FC2ブログ

ひかる君&カモ類の渡来

2018.10.25.Thu
2018年10月23日

コンデジを持って久々の渡良瀬遊水地です。

DSCN3497s.jpg

コウノトリの「ひかる君」が来ている第二調節池へ急ぎました。




DSCN3380s.jpg

一望できる桜堤から田んぼを眺めると、耕運機の側でしきりに採餌する
ひかる君の姿がありました。




DSCN3231s.jpg





DSCN3383s.jpg

何かゲットしましたが・・・




DSCN3384s.jpg

小さな食べ物にしてはリアクションが大きいです。多様な餌を食べる
肉食だそうですが、大は小を兼ねる嘴なのでしょう。




DSCN3341s.jpg

耕運機の側で食べている餌を観察しましたが、特定出来ませんでした。




DSCN3320s.jpg

好奇心の強いカラスが佇んで、ひかる君を観ています。




DSCN3324s.jpg

しつこいカラスに、ひかる君がガンをつけました。
以前、ひかる君が谷中湖上空でトビを追い回すシーンがありました。
渡良瀬遊水地のひかるの君は逞しいおのこです。



               ***



第一調節池の水路には多くのオオバンの群れが採餌に励んでいます。

DSCN3028s.jpg





DSCN3187s.jpg

背高泡立草の隙間から観られる食事の様子です。
池内水路では冬鳥のマガモ、ハシビロガモ、ホシハジロ、ヨシガモ
ヒドリガモのカモ類を見かけました。




DSCN3191s.jpg

対岸に数羽のオナガが来て「ギューイ、ギューイ」と大声で騒いで
いました。



                *



大沼には20羽ほどのヨシガモが到着しました。

DSCN3115s.jpg





DSCN3119s.jpg

遠いので上手く捉えられず、漸く撮れたエクリプスの雄です。頭部の
美しい赤紫と緑色が見られる今冬が待ち遠しいです。




他にアオサギ、カルガモ2羽、カイツブリを観ました。

DSCN3064s.jpg

行きも帰りも見たアオサギの個体ですが、同じ場所を陣取っていました。
お気に入りの此処で、日がな一日食事等をしていたのでしょうか。




DSCN3129s.jpg

ストレッチも欠かせません。



                *



午後から雨に見舞われました。

DSCN3852s_2018102521302203c.jpg





DSCN3854s.jpg

人影はありませんが、谷中湖を見たくて中の島まで歩きます。




DSCN3740s.jpg


小雨の中、ホオジロやシジュウカラが木々を行き交っています。



DSCN3836s.jpg





DSCN3531s.jpg

中の島の東屋で小休止し、更に東谷中橋へ向かいました。




DSCN3684s.jpg

小鳥が好む、色とりどりの野葡萄が雫を滴らせています。




DSCN3654s.jpg

セグロセキレイ




小雨の谷中湖では、水鳥も何処かに身を潜めてしまったようです。
それでも少しは観ることが出来ますが、かなり遠いです。

DSCN3824s.jpg

マガモ、ホシハジロ。




休憩のマガモの群れに他の鴨も紛れています。

DSCN4007s_201810252126413ec.jpg

ヒドリガモ




DSCN4006s.jpg

ホシハジロ




東谷中橋を渡り、草むらにチラッと姿を見せたのは雌のキジでした。

DSCN3989s.jpg

今日はゴルフ場の近くで3羽の幼鳥(♀2、♂1)連れのキジ♂を
撮り損ねていたので、せめてもの慰めでした。



               ***


只今、渡良瀬遊水地内体験センターで「~渡良瀬遊水地の野鳥~写真展」
を開催中です。  10/20(土)~10/28(日)10:00~15:00 
          * 月曜休館、入場無料  展示数:約100点

DSCN3507s.jpg

渡良瀬遊水地野鳥観察会の真瀬勝見氏から写真展の情報を頂きました。
オオセッカ、チュウヒの調査結果とコウノトリの生活行動。出会った
野鳥たちの写真が展示されています。


写真展を観ながら10月下旬の渡良瀬遊水地を見て回りました。午後
から雨模様でしたが、期せずして午前中にひかる君を観ることが出来
てラッキーでした。この時季、数は少ないですがお馴染みの鴨たちが
ほとんど渡来していました。



最後までご覧下さり有り難うございました。
スポンサーサイト



トラックバック