FC2ブログ

稲敷市にて

2018.12.23.Sun
2018年12月21日

所用がてら稲敷市でのバードウォッチングです。

DSCN3851s.jpg

穀倉地帯の稲敷市では、お正月用のレンコンの出荷時期でした。




冬空を見上げると、無数の鳥の群れが現れました。

DSCN4082s.jpg





DSCN4088s.jpg

数十羽の群れ同士が行き交い、合流しています。




DSCN3954s_20181223152949e9e.jpg

ズームアップすると、なんと!タゲリです。これ程の数を見たのは
初めてで、越冬のために日本に飛来した冬鳥です。




DSCN3961s.jpg

一斉に田んぼに降り立ちました。タゲリは警戒心が強いので近づく
のは禁物です。発見した畔に佇みながら様子を伺いましたが、早々
に飛び立って行きました。




ハス田の一角で夫に呼ばれると、ネットの絡まった鳥を保護して
いるところでした。ネットが首に絡まり、もがいていたそうです。

DSCN3818s.jpg

ハス田ではカモ類の食害対策として防鳥ネットを張っている箇所が
あります。




DSCN3820s.jpg

手の中で安心しきったように穏やかです。カメラを向けるとつぶらな
瞳が可愛らしく、持って帰りたくなるほどでした。




DSCN3822s.jpg

首を絞めつけていたネットを外して地面に放った途端!




DSCN3824s_20181223152800a5e.jpg

目にも止まらぬ速さで飛び立って行きました。タシギ(旅鳥/冬鳥)

某氏から「絡まっていたシギは、模様と時期からタシギです」
とのコメントを頂戴しました。(オオハシシギをタシギに訂正致しました)
ご指摘下さり有難うございました。



この時季は鳥が少ないせいか、バーダーさんの姿もありません。

DSCN3840s.jpg





DSCN3812s.jpg

モズ♂はよく目に付きます。




DSCN4180s.jpg

背景はセイタカアワダチソウで、カワラヒワはこの種を食べに
きたのでしょう。




DSCN4187s.jpg

ホオジロも食後の一休みです。




DSCN4149s.jpg

ノスリは何処を向いても視野に入るほどの個体数です。(冬鳥)
その他の冬鳥ではジョウビタキ、タヒバリ、ツグミ等を見ました。



               *



犬も歩けば棒に当たる・・・そんな思いで探索していると、一人の
カメラマンが話しかけて下さいました。珍しいコリンウズラを再度
撮影にいらしたそうです。

DSCN4266s.jpg

前回の撮影箇所を丹念に探しておられましたが、しばらくして私共に
手を振って、見つけたコリンウズラの居場所を教えて下さいました。




DSCN4282s.jpg

鳥の名前は初耳で、手持ちのフィールドガイドにも載っていません。
コリンウズラはここの溝で採食中でした。




DSCN4262s.jpg

若鳥だそうで、片親は先日イタチに捕食されたようです。




コリンウズラが溝から道に出てくれるのを待っていましたが
これを最後にアシ原へ引っ込んでしまいました。

DSCN4293s.jpg

残った片親はどこにいるのでしょうか。そしてコリンウズラは何故
ここにいるのでしょうか。


コリンウズラに関してコメントを頂戴しました。有り難うございます。

 コリンウズラは外来種です。猟犬の訓練用だとか。九十九里の松林
 や相模原の河川敷にもいます。         (某氏より)

 Wikiによると原産地は北米大陸で狩猟目的や飼育用に日本へ輸入
 され、猟犬の訓練用に放たれたものが野生化したとあります。
                     (ブロ友さんより)



                *



先ほど出会ったカメラマンが、チュウヒやハイイロチュウヒのポイント
も教えて下さいました。

DSCN4392s_201812231523442b1.jpg

着いて間もなく、入り日寸前にハイイロチュウヒが現れました(冬鳥)。




DSCN4366s.jpg

遠過ぎますが、コンデジの手持ちで証拠写真が撮れました。




DSCN4413s.jpg

日没で帰り支度を始めると、なんと灯りが点り始めた中を
再び現れて大サービスでした。



本格的な冬を前にして思いがけない出会いがありました。今冬はもう
一度稲敷市に伺って鳥見をしたいと思います。


最後までご覧下さり有り難うございました。
スポンサーサイト

トラックバック