FC2ブログ

長須賀のハス田(10月中旬)

2018.10.18.Thu
2018年10月16日

朝6時半ごろ長須賀のハス田に着くと、ハス田一枚にいた100羽
ほどの鴨が一斉に飛び出し、残ったのは数羽ずつのコガモ、ヒドリ
ガモ、ハシビロガモです。

DSCN2851s.jpg

9月に訪れた時はコガモだけでした。




DSCN2817s_20181018210028e27.jpg

1ヵ月ぶりに観るコガモです。




DSCN2837s.jpg

枯蓮の中で昼寝をしたり、潜り抜けたり・・・。




DSCN2775s.jpg

ヒドリガモはベジタリアンで、水から上がって草を採食していました。




DSCN2769s.jpg

冬鳥として秋に渡来した鴨は本来の羽色とは違うエクリプス(非繁殖羽)
ですが、繁殖羽に移行しつつあるのでしょうか。




DSCN2786s.jpg

ハシビロガモも冬を迎える頃には、綺麗な羽色に変身しているかも
しれません。




DSCN2744s.jpg

採食方法は、水面に嘴をつけて水ごと吸い込み、食べ物だけを
取って水を吐き出すそうです。



                *



通年見られる留鳥のカルガモです。

DSCN2782s.jpg

なんと!突然の交尾です。




DSCN2783s.jpg

繁殖行動にしては季節外れですが・・・これはどういう事でしょう。




DSCN2784s.jpg

交尾後に羽ばたきをしました。




DSCN2749s.jpg

ハス田から出て来たバンの幼鳥(上)がヒドリガモの近くを足早に通り
過ぎて行きます。




DSCN2758s.jpg

成鳥のバンは悠然とハス田を泳いでいます。夏羽の赤い嘴は褪色して
冬羽になりつつあります。




DSCN2759s.jpg

上手い具合に、顔をカメラに向けてくれました。




DSCN2844s.jpg

面高(オモダカ)の花に佇むのは一見アマサギかと思いましたが、首が
長めなのでチュウサギでしょうか。




DSCN2847s.jpg

1分後にハス田に移動したので確認出来ました。




DSCN2822s.jpg DSCN2867s.jpg
  ♂ (今年生まれの♂でしょうか)     ♂
DSCN2876s.jpg DSCN2871s.jpg
  ♀                 ♂

ハス田ではモズの高鳴きをよく耳にします。遠いですが電線のあちこち
に止まって縄張り宣言をしています。縄張りの範囲が分からないので別
個体かどうかも分かりません。



               ***



以下は田園の秋草に訪れた蝶です。

DSCN2966s.jpg

野薊にツマグロヒョウモン♀




DSC_5904s.jpg

背高泡立草にツマグロヒョウモン♂




DSC_5910s.jpg  

イチモンジセセリ




DSCN3000s_201810182051259be.jpg

ウラギンシジミ♂




DSCN3016s.jpg

アカタテハは野薊に来ていましたが、熟柿の汁も吸っていました。



                *



その他

DSC_6001s.jpg

野菊にホバリングしながら吸蜜するホシホウジャク。




DSCN2902s.jpg

アオイトトンボでしょうか。



用事を控えていたのでゆっくり出来ませんでしたが、定期的に立ち
寄れる長須賀のハス田での観察は楽しみの一つになりました。


最後までご覧下さり有り難うございました。[全文表示]
 
スポンサーサイト

トラックバック