FC2ブログ

紅葉の大子町

2017.11.12.Sun
2017年11月10日

紅葉のピークを迎えた久慈川と支流の押川、そして袋田の滝を巡って
来ました(茨城県久慈郡大子)

DSCN1175s.jpg

早朝の到着時はマイナス1度で霜が降りていましたが、日中は16度の
穏やかな日和でした。




DSCN1201s.jpg

川沿いは晩秋と初冬が織りなす景観で、彩り鮮やかな中にも深みのある
趣です。




DSC_7344s.jpg

朝日射す紅葉の川沿いを悠然とダイサギが通り過ぎて行きます。




DSC_7448s.jpg

続いてアオサギも下流へ向かいました。


                *



DSCN1105s.jpg

桜紅葉の枝で羽を休めるセグロセキレイ。




DSCN1104s.jpg   DSCN1103s.jpg

河原には多くのセグロセキレイが賑やかに鳴き、飛び交っています。
都内の公園や駐車場にはハクセキレイが来ますがセグロセキレイは
ほとんど見かけることはありません。




DSCN1331s.jpg




DSCN1335s.jpg

セグロセキレイの餌は水辺の昆虫類だそうですが、落葉を一枚一枚
返して餌を探していました。




DSC_7295s.jpg

川沿いにある小さな公園でやっと一羽のハクセキレイと出合いました。
頬が白いハクセキレイと黒い頬のセグロセキレイは、鳴き方も違って
前者は澄んでいますが後者は濁っています。




DSCN1094s.jpg

コバルトブルーのカワセミの飛翔もよく見かけました。視界の範囲内
の対岸に止まるので、双眼鏡を向ければすぐ見つけられました。




DSCN1122s.jpg

モズ♀の縄張り宣言でしょうか。キィーキィーと声を張り
上げています。



DSCN1123s.jpg





DSCN1005s.jpg

トビは電線や杭に長々と羽を休める個体もいれば、上空にゆったりと
飛翔しています。散策中、トビは常に視界にありましたが、彼らから
見れば当方は射程圏内で、一部始終観察されていたことでしょう。




DSC_7405s.jpg

テリトリー争いのダイサギでしたが。小さい方が優勢です。



DSC_7283s.jpg




DSC_7290s.jpg

冬鳥のカモはまだ見かけず、これは数十羽のカルガモの飛翔でした。



               ***



DSCN1196s.jpg

渓流には鮎や鮭を生け捕りにするヤナ(梁)がありました。




DSCN1186s.jpg

ヤナに放置された鮭が3匹ほど干からびています。




DSCN1192s.jpg

イソシギがヤナにやって来ました。




地元の方から鮭が沢山いると聞き、川面を見つめると魚影の群れが
うごめいています。

DSCN1129s.jpg




DSC_7348s.jpg 

遡上して来た鮭の産卵行動を観察することは出来ませんでしたが・・
浅瀬には産卵を終えた鮭でしょうか、力尽きたボロボロの姿を見ました。


                *



DSCN1203s.jpg

紅葉の山間部を走行する奥久慈ラインの水郡線(水戸―郡山)です。
カラフルな車体に水戸の文字が見えます。




DSCN1232s.jpg

ここでは久慈川と並行して走っていました。



               ***



午後から袋田の滝に移動しました。

DSCN1257s.jpg

紅葉の袋田の滝(日本三名瀑)を見に左の第一観瀑台へ向かいます。




DSCN1279s.jpg

間近に見る水流の迫力は想像以上です。




DSCN1274s.jpg

観瀑台からは、慎重に渡って来た吊り橋も見えます。




DSCN1300s.jpg




DSCN1295s.jpg

振り返ると、紅葉の中の滝と吊り橋が目に焼き付きました。


早朝は今冬一番の寒さでしたが日中は小春日和に恵まれました。今回の
遠征はこれまでに無い走行距離と歩数でしたが、紅葉に魅せられて気分
が弾み疲れを感じませんでした。

最後までご覧下さり有り難うございました。[全文表示]
スポンサーサイト

トラックバック