FC2ブログ

ツルシギ&ミコアイサ

2017.12.28.Thu
2017年12月26日

池内水路沿いをテクテク歩いていると、夏鳥のツルシギと冬鳥の
ミコアイサに出合いました。

DSCN4852s.jpg

彼方に富士山のような男体山(栃木県日光市・2,486m)が見えます。




DSCN3394s.jpg

12月上旬に見かけたツルシギは一人ぽっちでした。南半球に帰らずに
渡良瀬遊水地で冬を越す姿が侘しそうでした。




DSCN3873s.jpg

その後、2羽のツルシギを見たのは中旬です。




下旬には3羽が一緒でした。一人ぽっちのツルシギが2羽に合流した
らしいのです。

DSCN5314s_201712281415193f6.jpg

3羽は仲良く行動を共にしています。




DSCN5297s.jpg





DSCN5377s.jpg

1羽が水浴びを始めると右へ倣いで、次々と元気な水浴びを披露して
くれました。




DSCN5379s.jpg





DSCN5392s.jpg





DSCN5385s.jpg

中の1羽が翼を広げ、飛び上がる瞬間を偶然に撮ることが出来ました。



               ***



DSCN5026s.jpg

池内水路を下って行くと川幅が広くなり、東谷中橋からは渡良瀬遊水地
の広々とした景観が望めます。クリスマスも過ぎ、いよいよ年の瀬です。
何時も見かける多くの釣り人の姿は一切ありません。




DSCN4945s.jpg

橋に佇んでいると、遠くにミコアイサの群れが現れました。即座に
水路沿いを駆けて行くと、1羽の雄に3羽の雌です。




DSCN4955s.jpg

一家族なのか、モテモテのミコアイサ氏なのか分かりません。




DSCN4946s.jpg




                *




DSCN4987s.jpg

こちらは2羽の姉妹でしょうか。




DSCN4906s.jpg

一羽が羽ばたきました。




DSCN4907s.jpg





DSCN4970s_201712281409442a9.jpg

これまで此の2羽らしい姿を見かけたことがあります。




DSCN4982s.jpg

少し離れてもう1羽がいました。全部で雄1羽、雌6羽でした。彼らは
水路に沿って潜水したり浮上したりと餌の確保に忙しそうです。暫くし
て突然カワウの群れが騒ぎ始め、一斉に飛び立ちました。するとミコア
イサも連動して次々と去って行きました。第一調節池へ向かったのかも
しれません。




DSCN4995s.jpg

もぬけの殻となった水路ですが、セグロカモメが浮いた魚を黙々と
引っ張り上げていました。(冬鳥)




DSCN5011s.jpg

カモメ類は海の掃除屋さんと呼ばれていますが、魚の始末をする姿を
見ていると、これも自然の循環なのでしょうか。



                *



DSCN3974s.jpg

谷中湖の水鳥たちはヨシ沿いにいて、他は数ヵ所に分散して集まって
いました。遠方に筑波山が見えます。




DSCN5061s.jpg

谷中湖でもミコアイサ♂を何羽も見かけました。見慣れてくると遠目で
も白いので分かり易いです。




DSCN5036s.jpg





DSCN5054s.jpg 




年の瀬とあって釣り人は見かけず、第一調節池のハイイロチュウヒ狙い
は別としてカメラマンも俄然少ないです。先日は早朝氷点下5度でした
が今回は1度でした。鳥見は2度でスタートしたので楽でした。気温も
上がり、日中の風は穏やかで絶好の鳥見日和でした。




        DSCN5091s.jpg 
          カヌースプリント  谷中湖



最後までご覧下さり有り難うございました。
スポンサーサイト

トラックバック