あの時のヒキガエル

2013.07.03.Wed
2013年7月3日

毎朝ヒキガエルの巣穴を覗くことから一日が始まります。
うちのヒキガエルが冬眠から覚めたのは3月1日でした。
その日から巣穴を空けて、すでに4ヵ月にもなります。

               ***

留守中の5月下旬に、去年の夏の居候が2匹訪ねて来ました。

DSC_1388 (618x640) DSC_1379 (640x628)

うちのヒキガエルは8年間ひとり暮らしでしたが、この2匹が初めて
去年遊びに来たのでした。
2匹を招き入れたのは、うちのが世代交代を考えていたからではないか
と想うようになりました。
私たちに淋しい思いをさせないようにとの、心づかいかもしれません。

日が経つにつれて帰らない公算が強まり、諦めが色濃くなりました。

               ***


DSC_1448 (640x621) 
 そんな折、なんと7月に入り
 もう1匹増えたのです。

 一回り大きい3番目は
 去年の夏、 学童が持ち込んだ
 ヒキガエルでした。

  

学童が大事そうに掌に包んで持って来たヒキガエルは
道端でぐったりしていたので拾い上げたそうです。
その場に居合わせた学童の3人は、おじさんの所のヒキガエル
かもしれないと思って届けてくれたのでした。

実際は違いましたが彼らの行いを誉め、預かることにしました。
ヒキガエルの傷口は赤く染まり、人の外傷とそっくりです。
1cm四方の傷は体が小さいだけにダメージが大きく
見るからに痛そうです。
「近くに動物病院があったら・・犬猫病院でも大丈夫かも・・・」
「傷口に抗生物質の軟膏をつけたら・・・」
などと思い巡らしたのですが、野生なので自然治癒力に任せました。

庭の隅にそっと下ろしたものの、歩けず餌も口にしません。
翌朝見に行くと、体を引き摺って10cmほど移動していました。
外傷だけでなく骨折もしているようでした。

その後うずくまっている様子を何度か見掛けたので、幸いに
命だけは助かったようです。 

               ***


一回り大きい3番目が、去年の負傷のヒキガエルであることは
後遺症の様子を観て一目瞭然でした。
あの時は餌を拒否しつづけたのに、仲間に入った途端
2匹に見習って餌に反応したのでした。

DSC_1457 (640x357)
食事の気配を感じて、3番目のヒキガエルがプラスチックの
仮設の巣穴から出て来ました。
奥に引き籠りがちの気の小さな仲間を相棒が誘い出しています。



DSC_1472 (640x343)
3匹は輪になって餌が置かれるのを今か今かと待ちます。



DSC_1481 (640x340)
いよいよ彼らの前にミミズが現れると、身を乗り出してきました。
ヒキガエルは動いているものしか口にしません。
ミミズは死んだ振りをしていますが、3匹は目を据えています。
カルタ取りの緊迫感で身構え、動いたらキャッチです。
敏速に獲得したのは、3番目の新参ものでした。
ルールがあるか否かは知りませんが、お手付きした餌を横から奪う
ことは決してありません。



DSC_1562 (640x350)
餌を獲得できなかった2匹は、貌を見合わせています。



DSC_1574 (640x342)
餌が貰えると言っても野生の習性なのか、表情は真剣そのものです。

結局この日も平等に、ミミズを2匹づつ提供しました。

               ***


DSC_1580 (635x640) 
 体が小さくて、気も小さい子が
 このところ急に大きくなりました。

 なんと餌のバケツの蓋をずらして
 入り込んでいました。
 

無論好きなようにさせていますが、この子だけがよくミミズの在りか
に気付いたものだと感心しました。
ヒキガエルにも個体差があって面白いです。

うちのヒキガエルが彼らと一緒にいたら・・・と想ってしまいます。

               ***

夫は「扶養家族が増えて大変だけど、子どもが腹を空かしているんじゃ
仕方ない」と言い、少年の顔をしてミミズ捕りに出かけて行きました。



    麦藁帽少年の汝が牛をひく     コウコ
          
スポンサーサイト

コメント

2013-07-23.Tue 09:31
ー若月さんー

お早うございます。
若月さんのカエルさんたちは新鮮で興味深く
拝見させて頂きました。
お陰様で視野が広がりました。
ヒキガエルの行動や気持をこれからも観つづけて
ゆきたいと思っています。
アトランダムに書いていますのでヒキガエルの時は
お知らせ致しますね。
若月さんのカエルさんたちの今後を楽しみに
楽しみにいております。
URL|コウコ #-[ 編集]

こんにちは

2013-07-23.Tue 08:30
先日はありがとうございます。
改めて記事を読み返してまた感動。
怪我を負って保護したカエルさんが戻ってきたのですね。
ここは安全だって覚えていてくれたなんて、カエルにも心はあるのかなぁと思ったりして、嬉しくなりました。
URL|若月 #-[ 編集]

