FC2ブログ

湖沼 三ヶ所巡り

2018.12.20.Thu
2018年12月18日

朝7時、坂田ヶ池(成田市)到着時の気温は1度で、日中は12度の
快適な鳥見となりました。

DSCN3051s.jpg

昨夜の雨で池は靄っていますが樹林からの光芒が幻想的です。マガモ
3羽が近づくのを待ってシャッターを切りました。(冬鳥)




DSCN3048s.jpg

紅葉は赤錆を帯びていたものの、水面を多彩に染め上げています。




DSCN3058s_20181220112830e3e.jpg

ミコアイサ♀が離れ離れに2羽飛来しています。(冬鳥)



DSCN3119s_2018122011281176d.jpg

ミコアイサ♀の動きに、水面は万華鏡のように美しく変化します。




DSCN3133s.jpg

オナガガモとのツーショット。(冬鳥)




DSCN3094s.jpg

地元の方によると今季のマガモは数が多いそうです。他にホシハジロ
ハシビロガモ、コガモ、オナガガモが飛来しています。(冬鳥)



               ***



午後から8km先の印旛沼へ移動しました。

DSCN3401s.jpg

遠方に見える帯状の大群はホシハジロです。この中にマガモ、コガモ
キンクロハジロ、スズガモ、カンムリカイツブリを見つけました。




ヨシガモの群れは小グループごとに採餌に励んでいます。

DSCN3328s.jpg





DSCN3444s.jpg

何やら水生の植物を食べていました。




DSCN3314s.jpg

冬羽(繁殖羽)が綺麗です。





DSCN3326s_201812201126086d2.jpg





DSCN3318s.jpg

美しく変身したところで早速、求愛のディスプレイです。




印旛沼のアイドル、モモイロペリカンのカンタ君が漁師さんから
魚を貰っていました。

DSCN3238s.jpg

佃煮にする小魚だそうです。




DSCN3587s.jpg

カンタ君はお気に入りの小舟から、何度も沼に出かけました。




DSCN3342s_201812201124555f7.jpg

体長160cm、広げた羽は280cmです。



                *



その他、印旛沼の水鳥と山野の鳥たちです。

DSCN3175s.jpg

コブハクチョウとオオバン。



DSCN3573s.jpg

カンムリカイツブリ(冬鳥)



DSCN3531s_2018122011235866d.jpg

ツグミ(冬鳥)



DSCN3496s.jpg 

ノスリ(冬鳥)



DSCN3387s.jpg

ミサゴ



               ***



時間に余裕があり、最後に白鳥の郷(印西市)にも寄りました。

DSCN3726s_20181220113221fe8.jpg

東京近郊に白鳥の飛来地があるのを知ったのは昨冬でした。坂田ヶ池で
出会った鳥見の御夫妻がその日に御案内下さいましたが、前日シベリア
へ旅立った後でした。(冬鳥)




DSCN3738s.jpg

残念な思いをしたものの白鳥の郷を教えて頂いたお陰で、今冬は期せず
してアメリカコハクチョウに恵まれました。(初見・初撮)




DSCN3693s_20181220112212738.jpg 

アメリカコハクチョウは一昨日(12/16)に飛来したばかりでした。
黒い嘴の個体を探すのは容易ではありません。




DSCN3768s.jpg 

左がオオハクチョウ、右の4羽がコハクチョウです。




DSCN3646s.jpg

家族と一緒に寛ぐ今年生まれのコハクチョウです。




DSCN3706s.jpg

大賑わいの中、時々コハクチョウのストレッチが見られました。




        DSCN3673s_2018122011205432b.jpg




坂田ヶ池から印旛沼、そして本埜「白鳥の郷」の三ヶ所を巡りました。
それぞれ7~8kmしか離れていないので楽な行程です。穏やかな冬
晴れの下、多くの鳥たちと出合うことが出来ました。



最後までご覧下さり有り難うございました。
スポンサーサイト

トラックバック