FC2ブログ

宮ケ瀬&丹沢

2018.02.26.Mon
2018年2月24日

冬の宮ヶ瀬(神奈川県愛甲郡)は初めてです。早戸川橋に朝8時に
到着、気温は氷点下4度。先着の車は3台でした。

DSCN9254s.jpg

スリップしそうな一面の雪に注意しながら、早戸川林道に歩を
進めます。




DSCN9400s.jpg

早戸川橋の朝は人影もなく心細かったのですが、日中はクマタカ狙い
のバーダーさん等を見かけました。




DSCN9260s.jpg

雪道をノロノロ歩いていると、レパートリー豊かなガビチョウの独唱と
2羽のカケスの大声に励まされます。




DSCN9304s.jpg

1時間もするとベニマシコ♂と出合いました。




DSCN9274s.jpg






DSC_2823s.jpg





DSC_3018s_20180226135110cac.jpg

ベニマシコは数ヵ所で見かけたものの、ほとんどが枝被りでした。




DSC_3116s.jpg

ようやく撮れた最後の1枚です。想えばベニマシコの初見・初撮りは
昨年3月、この早戸川林道でした。



                *



ベニマシコに夢中になっていると、一瞬、ルリビタキが現れて林道を
横切りました。

DSC_2978s.jpg

越えたフェンスへ駆け寄り、腰を屈めて隙間を覗くとルリビタキが
枝で待っていました。



DSC_2977s.jpg

「ココまでおいで」と言わんばかりのカメラ目線です。




DSC_2957s.jpg



                *



DSCN9347s.jpg

雪道は難儀ですが、溶けた所もあって幾分気が休まります。




DSCN9380s.jpg

林道から湖を眺めると、対岸に数十羽のホシハジロの群れが見えます。
他にマガモ、カンムリカイツブリ、カルガモ、カワウ、アオサギが
寛いでいました。




DSCN9333s.jpg

汁垂隧道付近の雪道。




DSCN9354s.jpg

隧道から折り返し、早戸川橋に戻るとお昼でした。



                *



昼のお弁当は何時も奥野隧道付近に移動します。小さな広場にベンチと
東屋、仮設トイレがあります。

DSCN9403s.jpg

此処はこのジョウビタキ♂の縄張りでしょうか、よく見かけます。



               ***



午後からは丹沢へ移動しました。

DSCN9450s.jpg

先ずはカワガラスのポイントに向かいました。
人影はなくエナガの群れの声を聴くばかりです。




DSC_3224s.jpg

すると、ガードレールの下に舞い降りた1羽が至近距離にいました。
一見スズメかと思いましたが、見たことの無い地味な鳥です。




DSC_3154s.jpg

調べてみると日本特産種のカヤクグリ(茅潜)です。レッドリストの
指定を受けている都道府県がありました。全長14㎝ 留鳥/漂鳥




DSC_3207s.jpg

高山の鳥ですが冬は降りて来て、林の中や沢沿いの藪で見かけることが
多いそうです。草の種を食べている様子でした。



                *



ここでは必ずカワガラスに逢えるものの、距離があります。

DSCN9461s.jpg

鳴きながら渓流の数十メートル間を行ったり来たりするので、こちらは
駆けっこで、すっかり遊ばれてしまいました。




DSCN9422s.jpg

一瞬ですが、カワガラスとキセキレイのツーショットです。




DSCN9492s.jpg

泳ぎながら水中に首を突っ込み、潜水しては川底の餌を探しています。




DSCN9478s.jpg





DSCN9445s.jpg

縄張り争いか、カップルか、2羽は何度も追い駆けっこをしていました。
2羽が近くに降りたのは初めて見ましたが、直ぐに飛び立ちました。


出掛けてみれば、人や鳥との一期一会は新鮮で嬉しいものです。



        DSCN9297s.jpg
      釣り名人に見せて頂いた相模原産「旬のワカサギ」です。


最後までご覧下さり有り難うございました。
スポンサーサイト



トラックバック