FC2ブログ

憧れのオオマシコ

2017.12.14.Thu
2017年12月12日

オオマシコに逢いに早朝4時30分、都内から車で埼玉県民の森(秩父
郡横瀬町)へ向かいました。埼玉県に入ると気温は5度から2度になり
入間市からは氷点下1度、正丸トンネルを通過する頃は氷点下3度です。

DSCN3525s.jpg

横瀬町の丸山(標高960m)の山道を走行すると、石灰岩の採掘で名
高い武甲山(秩父市と横瀬町の境に位置する標高1,304m)が見えたので
車窓から撮りました。




DSCN3552s.jpg

埼玉県民の森は閉園中(12月1日~平成30年2月末日)ですが園内
に入ることは出来ます。車は通行止めなので後方の駐車場に入れました。




DSCN3529s.jpg 

丸山の森林地帯はすでに薄い積雪がありました。




DSCN3556s.jpg

眼下に秩父盆地が見えます。

程なくしてバーダーさんたちの姿を目にしました。お目当てのオオマシコ
を待っていました。総勢約30人です。


               ***



DSC_8784s.jpg

まず淡褐色のオオマシコ♀の登場です。オオマシコはシベリア方面から
日本に渡来する冬鳥で、数はそれほど多くないそうです。




DSC_8789s.jpg

別の個体ですが、同じく端っこに止まりました。(体長約17cm)




DSC_8850s.jpg

オオマシコの雌雄がようやくフレームに収まりました。




DSC_8878s.jpg

その後、2羽は下に降りて採食を初めました。




DSC_8921s.jpg




鮮やかな紅色のオオマシコ♂の登場は数分後でした。カメラ目線です。

DSC_8982s.jpg

成鳥と若では印象が異なります。




DSC_9053s.jpg





DSC_8916s.jpg





DSC_9013s.jpg

何か採食しました。




DSC_9017s.jpg





DSC_9063s.jpg

シャッターの連続音の中、彼らの食事ショーは12分ほどでした。
隣の方と一致した個体数は5羽でしたが、今季は7羽来ているとの
情報があるそうです。




DSCN3536s.jpg

管理事務所のある園内への雪道は足跡もなくひっそりとしています。

次のオオマシコのお出ましは何時とも知れず・・寒がりで長丁場は
苦手とあって、これでいいとしました。帰る方、残る方と様々です。



               ***



林道では時々カラスやヒヨドリの声を耳にしますが、小鳥の気配が
ありません。諦めていると森閑とした中に、混群の愛らしい鳴き声
がありました。

DSCN3575s.jpg

ヤマガラ(全長14cm 留鳥/漂鳥)




DSCN3581s.jpg

ネクタイ模様が太いシジュウカラ♂(全長14cm 留鳥)




DSC_9144s.jpg

コガラ(全長12cm 留鳥)




DSC_9128s.jpg

コガラが風に煽られて地面に降りて来ました。




DSC_9099s.jpg

何か採食したようです。頭は黒のベレー帽を想わせます。




               ***



昼食のお弁当を食べて山道を下り299号線のコンビニではホット
コーヒーで休憩し、そのまま数十分の昼寝をしました。

帰路では狭山湖入口の交差点に差し掛かったので急きょ狭山湖に
寄り、日の入前後の景色を見ることにしました。

DSCN3677s.jpg

この時間帯ではバーダーさんもいませんが、数人が湖面越しの
富士山を撮りに来ていました。




DSCN3693s.jpg

湖畔には何時も通りのマガモとコガモの群れがいます。




DSCN3742s.jpg

入日時には給水塔の先の対岸方向に砂粒のような光景が現れました。




DSCN3739s.jpg

なんとカンムリカイツブリの大群です。




DSCN3701s.jpg 

マガモが寄り添う湖水は透明です。狭山湖は雲取山(東京都最高峰・
2017m)等の山々を水源とする水道水の貯水池だそうです。




        DSCN3733s_201712142032573dd.jpg


最後までご覧下さり有り難うございました。
スポンサーサイト



トラックバック