神代植物園

2013.06.09.Sun
2013年6月9日

~ 国際ばら新品種コンクール ~

日本で唯一の「国際ばら新品種コンクール」(JRC)は神代植物園で
開催され、 「公益財団法人日本ばら会」主催のコンクールです。

バラ園の一角にある花壇には、育種家(日本、欧米)が作出したバラの
新品種が栽培されていました。
 
 DSCN7250 (640x480)
この花壇で2年をかけて試作し、評価します。


             ☆☆☆



DSCN7249 (640x574) 

DSCN7441 (640x601) DSCN7291 (640x613) 
中心部が白で濃いピンクの可愛いミニチュアローズ。
白バラの一重は原種のノイバラを想わせ、素朴な可憐さが目を引きます。 



DSCN7267 (640x605) DSCN7276 (640x597)

DSCN7283 (640x593) 
黄色のバラに、緑色のハナムグリが吸い込まれて行きました。
覗いてみると、花びらの間に3匹もうずくまっていました。



DSCN7269 (640x584) DSCN7423 (640x593)

DSCN7420 (640x573) DSCN7414 (640x596)

DSCN7261 (640x582) DSCN7410 (640x639)
グラデーションの美しいバラたちです。



DSCN7264 (640x609) DSCN7426 (640x601)
紫色(藤色)系と灰紫色系の中間色のようなブルーローズ。 

2004年にサントリーが「青いバラ」を発表したのをご記憶かと思います。
バラには青の色素がなく、パンジーの青色遺伝子を組み込んで誕生させました。
バイオテクノロジーの時代だからこそ、開発に成功したのでした。
研究に14年の歳月をかけたそうですが、ブルーローズは今も世界中で
挑戦しつづけているバラです。



DSCN7417 (640x570) DSCN7431 (640x605)

DSCN7266 (640x594) 
サーモンピンクの色に惹かれました。



DSCN7294 (640x605) 
芍薬に似た珍しいバラがありました。



「国際ばら新品種コンクール」は1982年頃に始まり約30年になります。
過去の入賞花の中から数々の名花が生まれました。

審査は四季咲大輪系、四季咲房咲系、小輪房咲系、ツル性系及びシュラブ系
の4部門があります。    (シュラブ系は半ツル性で木立にもツルにも仕立てられます)

部門ごとに花色、花形、成長性、芳香、新奇性が審査され、金銀銅賞、
芳香賞が贈られます。

2013年度の入賞花はどのバラに決まるでしょうか、今から楽しみです。

                 ☆☆☆


「国際ばら新品種コンクール 2012年度入賞花」

(展示は最終のようで、咲き残っていたバラを撮りました)

DSCN7469 (640x605)
銀賞  四季咲大輪系 HT(ハイブリットティーローズ)



DSCN7464 (635x640)
銀賞   四季咲大輪系 HT
作者   大月啓仲 (日本)
作品名  あおい月



DSCN7467 (640x562)
銀賞   四季咲大輪系 HT
作者   メイアン (フランス)



DSCN7462 (605x640)
金賞   四季咲大輪系 HT
作者   ポールセン(デンマーク)
作品名  Aya

スポンサーサイト

コメント

2013-06-10.Mon 23:23
ーぱふぱふさんー

広いお庭で羨ましいですね。
それに、庭土が良いから咲いてくれるのだと思います。
私の鉢植えの薔薇たちは5号~10号鉢で10数鉢ありますが、
植え替えと寒肥を怠ったので、黒点病・うどんこ病が例年と
比べてかなりひどく、撒布撒布で大変でした。

URL|コウコ #-[ 編集]

2013-06-10.Mon 10:11
さすが・・いつもながらくしい~
薔薇は特徴だけででは名前が覚えられないから
わが庭にもありますが・・名札は欠かせません
うっかりなくして名前忘れたら最後もうわからない・・
一時期白い花で庭を埋めようなどと考えたけれど
気がつけば色もバラバラ・・剪定も下手で・・
もう手のつけようがないほど・・
でもちゃんと栄養不足に文句言わず咲いてくれます
URL|ぱふぱふ #-[ 編集]

コメントの投稿

トラックバック