FC2ブログ

ヨシゴイ&コハクチョウ

2018.11.05.Mon

2018年11月3日

ヨシゴイの親子が観察出来るとの情報を頂き、急きょ横浜市の
遊水地へ向かいました。

午後からの鳥見になりましたが、ヨシゴイの成鳥と若鳥に出合う
ことが叶いました。

DSCN5468s.jpg

葦と芒を残し、生い茂った蒲を刈り取る作業が行われていました。
残された葦の中がヨシゴイの棲家のようです。




DSCN5464s.jpg

到着して直ぐ、頭頂部が黒い成鳥のヨシゴイ♂を観ました。




刈り取られた蒲の上で獲物を待ち伏せするヨシゴイは保護色なので
容易に見つけられません。

DSCN5507s.jpg

親♂は葦原に入ってしまいましたが、若鳥の捕食を観察することが
出来ました。




DSCN5511s.jpg

獲物を待ち伏せ、何か見つけたようです。




DSCN5512s.jpg

捕食寸前の姿ですが、頸部がこんなに伸びるとは!




DSCN5531s.jpg 


小エビを捕まえて呑み込みました。


DSCN5532s.jpg





DSCN5579s.jpg 

この日は小エビばかり捕食していました。



                *



DSCN5607.jpg

遠方に多数のカワウが見え、ダイサギとコサギもいます。




DSCN5612s.jpg

潜水して魚を捕食するカワウに、コサギが纏わり付いています。




DSCN5630s.jpg


ヒヨドリが獲物を捕らえました。


DSCN5632s.jpg

遊水地ではジョウビタキ、オオバン、カワセミ、イソヒヨドリ、クイナ
なども見かけましたが、後日改めて探鳥したいと思います。

ヨシゴイを観察中に、今度はコハクチョウの情報を頂き、22キロ先の
田んぼ(伊勢原市)へと急ぎました。



               ***



広々とした田んぼを一望しても、コハクチョウの姿が見当たりません。
農家の方に訊ねると、午前中はカメラマン等が田んぼのコハクチョウ
を撮っていたとのことです。

途方に暮れていると、遠方に一人のカメラマンを発見!

DSCN5688s.jpg

午後3時半過ぎ、溝にいるコハクチョウとご対面です。




DSCN5685s.jpg

地元の方のお話によると、コハクチョウはこの地に一羽で迷い込み
日中は稲刈り後に出た穂を食べているそうです。




DSCN5679s.jpg

羽繕い




DSCN5721s_20181105234138105.jpg

一日の日課を終え、この溝で寛いでいるのでしょうか。ねぐらは?
ちょっとお疲れの様子に見えますが?



                *




DSCN5647s.jpg

田んぼでは珍しい白化のハクセキレイに出合うことが出来ました。




DSCN5671s.jpg





DSCN5852s.jpg

なにを採食しているのか、ちょこちょこ活発に動き回っています。




DSCN5802s.jpg

ハクセキレイはあちこちで見かけますが、漸く2羽が揃いました。
ふと気づくと日没を過ぎていました。


駆け足でしたが充実した鳥見でした。鳥友さんから情報を頂き
感謝申し上げます。
最後までご覧下さり有り難うございました。

スポンサーサイト

トラックバック