FC2ブログ

9月のハス田

2018.09.20.Thu
2018年9月18日

用事がてら長須賀(千葉県木更津市)のハス田に立ち寄りました。
夏のハス田ではコサギ、チュウサギ、ダイサギの混群を見かけました。

DSCN0204s.jpg

この日のチュウサギは秋の渡りの群れを形成し、いよいよ南へ渡る
準備でしょうか。




DSCN0207s.jpg

ズームアップすると黄色い嘴の先端は黒く、既に冬羽になっています。




このチュウサギ親子は草地に佇んでいました。

DSCN0077s.jpg

夏鳥のチュウサギは日本で子育てをし、秋には南へ渡って越冬します。




チュウサギが南へ渡る秋、北からコガモが越冬のために飛来しました。

DSCN0100s.jpg

冬鳥では先陣を切って渡って来たコガモです。雄は繁殖期を過ぎた後に
雌のような羽色(エクリプス)になり、到着時のコガモの雌雄は区別し
難いそうです。




DSCN0162s.jpg

この羽色は雄ですが、そのうち綺麗な生殖羽に変化するのが楽しみです。




DSCN0198s.jpg

狗尾草(エノコログサ・猫じゃらし)や韮の花など、野の花が咲き乱れ
る野趣の径は齢を重ねるたびに好きになりました。




この径の先にうずくまる鳥がいます。雨上がりの肌寒い朝です。

DSCN0081s.jpg

ヒバリでした。




DSCN0188s.jpg

モズの高鳴きを今季初めて耳にしました。かなり遠方ですが2羽の
うち1羽♂が電線に止まりました。



                *



ハス田のあちこちに水生植物の面高(オモダカ)が見られます。

DSCN0224s.jpg





DSCN0226s.jpg

花穂の上に雄花、下には雌花が咲く雌雄同株です。




一ヶ所ですが、ハッとするような鮮やかな青紫の花を見つけました。

DSCN0196s.jpg

水葵(ミズアオイ)でしょうか。



               ***



夏場のハス田は、カラスアゲハやキアゲハが吸水に訪れていましたが
この時季は蝶を見かけません。秋の花咲く田園へ移動して、蝶に出合
いました。

DSC_5294s.jpg

畦道の妖艶な曼珠沙華にはキアゲハが吸蜜に訪れています。
(アゲハ♀と記しましたがキアゲハに訂正しました。ブロ友さん有り難うございました)



DSC_5297s.jpg





DSC_5316s.jpg

韮の花にはヒョウ柄のツマグロヒョウモン♂。




DSCN0270s.jpg

黄花コスモスでは、ストロー状の口吻で吸蜜するツマグロヒョウモン♀
を観ました。



                *



3羽の猛禽が「ピックィー、ピックィー」と鳴きながら、飛び回って
います。

DSCN0275s.jpg

遠方ですが、1羽が樹の天辺に止まりました。




DSCN0280s.jpg

喉の中央に黒の縦線があるサシバです。夏鳥として渡来して山地の林で
繁殖します。大群のサシバの渡りで有名な渥美半島の伊良湖岬へ向かう
途中かしら・・・などと想像するだけで楽しくなります。



                *



9月中旬のハス田には、子育てを終えたセイタカシギの親子の姿は
ありません。夏鳥のチュウサギが南へ渡る群れを形成する一方、冬
鳥のコガモが北から飛来しました。初鳴きのモズの高鳴きには秋の
到来を実感しました。里山では渡りの途中である夏鳥のサシバと出
合いました。


最後までご覧下さり有り難うございました。
スポンサーサイト

トラックバック