FC2ブログ

梅雨晴間

2018.06.11.Mon
2018年6月9日

梅雨の晴れ間に里山を散歩しました。田植え後の苗は生育が盛んで
緑豊かな田園の風景が広がっています。

DSCN7718s.jpg

アオサギが獲物を捕らえるために、田んぼの真ん中でじっと佇んで
います。




DSCN7715s.jpg

このアオサギ♂は頭に長い飾羽をなびかせ、目元は黄色から青紫に
変わっています。これは繁殖期に見られる婚姻色だそうです。




DSC_2700s.jpg

他のサギ科の鳥が見えない日でもアオサギだけは姿を現します。




DSC_2679s.jpg

広々した田んぼに着地するアオサギの翼は150cm以上もあり
サギ科では最大です。




DSC_2703s.jpg





DSC_2719s.jpg

土手ではヒバリの囀りが賑やかです。舞い上がった空中でホバリング
をしながら囀りますが、草地すれすれで囀る個体を見かけました。




DSCN7727s.jpg

こちらはロープにやって来て、バランスよくつかまり立ちしました。




DSCN7728s.jpg

ヒバリ♂は30秒ほどして囀り始め、縄張りを守り続けています。




DSCN7724s.jpg

かなり遠方ですが、ヒバリの親鳥が青虫を咥え、巣立った雛に
餌を運んで来ました。 



                 *



DSCN7757s.jpg

林に入るとモズ♂の幼鳥と出会いました。




DSCN7760s.jpg

枝から枝へ飛ぶのが楽しくてしょうがない様子です。




DSCN7761s.jpg

巣立ち後、初めて見る世界に興味津々の様子で、下を覗き込み
空を見上げていました。



               ***



DSC_2740s.jpg

雑木林の林縁で初夏から初秋まで見られるヒカゲチョウです。
濡れた地面から吸水しています。




DSCN7628s.jpg

ハルジオンに訪れたモンキチョウとモンシロチョウ。




DSCN7651s.jpg

左は黄色のモンキチョウ♂、真ん中♀は白っぽく、右はモンシロチョウ。




DSC_2601s.jpg

モンキチョウとモンシロチョウの乱舞が見られました。




DSC_2602s.jpg





DSC_2584s_201806111605338df.jpg

イチモンジセセリが吸蜜するハルジオンに、ミツバチもやって来ました。




DSC_2718s.jpg

アカツメクサの蜜を吸いに来たアカタテハ。




DSC_2663s.jpg

ベニシジミは春から初夏にかけて、平地で最も多く見かけました。




DSCN7748s.jpg

橙色の小さなベニシジミには親しみを覚えます。



                 *



梅雨に入った直後、晴れ渡った朝を迎えました。予報では当面雨が
続きそうなので急きょ郊外の田園地帯へ車を走らせました。

暮らしたこともない里山ですが何故か深い郷愁を覚えます。広々し
た田園に佇むと、都会の喧騒にまみれた身心が浄化される思いです。
遠征で憧れの鳥に出合う喜びは大きいですが、身近な鳥や親しい蝶
等をあらためて見るのも楽しいものです。


最後までご覧下さり有り難うございました。
スポンサーサイト

トラックバック