「新宿御苑」 晩春

2013.04.27.Sat
2013年4月27日

花吹雪透きとおるまでたちつくす     コウコ

「東京国立博物館」の庭園開放で出会った兼六園菊桜は
都内に2本しかないそうです。
開花は観たものの、満開を観たい気持ちに駆られて
「新宿御苑」に行って来ました。

新宿門から入り、インホメーションセンターに立ち寄りますと
花々の見頃が詳細に表示されていました。(4月19日現在)
晩春の桜では、兼六園菊桜と梅護寺数珠桜が見頃で
他は全て葉桜と表示されています。

兼六園菊桜をひたすら目指し、探しに探してやっと辿り着きました。
後から来た青年2人は「やっと見つけたよ!」と
仰ぎながら感嘆の声をあげていました。

兼六園菊桜(本数1本)
DSCN6402 (640x480)

DSCN6452 (640x533) DSCN6396 (640x480)  
ケンロクエンキクザクラ
色と形:淡紅色  系統:サトザクラの栽培品種
特 徴:石川県金沢市の兼六園に孝明天皇より下賜されたと伝えられる
    原木があった。     「インホメーションセンター」より

DSCN6448 (640x518)
道の左の桜木が兼六園菊桜ですが
目立たないので通り過ぎてしまいそうです。
立ち止まり見上げることで、会うことが出来たのでした。
200~300枚の花びらの球体が鈴なりで
なんとも可愛らしいのです。

桜は8分咲きの午前中が最も美しいそうです。
兼六園菊桜の中心部の濃い花弁の特徴が
見られないのは少々残念です。
しかし、落花前のぎりぎりで駆けつけることが出来き
ホッとしたのでした。


梅護寺数珠掛桜(約5本)
DSCN6429 (640x557) DSCN6423 (640x604)  
バイゴジジュズカケザクラ
色と形:紅色  系統:サトザクラの栽培品種
特 徴:新潟県京ヶ瀬村の梅護寺に原木がある。
    親鸞聖人が数珠をかけた桜に
    数珠のような花が咲いたという伝説が名前の由来。
          「インホメーションセンター」より
    花弁100~200枚 中輪八重

               ***


葉桜の関山、普賢象、福禄寿等の枝に花が少々残っていました。

関山(約110本)
DSCN6436 (640x542)
カンザン:濃紅色の大輪八重
江戸時代後期(1800年代)から記録があり
荒川堤から広まりました。
「花は関山、葉は大島」といい
色合いと香りから花漬には濃紅色の関山を
葉の塩漬には大島の若葉を使うのだそうです。

普賢象(約80本)
DSCN6381 (640x590)
フゲンゾウ:淡紅色の大輪八重
室町時代(1400年)からある最古の品種です。

福禄寿
DSCN6442 (640x575) DSCN6447 (640x491) 
フクロクジュ:淡紅色の大輪八重
見事な高木の樹形を眺めて、満開の立ち姿を想像しました。
明治時代(1800年代後期)に荒川堤から広まり
七福神の福禄寿にちなんだ名前です。


DSCN6379 (640x480) DSCN6392 (640x636) 
葉桜の染井吉野は樹々の若葉と共に、森に溶け込んでしまいました。
晩春を彩った八重桜のほとんどが花を散らし、幕を下ろしつつあります。
この時期に桜を観に来たのはあの2人の青年くらいで
桜の下では誰にも遭いませんでした。

               ***

道筋で目に止まりました。
椿
DSCN6362 (640x596) 

DSCN6353 (640x608) DSCN6359 (640x574)

DSCN6367 (640x584) DSCN6225 (640x625)

DSCN6224 (640x590) DSCN6364 (640x549) 
「新宿御苑」には椿の林があるので、いずれ観たいと思います。


ヤマトシジミとハルジオン
DSCN6472 (640x544)
体長10mm前後
日本一小さなシジミチョウで71種類もあります。


今回は兼六園菊桜を観るために来たので
見頃の花々を巡ることは出来ませんでした。
「新宿御苑」の18万坪の庭園を観るには丸1日かかりそうです。
「清澄庭園」の6倍の広さでした。
DSCN6230 (640x575) DSCN6229 (640x413)
  (画像の上でクリックすると拡大します)

                ***

「新宿御苑フォトコンテスト 2012」
インフォメーションセンター内のアートギャラリーで開催(4/19~4/24)
カメラを通して「新宿御苑」の魅力を発見するイベントだそうです。


DSCN6235 (640x487) (2)
環境大臣賞 「散歩道・冬枯れ」安藤和氏(東京都)

DSCN6239 (640x396)


                ***


DSCN6240 (640x486)
環境賞自然環境局長賞 「ピンクのジュウタン」萩原恒夫氏(東京都)

DSCN6243 (640x403)

                ***

見たことのない景色に驚嘆しました。
1,866点の応募中、頂点の2作品です。(入賞作品39点展示)
前者の絵画のような描写には、個性と芸術性を感じました。
後者の千載一遇のチャンスをものにした描写には
息を呑むほど圧倒されました。
足しげく通い、見ようとする者にしか見えない景色だと思います。

人様のブログを訪問しては写真の素晴らしさも知りました。
これまでの私には知らない世界でした。
写真の力と可能性は凄いです。


DSCN6475 (640x455)
同じ場所に立ってプラタナスの並木を眺めました。
これから四季折々の景色が楽しめそうです。

自分の都合で動いていた私でしたが、
花は待ってくれないと諭された日でした。

スポンサーサイト

コメント

2013-05-14.Tue 21:57
ー松井大門さんー
この度の作品展の開催おめでとうございます。
いつも水彩画を楽しませて頂いており、
絵の中の澄んだ空気が伝わってきます。
これからも宜しくお願いいたします。
URL|コウコ #-[ 編集]

2013-05-12.Sun 20:16
何かと展覧会の準備で忙しくて
訪問のほう遅れてどうもすいません
URL|松井大門 #-[ 編集]

2013-04-28.Sun 10:20
ブログにコメントありがとうございました
過大評価なコメントでいささか戸惑いました(笑)

「花吹雪背中押しやる父と母」

ケンロウエンキクザクラ・・まだ咲いてるんですね
こちらでもう咲いて・・すぐといえるほど
早く散りました・・暑い日があると駄目ですね
今年は咲く時間が少なかった・・
200種類ほどある桜のほとんどが早く散ってしまい
八重桜は写しきれませんでした

>自分の都合で動いていた私でしたが、
花は待ってくれないと諭された日でした

これには思わずニンマリ~ですが
わたくしも自分の都合優先主義ですので
時々衝突します・・結局負けますが(爆)
これからもよろしくです
URL|ぱふぱふ #-[ 編集]

コメントの投稿

トラックバック