2013-07-18.Thu 23:28
ー若月さんー

ようこそいらっしゃいました。
検索で巡り合えたのは初めてです。
蛙が取り持つご縁で大変嬉しいです。
こちらこそ、どうぞ宜しくお願いいたします。

URL|コウコ #-[ 編集]

初めまして

2013-07-18.Thu 02:37
ヒキガエルの巣 で検索していたら、こちらのブログにたどり着きました。
お庭にガマたちのいる風景・・・可愛らしくて和みました。

現在、庭に一匹、室内に2匹のチビガマがいるのですが
そとチビ達を庭に放そうか迷っていたところでしたので
写真の巣の様子など、大変参考になりました。

蛙さんたちの記事、これからも読みたいので
ブログリンクさせてください。
今後ともよろしくお願いします。
URL|若月 #-[ 編集]

2013-07-06.Sat 22:42
 ~一生喜劇さん~

ヒキガエルの仕草をかわいいと
おっしゃって頂き嬉しいです。
彼らのことは分からないことが多く
新しい発見があったらといつも願っております。
URL|コウコ #-[ 編集]

こんばんは

2013-07-06.Sat 20:38
ヒキガエル、本当にすごいですね。何度見ても。写真では会話しているように見えます。この姿を見るとヒキガエルがかわいく見えます(^v^)再発見です。
URL|一生喜劇 #-[ 編集]

2013-07-05.Fri 22:53
ー朔さんー
有難うございます。

朔さんのところでも、お庭の主のヒキガエルがいたのですね。
梅雨の時期、ヒキガエルは雨に濡れてじっと佇んでいます。
この時期ヒキガエルを思い出されて寂しくなるお気持
分かります。うちのヒキガエルも帰って来ていませんので・・・
いっぽう一度に3匹も増えて、彼らに励まされている次第です。
今後とも宜しくお願いいたします。
URL|コウコ #-[ 編集]

2013-07-05.Fri 22:29
ーCOCOさんー
有難うございます。

ぱふぱふさんのリンクからお訪ねしました。
氏の写真に魅せられて、私も興味を抱くようになりました。
このような巡り合わせは嬉しいですね。
宜しくお願いいたします。

URL|コウコ #-[ 編集]

2013-07-05.Fri 21:35
ヒキガエルが3匹も一緒に暮らしているんですね〜!!
彼等なりのルールを持って仲良くしているなんて
可愛くてこれは毎日覗いてしまいますね♪

我が家にも昔は大きな主様が居たのですが、
いつの間にか見かける事がなくなってしまいました。
梅雨時期になると思い出しては寂しくなるのですが、
犬が頻繁に庭に出てくるようでは
ゆっくりとは暮らせないのでしょうがないのでしょうね。笑
URL|朔 #-[ 編集]

2013-07-05.Fri 18:20
初めまして^^
ご訪問ありがとうございました。
こちらで、ぱふぱふさんを見かけて
思わず嬉しくなりましたよ(笑)
朝記事を読ませて頂きまして
心がほっこりしました。
再度読みたくて伺いました^^
ユウコさんのお家で飼われているヒキガエルは・・
こんなに愛情をもらって、本当に幸せですね^^

URL|coco #-[ 編集]

2013-07-05.Fri 13:04
ーSUN太郎さんー

負傷したヒキガエルが元気でほんとに嬉しいです。
SUN太郎さんは毎日多くの子どもたちと接していらして
いろいろな子がいますでしょうね。
あの時、優しい子たちに助けられて良かったです。
これからの3匹の成り行きが楽しみになりました。
URL|コウコ #-[ 編集]

2013-07-05.Fri 12:42
ーぱふぱふさんー

ほんとのところ、うちのヒキガエルと出会った当初は
苦手で、目にするのも嫌でした。
ところが庭で時々見掛けてるうちに馴染んだようです。
春先(冬眠から覚め)に痩せこけていたので
つい傍らのミミズを与えたら食べてくれました。
偶然か、縁があったのか・・・
そのうち、ヒキガエルのありのままの姿を観ることが
楽しみになってしまいました。

URL|コウコ #-[ 編集]

2013-07-05.Fri 11:58
ヒキガエル元気で良かったですね!
さすがと云うか・・・
ちょっとした感動ものです!

生き物を簡単に殺生する子も居るけど、
優しい子に助けられて良かった!

元気になってくれたので
また一つ楽しみが増えましたね(^^♪
URL|SUN太郎 #xo2ligvU[ 編集]

2013-07-05.Fri 10:44
すごいことが沢山・・・
カエルを飼ってる?こと・・・
周辺で認知されていること・・・
そのための餌取りもすること・・
いやぁあ・・自然破壊が進む中・・
しかも余り好かれないカエルのために
なかなかできないですね・・我が家に入る
アマガエルだって・・たまに雨の日に出てくるだけでも
キャァキャァ~言われるのに
もしわが家がコウコさんとこだったら
きっと追い出されるでしょうね・・(笑)
カエルの恩返し期待できそうですね
URL|ぱふぱふ #-[ 編集]

コメントの投稿

トラックバック