FC2ブログ

初秋の古河公方公園

2017.09.17.Sun
2017年9月17日

DSCN8975s.jpg

初秋の古河公方公園(茨城県)を訪ねたのは先週の日曜日でした。入口
管理棟の展示室で開催されている「駒羽根 新写真の会」の写真展では
真瀬勝見氏の作品(コミミズク、雉の雄叫び、アカエリヒレアシシギの
群れの飛翔)を拝見しました。野鳥写真は真瀬氏だけでしたが他13名の
皆さまのバラエティーに富んだ作品を楽しませて頂きました。




DSCN8976s.jpg

管理棟のウッドデッキから望む星湖釣殿。



               ***



DSCN9081s.jpg

園内の雑木林は古河市に残る数少ない関東特有の自然林だそうです。




DSCN9077s.jpg

里山風景が好きなので、足は自然とそちらに向いてしまいます。
万葉歌人の山上憶良が詠んだ秋の七草の最初は萩の花で、いにしえより
親しまれた秋の花の代表でした。




DSCN9078s.jpg




DSC_4987s.jpg

草むらに野生化したシュウカイドウ(秋海棠)を見かけました。
初秋を彩る好きな花の一つです。




DSCN9050s.jpg

黄色のキクイモ(菊芋)と熟した赤紫色のヨウシュヤマゴボウは、共に
北米原産の帰化植物です。子どもの頃の原風景に登場する懐かしい植物
たちですが、いま東京の街中で見かけることはほとんどありません。



               ***



DSC_4945s.jpg

この時季、何処にでもいるお馴染みのイチモンジセセリです。小さな蝶
が小さな花で吸蜜する光景には、ついシャッターを切りたくなります。




DSC_4940s.jpg




DSC_4943s.jpg

ヒメウラナミジャノメ




DSC_4889s.jpg

コスモス畑にも数多くのイチモンジセセリが吸蜜に来ていました。




DSC_4884s.jpg




DSC_4927s.jpg

ツマグロヒョウモン♀




DSC_5006s.jpg

こちらは蛾の一種でしょうか。



               *



DSCN9021s.jpg

蓮池の道では数多くのシオカラトンボが飛び交い、その中に憧れの
ギンヤンマもいます。




DSCN9038s.jpg




DSC_4812s.jpg

彼岸花ですが、ギンヤンマが右上に偶然写っていました。




DSC_4816s.jpg

羊草(ヒツジグサ)




DSCN9036s.jpg

大賀蓮(古代ハス)は結実し、花托の種が今にも飛び出しそうです。
茎の其処ここにバッタを見かけました。




DSCN9012s.jpg

モンキチョウ♀




DSC_4897s.jpg

アカボシゴマダラは外来種(中国)で何処でも見かけました。




DSC_5044s.jpg

ウラギンシジミ(小型)の裏翅は雌雄とも銀白色なので飛翔すると
よく目立ちます。表翅の橙赤色の斑紋は雄で、雌は青白色です。




DSC_5037s.jpg 




               ***



孔雀の飼育小屋を覗きました。

DSCN8989s.jpg

雄が5羽で雌が4羽ほどいます。飼育員さんにお訊きすると小屋は一時
期空き家になり、その後、市民が飼えなくなった孔雀たちを引き取った
そうです。雄の羽は夏の間に抜けてしまい、羽抜鶏ならぬ羽抜孔雀です。
孔雀は意外と獰猛で小屋に侵入するカナヘビを食い殺すそうです。この
孔雀たちは卵を地面に産みっぱなしで抱卵はしません。




DSC_4721s.jpg

新しい羽は秋から冬にかけて生え揃います。繁殖期の4~5月には美しい
飾り羽になるので、雄が羽を広げる見事なシーンを次回は是非見たいと
思います。


ご覧下さり有り難うございました。
スポンサーサイト



トラックバック