FC2ブログ

巣立って間もないオナガの幼鳥

2018.08.02.Thu
2018年7月30日

街でツバメの営巣が見られなくなって数年になります。今年はツバメに
代わってオナガの営巣があり、巣立って間もない幼鳥を初めて観察する
ことが出来ました。

住宅街で「ゲー、ゲー、ゲー」と、けたたましい声が響いています。
オナガの夫婦が幼鳥3羽を連れてやって来ました。

DSCN0281s.jpg

幼鳥は親鳥が運んで来る食べ物をひたすら待ち続けています。




DSCN0282s.jpg

親が現れました。




DSCN0685s.jpg





DSCN0691s.jpg

空腹の子どもは口を開けて凄まじい催促をします。




DSCN0649s.jpg

やっと食事にありつけました。
親は一瞬の給餌を終えると直ぐに飛び出して行きました。



               *



巣立って間もない幼鳥は住宅のフェンスを枝に見立てて動く練習で
しょうか。近くに親がいれば安心して励むことが出来ます。

DSCN0704s.jpg

おっと危ない!咄嗟に親に縋ります。




DSCN0706s.jpg





DSCN0707s.jpg

必死にバランスを取りながら・・・セーフ!です。




DSCN0377s.jpg

こちらの幼鳥はフェンスから落ち、上を見ながら立ちすくんでいます。




DSCN0612s.jpg

兄弟の1羽が落ちたことに気づきました。




DSCN0509s.jpg

親は下に落ちた子を静かに見守っています。
幼鳥は暫くして自力で戻って来ました。




DSCN0548s.jpg

この子は飛び出したものの舞い上がることが出来ず、落下寸前に
網戸に掴まりました。




DSCN0580s.jpg

かなりショックだったのでしょう。網戸から離れると親を呼び
続けていました。




DSCN0530s.jpg

巣立ち後の幼鳥はよく落下します。一緒に生まれた兄弟同士
無関心ではいられません。



                *



DSCN0525s.jpg

幼鳥3兄弟は成長に多少の差があるようです。




DSCN0526s.jpg





DSCN0341s.jpg

この子はフェンスで羽ばたきの練習を始めました。




フェンスから飛び出したものの思うようには飛べず、重機に着地
しました。移動しょうにもエネルギーの充電を待つ他ありません。

DSCN0535s.jpg

褐色で尾羽はまだ短いですが・・・。




ゴマ塩頭、ピンクの嘴、カメラ目線の円らな瞳が可愛いです。

DSCN0538s.jpg





ウトウトと眠そうな幼鳥ですが、ハタと眼を開けました。

DSCN0644s.jpg    DSCN0645s.jpg

眠くてお腹はペコペコで、親が戻るのを待ち焦がれています。




DSCN0739s.jpg

親鳥は高いアンテナに止まって「ゲー、ゲー、ギー、ギー」と鳴き
続けています。縄張りや警戒の声というより、俯瞰する幼い我が子
たちへのエールに聴こえました。



最後までご覧下さり有り難うございました。
スポンサーサイト



トラックバック