FC2ブログ

オオタカ&カイツブリ

2018.04.18.Wed
2018年4月16日

このところ遠征が続いたので、今回は東京の和田堀公園(杉並区)の
オオタカと薬師池公園(町田市)のカイツブリの家族を訪ねました。

DSCN3584s.jpg

和田堀公園の駐車場を出て善福寺川の「おくまいはし」(御供米橋)付近
に差し掛かるとコバルトブルーが眼前を過りました。




DSCN3586s.jpg

近くの護岸に降りたカワセミは嘴に川エビを咥えていましたが、瞬時に
飛び立ってしまいました。




DSCN3629s.jpg

善福寺川に沿って歩くとこんもりとしたヒマラヤ杉の林が見えます。
ヒマラヤ杉に向けて四方八方からカメラの三脚が置かれ、両岸に及
んでいます。




DSCN3606s.jpg

枝で羽を休めるオオタカを見つけましたが林は暗く、逆光なので
撮るのに一苦労です。




DSCN3607s.jpg

この位置で証拠写真を撮ることが出来ました。居合せた皆さんは
ベストショットを狙って長時間待たれています。




川の所々には闌けた菜の花が咲き残っています。

DSCN3636s.jpg

カルガモのペアが何組も通り過ぎて行きました。




DSCN3631s.jpg

ツバメは巣材の泥をひっきりなしに運んでいます。




DSCN3622s.jpg

街で営巣を見かけなくなりましたが、自然条件が揃った環境であれば
東京のツバメも健在なのですね。




DSCN3658s.jpg

帰りがけに和田堀池を覗くと、カラスがアオサギの前後左右を
執拗にウロチョロして、からかっています。




DSCN3659s.jpg

アオサギも堪忍袋の緒が切れ、すっくと立って睨みつけると、カラスは
慌てて逃げ去りました。



               ***



和田堀公園を後にして次に向かったのは町田市の薬師池公園です。

DSCN3673s.jpg

初夏を想わせるような萌える若葉の街路樹を走行すると、左側に
国士舘大学の町田校舎が見えました。




薬師池公園は広そうなので散歩中の地元の方にお訊きすると「この先を
行くとカメラの人が大勢いるので直ぐ分かりますよ」とのことでした。

DSCN3809s.jpg   DSCN3810s.jpg

広い薬師池の中にポツンとカイツブリの浮巣が見えました。




DSCN3830s.jpg

カイツブリのお母さんが背中と両腕に雛を抱えています。




DSCN3880s.jpg

何やら甘えている雛の様子も覗えます。




DSCN3733s_201804181652556b2.jpg

背中と両腕に潜っていた雛たちですが、ばらけると子どもは4羽
否、5羽でした。




DSCN3759s.jpg

1羽はすでに浮巣から出ていました。




DSCN3715s.jpg

お父さんが行ったり来たりして小魚を雛に与えていましたが
お母さんも浮巣から降りて餌の確保に奔走していました。




DSCN3718s.jpg

「さぁ~お食べ」と親が小魚を差し出すと・・・




自立心が芽生えた雛は受け取りません。

DSCN3709s.jpg

「本当にいいのかい?」と視線を交わしています。




DSCN3722s.jpg





DSCN3710s.jpg

親は向きを変え、浮巣にいる雛に餌を持って行きました。




DSCN3859s_20180418164727b61.jpg

カイツブリ夫婦は、子どもたちの日々の成長に気付いたことでしょう。



               *



桜が散ると瑞々しい若葉で溢れ、春を惜しむ間もなく新しい季節に心地
良さを覚えてしまいます。移りゆく季節の勢いに背中を押される思いで
これからは初夏の鳥見が楽しみになりました。


最後までご覧下さり有り難うございました。
スポンサーサイト

トラックバック