリハシシギより少し長めです。




DSCN8167s.jpg

数羽のキアシシギはカニを捕まえて食べています。(旅鳥)




西なぎさの海水浴体験は今日が最終日です。

DSCN7013s.jpg

遊泳区域はロープで仕切られ、その先には2羽のカンムリ
カイツブリが泳いでいます。越夏している個体で西なぎさ
ではよく見かけます。



               ***



次に葛西渚橋を渡って葛西臨海公園へ移動します。

DSCN7247s.jpg

下の池の擬岩の観察窓を覗くと3羽のコチドリが餌を探して
いました。(夏鳥)




DSCN7222s_201908272116258b9.jpg

コチドリとコサギ。




DSCN7273s.jpg

コチドリはコサギ、ダイサギ、アオサギの合間を縫って
の採餌で、接近すると羽搏いて譲らざるを得ません。



                 *



下の池の水門で、カワセミがボラの稚魚を狙っています。

DSCN7051s_2019082721152853b.jpg





DSCN7040s.jpg

成鳥の雌です。




DSCN7031s.jpg

警戒して時々空を仰いでいました。




DSCN7057s.jpg

やがてコサギが来て次にダイサギが現れると、カワセミ嬢は
狩りを諦めて飛んで行ってしまいました。




移動した先は上の池の田んぼです。

DSCN7355s.jpg

ここの小さな池の水面を睨み、周囲を見渡していました。




カワセミ嬢がこの場を離れると、入れ替わりに幼鳥♂が2羽
やって来ました。

DSCN7122s.jpg

他所で生まれたようですが、行動を共にする兄弟でしょうか。




DSCN7185s.jpg



                *



鳥見の最後に覗いた上の池では、カワセミ嬢を見かけること3回目。

DSCN7028s_201908272112010e8.jpg





DSCN7411s_20190827211147b66.jpg

葦に掴まって狩りに集中です。




DSCN7454s.jpg

漸く小魚を仕留めました。




上の池はダイサギ、コサギ、アオサギ、カイツブリ、そしてヨシ原で
涼むカルガモが目につきますが、暫く佇んでいると遠目にカイツブリ
の雛が泳ぎ回っています。

DSCN7404s.jpg

親離れした個体でしょうか。何番子なのでしょうか。



                *



北半球から南へと、秋の渡りの途中に立ち寄った旅鳥のソリハシシギ
キアシシギ、ダイシャクシギ、冬鳥のオオセグロカモメ、越夏のカン
ムリカイツブリ等を観察しました。


最後までご覧下さり有難うござました。
スポンサーサイト



トラックバック