FC2ブログ

春の柳沢峠

2019.05.10.Fri
2019年5月8日

車が都市道路を出てから、ひたすら山岳道路を走ること約50km。
20以上のトンネルを潜り抜け、ようやく柳沢峠(山梨県甲州市)
に着きました。

DSCN0655s.jpg

柳沢峠(国道411号 青梅街道の最高地点)から望む富士山です。




DSCN0651s.jpg

秩父多摩甲斐国立公園(標高1,472m)




街道沿いは山桜が見頃です。

DSCN0656s_20190510221320917.jpg

朝の都内出発時の気温は12度、山岳部に入ると1~2度でした。
到着時、スプリングコートでは寒く、多くの方が薄手のダウンを
着用していました。



                *



野鳥観察スポットに着くと、既に50人ほどのカメラマンが集まって
います。今回は移動することなくコマドリ、キビタキ、コルリなどを
観察することが出来ました。

コマドリの囀りが間近になると、いよいよと言う雰囲気です。

DSCN9903s.jpg

至近距離での歌声の綺麗なこと!
流石に日本三鳴鳥のコマドリです。




DSCN0036s.jpg

カメラの前でも美声を披露したものの、撮り損ないました。
繁殖のため日本に飛来した夏鳥です。




キビタキ♂も人気があり、ちょくちょく現れて大サービスです。

DSCN9912s.jpg





DSCN9754s.jpg





DSCN9775s.jpg

採餌




DSCN0100s_20190510221001a08.jpg





DSCN9766s_2019051022094635e.jpg

暫し立ち止まっては、カメラマンを観察している様子です。




キビタキ♀

DSCN9893s.jpg





キビタキの雌は地味ですが表情が愛らしいです。

DSCN9985s.jpg





クロジ(冬鳥)

DSCN9732s.jpg





ゴジュウカラ(留鳥)

DSCN9720s.jpg

個体数は分かりませんが、頻繁に餌を捕まえては何処かへ運んで
行きます。巣では子育ての最中でしょうか。




DSCN9648s.jpg

2羽のゴジュウカラが現れました。




DSCN9649s.jpg

繁殖期に、雄が雌に餌をプレゼントする求愛給餌でしょうか。




ソウシチョウ(留鳥)

DSCN0025s.jpg

「かご抜け鳥」の外来種です。




DSCN0058s.jpg

2羽連れ立っての採餌です。




DSCN0606s.jpg




                *



観察スポットは何ヵ所もありますが、背中合わせのスポットでは
数10人が集まりました。気がかりで後ろを振り向くとコルリが
来ている様子です。

コルリ♂(夏鳥)

DSCN0570s.jpg

三脚が立ち並ぶ中、折よくお会いした鳥友さんが、前に座って撮るよう
にと折り畳みのチェアを貸して下さいました。




褐色味を帯びているので若鳥でしょうか。

DSCN0408s.jpg

お蔭様で最前列でコルリを観察することが出来ました。




コガラ(留鳥)

DSCN0599s_20190510220608e0a.jpg

此処にはコマドリやシジュカラも現れました。




DSCN9820s_201905102205519f8.jpg

鳥を撮りながら遠方にカメラを向けると、孤高の山桜が印象的です。



                *



私は2ヵ所のスポットで観察をつづけましたが、夫はあちらこちら
探索し、動画でウグイスやカケスも撮りました。柳沢峠はまだ寒く
沢では小鳥たちが氷柱の先端を舐めるシーンもありました。



最後までご覧下さり有難うございました。
スポンサーサイト

トラックバック