FC2ブログ

赤色のツツドリ

2018.09.15.Sat
2018年9月13日

鳥友さんからツツドリの情報を頂いた翌朝、宮ヶ瀬湖畔園地
(神奈川県愛甲郡清川村)に出かけました。

DSCN3089s.jpg

到着時は都内より4度低い16度で、日中は都内並みの24度に上がり
漸く秋らしい気温になってきました。




DSCN3084s.jpg

湖面から21mの高さにある「水の郷大吊り橋」からの展望です。
橋下に遊覧船乗り場があります。




DSCN3076s.jpg

長さ315mの吊り橋を渡り切ると、バーダーさんたちを見かけました。



                *



桜に毛虫が発生するこの時季、ツツドリが桜の植え込みにやって来ます。
暫く探索すると、数人のカメラマンが三脚を立てていました。

DSC_5141s.jpg

林の手前、画面中央にツツドリが見えます。




DSC_5143s.jpg

ズームアップすると若鳥でした。




DSC_5162s.jpg





DSC_5136s.jpg

ツツドリは夏鳥として日本に渡来し、渡りの時期に姿を現すといいます。



                *



情報では赤色のツツドリが来ているので期待も大きく、飛翔の姿を見逃
さず、どの樹に止まったかを見定めます。

DSCN3045s.jpg

双眼鏡を覗きながら、つぶさに探すバーダーさんが赤色を発見しました。
肉眼では見えない距離なので、何処?どこ?と声が飛び交います。一度
目を離すと分からなくなりますが、全身が見える位置を探しました。




DSC_5173s.jpg

赤いツツドリが次に移動したのは、枝葉が被らない格好の場所です。




DSC_5251s.jpg

距離も遠くないのでラッキーでした。




DSC_5172s.jpg

確認したのは普通のツツドリ2羽と赤色が1羽でした。今回は若鳥を
撮りましたが、成鳥は飛翔する姿を近くで見ました。

何よりも、目的の赤色のツツドリと出合った喜びは一入です。



                *



ツツドリに集中していたので、他を探鳥する余裕はありませんでしたが
専ら動画の夫はツツドリの若鳥、ハヤブサ、カワセミ、ガビチョウ等を
撮りました。

帰りがけ、ベテランの方が双眼鏡で探したミサゴを教えて下さいました。
枯れ木は見えますが、二又に分かれた枝先には雌雄が止まっています。

DSCN3058s.jpg

かなりの距離なので難しいですが、一枚だけ撮れていました。




バーダーさんたちがまだ残る中、10時半に現場を離れました。

DSCN3070s.jpg

長さ315mの大吊り橋の奥行です。




DSCN3081s.jpg

静まり返った親水池です。爽やかな秋風が心地よく、暫く佇んで
いました。




DSCN3003s.jpg

池の対岸で微かに動いたのは、ヅームアップするとダイサギでした。




DSCN3087s.jpg

飛び石に草が生え、自然の素朴な造形が目に留りました。



               ***



次に向かったのは、宮ヶ瀬湖畔園地から22km離れた平塚市寺田縄
の休耕田です。

DSCN3110s.jpg

休耕田は他にもありますが、この一枚にタマシギの親(♂)子(4羽)
が隠れているそうです。




土を盛り上げた田畑の境に親鳥が現れることもあるそうです。

DSCN3099s.jpg

その畔に注意を向けていたところ、ヒバリが2度現れただけでした。




到着後2時間ほど待機するもののタマシギの動きが見られません。

DSCN3108s_20180915215444496.jpg

休耕田の隣はお米が実って、もうすぐ収穫でしょうか。




帰り支度を始めると、遠方に猛禽が見えました。

 DSCN3130s.jpg

オオタカの若鳥でしょうか。




DSC_5270s.jpg

たわわな稲穂と今季初見の彼岸花です。




DSC_5263s.jpg

一週間後には彼岸の入りを迎えます。今夏は過去にない酷暑でしたが
いよいよ待ちかねた秋の訪れです。

情報を頂いたお陰で、赤色のツツドリの初見・初撮りが叶いました。
タマシギは今後の楽しみになりました。


最後までご覧下さり有り難うございました。[全文表示]
スポンサーサイト

トラックバック