FC2ブログ

12月上旬の渡良瀬遊水地

2018.12.10.Mon
2018年12月8日

今冬初めての渡良瀬遊水地です。

朝一番、第三調節池から揚がるバルーンに見惚れました。

DSCN1512s.jpg

色彩豊かなバルーンが飛行する冬空です。




谷中湖に移動して先ず目を引いたのは、かなり遠方のカラスでした。
証拠写真ですが・・・。

DSCN1902s.jpg

白い嘴のカラスがいます。日本に越冬のために飛来したミヤマガラス
でしょうか。初見・初撮りです。(ハシボソガラスより小さい冬鳥)




DSCN1894s.jpg

ミヤマガラスの近くにアオサギが寛いでいました。




上空に猛禽が通過して行きます。

DSCN1583s.jpg

チョウゲンボウ (冬鳥)




DSCN1598s.jpg

ノスリ (冬鳥)



                *



情報を頂いて地内水路へ行くと、期待通りのミコアイサ(冬鳥)
に出合いました。

DSCN1755s.jpg

姉妹や三姉妹は見たものの、10羽の雌の群れは初めてです。




DSCN1758s_20181210215438c40.jpg

母と子どもでしょうか。




DSCN1756s.jpg

正面を向いてくれました。




10羽は潜水採食をしながら、水路を行ったり来たりしています。

DSCN1791s.jpg

食事の合間も、羽繕いやストレッチは欠かせません。




DSCN1792s_20181210215352ac5.jpg




                *



第一調節池の大沼は静まり返って、数人の釣り人の姿しかありません。

DSCN1744s.jpg





DSCN1739s.jpg

奥の枯葦の根元を双眼鏡で辿ると、浮寝のヨシガモ(冬鳥)
が数羽います。




寂しい大沼ですが、隣の小さな沼にヨシガモ♂とミコアイサ♀
を見つけました。

DSCN1697s_201812102152438e5.jpg





DSCN1676s_2018121021545987b.jpg

何故かミコアイサの雄には出合えませんでした。



DSCN1665s.jpg

ヨシガモは期待通り、冬羽(繁殖羽)に移行していました。




DSCN3119s_20181210215006a18.jpg

10月にここの大沼で撮ったヨシガモのエクリプス(非繁殖羽)です。




DSCN1606s.jpg

水面採食のヨシガモは水生植物や海藻を食べるそうです。




DSCN1724s.jpg





DSCN1671s.jpg

羽繕い




DSCN1621s_20181210215116e5f.jpg

仲間の数羽は浮寝を決め込んでいますが、この一羽だけが採餌に
いそしんでいました。



                *



DSCN1827s_20181210215057cd6.jpg

子供広場では紅葉が鮮やかな錆色となり、裸木も目立ちますが
温かみのある冬景色です。




DSCN1828s.jpg

この散策路の先に、ベニマシコがいると夫から連絡が入りましたが
駆けつけた時は既に遅く、10名ほどの方は撤収するところでした。




DSCN3852s_20181210214947646.jpg

10月に同じ場所で撮りました。

一か月半振りの渡良瀬遊水地ですが、秋から冬へと移りゆく季節
の早さを思い知らされました。
冬鳥の顔ぶれは揃ったようですが暖冬の影響でしょうか、数は少
ないです。冬本番のこれからが楽しみです。


最後までご覧下さり有り難うございました。
スポンサーサイト



トラックバック