FC2ブログ

はるばる渡ってきた冬鳥

2017.11.02.Thu
2017年11月1日

三番瀬海浜公園(千葉県船橋市)がリニューアルしたのは7月1日だ
そうで、オープン後の初めての鳥見です。

DSCN0390s.jpg

「ふなばし三番瀬環境学習館」です。芝生の広場には噴水があり、東京
湾を展望できるデッキもありました。


               ***


到着早々、ビロードキンクロがいるとの情報を得ました。東の堤防
には数人のバーダーさんが三脚を立てています。

DSCN0556s.jpg

数百羽のスズガモの陣に、同じ冬鳥として渡来したカンムリカイツブリと
ヒドリガモが入っていました。ビロードキンクロは真っ黒で尾がピンと立
ち、目の近くに三日月の白い紋がある・・・と其の場で教えて頂いたので
捉えることが出来ました。目一杯のトリミングです(初見・初撮り)




DSCN0564s.jpg

ビロードキンクロの特徴である白い次列風切が写っていたのは、この
一枚だけでした。




DSCN0223s.jpg

ビロードキンクロ♂:全長51-58㎝・越冬で日本に渡来した冬鳥。




DSCN0352s.jpg

ストレッチする雄のスズガモ、そしてアオサを頬張る雌。




DSCN0587s.jpg

堤防から眺める突堤にはカワウ、ウミネコ、ミヤコドリでビッシリです。
三番瀬のミヤコドリは千葉県委託調査によると通年見られるそうです。




 DSCN0072s.jpg

突然騒ぎ、一斉に舞い上がったのはトビが上空に姿を見せたからでした。




DSC_6701s.jpg

飛翔のミヤコドリを初めて撮ることが出来ました。




DSC_6702s.jpg



                *



DSC_6802s.jpg

砂浜に降り立ったミヤコドリ。




DSCN0179s.jpg

波打際で寛ぐミヤコドリ。




DSCN0083s.jpg 

幼鳥のミヤコドリが餌を探す様子を、何故か興味深く見ているカラス。




DSCN0153s.jpg

成鳥のミヤコドリがゲットしたのは二枚貝でしょうか。




DSC_6884s_20171102205036d6a.jpg

ウミネコ(中型のカモメ)は一羽が飛んでくると次々とやって来ました。




DSC_6722s.jpg

波打際のウミネコの中に冬鳥のユリカモメ(小型のカモメ)がいます。




DSCN0140s.jpg

冬鳥のセグロカモメ(大型のカモメ・幼鳥)がアオサを採食しました。




DSC_6755s.jpg

茶色のウミネコの幼鳥(左)と足と嘴が赤いユリカモメ。




DSCN0069s.jpg

ミヤコドリが長い帯を成しています。




DSCN0071s.jpg

ミヤコドリの中に分け入る赤い足のユリカモメと黄色のウミネコたち。




DSCN0467s_201711022043051d1.jpg

ミヤコドリとウミネコの中に、ハマシギ(冬鳥/旅鳥)の群れがいます。




DSCN0019s.jpg

ダイゼン(冬鳥/旅鳥)とウミネコ、そして小さな2羽のハマシギ。




DSCN0022s.jpg 

ダイゼンの左足に青と白のカラーフラッグが装着されています。
アオサを食べるのでしょうか。




DSCN0449s.jpg

遠方を眺めると、黒いものが流動している光景が目に留りました。
カワウの大群のようです。




DSCN0457s.jpg

水面から高く上昇することなく、群れは連動しながら飛び回っています。




DSCN0276s.jpg

空中に丸い小さな群れが飛翔し、やがて降下しました。それぞれ
の杭にダイゼン、ネットにはハマシギが等間隔に羽を休めました。


秋も深まり、三番瀬には冬鳥が続々と渡って来ました。いよいよ
冬鳥のシーズンも間近です。



最後までご覧下さり有り難うございました。
スポンサーサイト



トラックバック