FC2ブログ

里見公園&じゅん菜池

2018.03.01.Thu
  2018年2月27日

このところ鳥見の遠征が続いたので朝10ごろ、ふらりと近場に
行って来ました。

里見公園(千葉県市川市)では驚いたことに、いま各地で話題の
レンジャクと出合ったのでした!

DSCN9678s.jpg

尾の先端が赤いのでヒレンジャクでしょうか。日本には個体数が少ない
冬鳥として渡来し、群れで行動することが多いそうですが、1羽でした。




里見公園ではエナガの群れを高い木に見かけるので、つい上を向きがち
になります。それが幸いして梢のヒレンジャクに気付きました。

DSCN9697s.jpg  DSCN9675s.jpg

然しながら肉眼では識別出来ないほど遠く、ズームアップしたものの枝
被りでアタフタしているうちに飛び去ってしまいました。
証拠写真で終わってしまったのは残念です。 全長17.5cm



                *



成鳥のルリビタキには逢えず、少し離れた所の若鳥♂を見に行きました。

DSC_3867s.jpg





DSC_3921s_20180301110449e5f.jpg

初めて見たのは昨年12月ですが、2ヵ月余りでこれほど変身するとは!
色合いが鮮明になり見違えるほどです。当初は見るからに幼鳥なので
刺激を与えないように、居合わせた方々と内緒にしたのでした。




DSC_3825s.jpg

青色の美しい羽になるまで3年ほどかかるそうですが、今は愛らしい
幼けなさに惹かれます。




DSC_3730s.jpg





園内では冬鳥のアカハラとシロハラを見かけました。

DSC_3695s.jpg

アカハラ




DSC_3631s.jpg

シロハラ




DSC_3669s.jpg

モズ♀



               ***



里見公園とじゅん菜池の梅は蕾の木が多く、見頃は先のようです。

DSC_3298s_20180301110235149.jpg

梅林の此のジョウビタキ♂は驚くほどフレンドリーです。多くのカメラ
マンに囲まれて、さまざまなポーズで愛嬌を振りまいています。




DSC_3268s.jpg

何度も丁寧な羽繕いをしていました。




DSC_3273s.jpg





DSC_3369s_20180301110148b56.jpg

梅林を飛び回っていましたが、この個体は前年も越冬したそうです。




DSCN9564s.jpg

白の枝垂れ梅は満開です。




池ではこの時季、コガモの求愛行動が見られます。

DSCN9604s.jpg

1羽の雌に何羽もの雄が取り囲んでいました。




DSCN9596s.jpg

コガモ♂の求愛ディスプレイです。




DSCN9597s_20180301110019c38.jpg

あらら・・・また振られました。




DSCN9600s.jpg

中にはこんな光景も・・・。




DSC_3582s.jpg

ヒドリガモの飛翔。




DSC_3463s.jpg

ハシビロガモ。




DSC_3547s.jpg

数百羽の鴨たちが越冬中です。



                *



里見公園は高台にあり、西側の崖下は江戸川です。

DSCN9702s.jpg 




このコブハクチョウは江戸川に1ヵ月ほど前からいるそうです。

DSCN9710s.jpg





DSCN9713s.jpg

釣りのおじさんから「草を食べるよ」と教えて貰ったお子たちが早速
摘んで来ては与えていました。


里見公園とじゅん菜池の距離は2km弱です。自宅から十数キロなので
時間が空くとふらりと来て、2ヵ所の鳥見を楽しんでいます。



最後までご覧下さり有り難うございました。
スポンサーサイト

トラックバック