FC2ブログ

水辺にある里山

2017.09.28.Thu
2017年9月24日

DSCN9109s.jpg

栃木県を流れる箒川(大田原市)にやって来ました。到着の朝はまだ
靄がかかった情景でした。




DSCN9106s.jpg




DSCN9183s.jpg

橋の欄干ごとに蜘蛛の巣が張られ、どれも美しい水滴模様です。
昔から蜘蛛の巣に水滴がかかると天気は晴れになると言われています。




DSCN9108s.jpg

橋を挟んで其処ここに釣り人を見かけましたが、皆さんはこの土地の
方で顔見知りだそうです。

   ゆく雲の早き流れや下り鮎     コウコ




DSCN9195s.jpg

今は落ち鮎の季節ですが、春に鮎が遡上する頃は大勢のカメラマンを
見かけるそうです。ヤマセミは留鳥ですが、子育ての頃は狩りの頻度
も多いのでシャッターチャンスです。




DSCN9157s.jpg

鮎の釣果は良く、しばらく見ていただけで2匹釣り上げました。
アオサギも鮎を狙っているのでしょうか。




DSCN9164s.jpg

捕食に失敗したアオサギは、戻ってからカキカキしています。




DSCN9134s.jpg

小鳥が箒川を横切って右岸の方向に降りましたが、イソシギでしょうか。
ややあって今度はカワセミが猛スピードで通り過ぎて行きました。



DSCN9240s.jpg

下流へ向かうカワウの大群です。個体数はこの倍以上あります。



               ***



箒川のヤマセミとカワセミは事前に聞いていましたが、現場では鮎釣り
の方に撮影ポイントを教えて頂きました。この時季は容易に撮れそうも
ないので、川沿いの周辺を散策することにします。

DSC_5279s.jpg

水溜まりで産卵する赤とんぼですが、意外と時間をかけていました。




DSC_5317s.jpg

ガマの穂に集まって来る赤とんぼ。




DSC_5157s.jpg

露草の群生とアキメヒシバ。




DSC_5139s.jpg

猫じゃらし、アカツメクサそしてアメリカセンダングサ(帰化植物)に
訪れたキタテハ。子どもの頃、原っぱで遊ぶとアメリカセンダングサの
実が服にくっついて厄介でした。




DSC_5147s.jpg

アキアカネ(赤とんぼ)

   原っぱに昭和が見える赤とんぼ     コウコ




DSC_5266s.jpg

上(♂)下(♀)




DSC_5320s.jpg

ミヤマアカネ




DSCN9447s.jpg

田畑で多くのダイサギとアオサギを見かけました。




DSCN9230s.jpg  DSCN9234s.jpg



                 *



DSCN9454s.jpg

清流の箒川から少し離れている田畑の小川も澄んでいます。




DSCN9456s.jpg

ここでも一瞬、カワセミが下流へ飛んで行きました。




DSC_5327s.jpg

里山でお馴染みのハグロトンボですが、その数の多さには驚きました。




DSCN9406s.jpg

ハグロトンボの雌(前)雄(後)




DSC_5302s.jpg

緑色の金属光沢が美しい雄。




DSC_5335s.jpg 

単独で水草に産卵する雌。

                *



DSCN9476s.jpg

野生化した秋海棠(シュウカイドウ)。




DSCN9474s.jpg

風情ある秋海棠の小径に出合ったのは初めてでした。




DSCN9473s.jpg



もしかしたらヤマセミに出合えるかもと思いつつ箒川へ向かいました。
ヤマセミの撮影は子育ての頃に、再び箒川でチャレンジしたいと思い
ます。今回は期せずして水辺にある里山を散策することが出来ました。


最後までご覧下さり有り難うございました。
スポンサーサイト



トラックバック