FC2ブログ

ミサゴの狩り

2017.11.22.Wed
2017年11月21日

一昨日、谷津干潟に立ち寄ったものの夕刻だったので思うように撮れ
ず、あらためて谷津干潟にやって来ました。夫が、今日は時計回りに
行こうと言うので、何時もとは違うスタートになりました。

DSC_8043s.jpg

潮が引いた干潟には冬の水鳥が勢揃いです。何から撮っていいか一瞬
迷い、空中に飛翔するダイサギ、コサギ、カワウに目がいきました。
カメラを向けたもののなかなかシャッターを切れずにいると、忽然と
ミサゴが現れたではありませんか。干潟の上を旋回することなく一直
線に来て飛び込みました。




DSC_8039s.jpg




DSC_8040s.jpg

水中から飛び出したミサゴは果たして狩りに成功したでしょうか。
カモ類はミサゴが来ても逃げず、魚が主食だと知っているのでしょう。




DSC_8041s.jpg




DSC_8042s.jpg

なんと足にはしっかり魚を捕えていました。獲物はボラでしょうか。




DSC_8045s.jpg

翼を水平にして悠然と干潟を去って行きます。




DSC_8046s.jpg

ヨシ原を越えて林の方へ向かって行きました。お気に入りの木に止まり
食事するのかもしれません。



DSC_8105s.jpg

谷津干潟ではボラの幼魚の大群を見かけます。東京湾と繋がり、干満に
よる潮の出入りがあるそうです。水鳥にとっては豊かな餌場です。欄干
から下を覗くと、澄んだ水の中に大小のエイが泳いでいました。



               ***



DSC_8022s.jpg

一昨日、遠くにセイタカシギの4羽と8羽の群れが隣り合わせにいまし
た。今回は幸い近くに来てくれたので、食事中の様子を見ることが出来
ました。




DSC_8030s.jpg

嘴を左右に振って歩きながら採餌しています。




DSC_8027s.jpg

虹彩は赤色で、黒い背中には光沢がありました。




DSC_8029s.jpg

嘴の先に何かが触れたようです。




DSC_8079s.jpg

両脚に足環があるセイタカシギです。生態を知る手がかりとは言え華奢
な両脚に装着され、本当にご苦労様です。




DSCN1957s.jpg

勢揃いした水鳥でしたが、ミサゴの後にカモ等を襲うオオタカが現れて
干潟から飛び去って行きました。特に東側の干潟はがら空きでした。


「引き潮なら鳥が見られると聞いて来た」と言う方がおりました。事情
を話すと残念がっていました。思えば私も谷津干潟で同じ経験をした事
があります。ハプニングがあったものの、期せずしてミサゴの狩りに出
合えたので来た甲斐がありました。



ご覧下さり有り難うございました。
スポンサーサイト



トラックバック