清澄庭園 (3月中旬)

2013.03.20.Wed
2013年3月20日

初つばめ心に風の吹く日なり     コウコ

初蝶
清澄庭園の門を入り駐輪すると、キチョウが目に飛び込んで来ました。
今春の初蝶ですが、1週間前から飛んでいるそうです。
ツツジの葉に止まると一瞬見分けられません。

DSCN5406 (640x556) DSCN5509 (640x526)
 
清澄庭園の探鳥会(日本野鳥の会)は毎月第3土曜日にあり、今年で
33年になるそうです。私にとっては久々の参加でした。

初ツバメ
16日は東京で開花宣言が出されましたが、清澄庭園のソメイヨシノ
は1日遅れでした。
初ツバメはどこよりも早く、16日に確認しました。

棗形手水鉢 (なつめがたちょうずばち)

DSCN5735 (640x480)

縮景
名勝地を縮めて表現した縮景のメインは、この庭で最も高い
築山です。富士山の頂上の木々は、背景のビルを隠しました。
中腹にはツツジの植え込みを配し、棚引く雲を表現しています。
枯滝は富士の雪解け水が流れ、海の池に注ぐ仕組みです。

DSCN5513 (640x494) DSCN5531 (640x480)
 
長瀞峡の縮景。峡谷の奇岩を表しています。
DSCN5515 (640x480)


ユリカモメ

DSCN5543 (640x480)

名にしおばいざ言問はん都鳥わが思ふ人はありやなしやと
                             在原業平

都鳥、すなわち都民の鳥としてユリカモメが指定されました。
ちなみに都の花はソメイヨシノ、都の木はイチョウです。
幼児が「白いハトがいっぱいいるよ!」と60羽の乱舞に小躍り
していました。
DSCN5569 (640x480) DSCN5641 (640x480)
 

ヒドリガモ
美味しそうな若草を千切って食べています。草食のカモなので肉食の
カモのような臭みはないそうです。
やはり食用のカモに、ヒドリガモが入っていました。

DSCN5644 (640x582)

野鳥は1日中食べて、42~43℃の体温維持と飛ぶためのエネルギー
を確保しています。
飢死や病死や餌食により、巣立ち後の生存率は10%以下だそうです。

北帰行
来月の初めには北帰行が始まります。
帰る動機は日の長さや地球の磁気など複合的に捉え、飛行は気流や星
の位置、それに肉眼でも判断しているようです。
同じ種類でも親鳥は繁殖のため早く帰り、若鳥は体力をつけて10日
ほど遅れるそうです。
寂しいですが、3月の探鳥会で冬鳥は見納です。
10月~11月初めには、中国北部、カムチャッカ、シベリヤ方面
から再び清澄庭園に渡ってきます。

流枝(なげし)の松
松の美しい姿が、水面に映えるようにせり出しています。
自然界では天然の松の造形が見られ、松島の松を想い出しました。

DSCN5413 (640x480)

松の剪定作業
 
松のみどり摘み
DSCN5560 (640x480) DSCN5425 (480x640)
 
現在5人の庭師が、黒松約200本(赤松1本)を管理しています。
1本につき2日はかかるそうです。
お仕事中、来園者の質問に快く応じて下さいました。

作業前 (込み入っている) 作業後 (木漏れ日が入る)
DSCN5568 (640x480) DSCN5567 (640x480)
            

自由広場

満開のカンヒザクラ
DSCN5421 (480x640) DSCN5422 (640x480)
 
ソメイヨシノの開花 3/17
DSCN5608 (640x499) DSCN5589 (640x502)
 


鳥合わせ    
探鳥会の締めくくりに、観察した鳥の種類と数を参加者全員
で確認しました。

日本野鳥の会東京支部 平成25年3月16日 観察地:清澄庭園
                  天候:快晴 風:無 気温:19℃
全23種

カイツブリ    1    アオサギ   1  スズメ   2
カワウ      4    ユリカモメ  60 ムクドリ  5
カルガモ    20    ハクセキレイ 1  コゲラ   5
キジバト     3    ツバメ     1    
ハシビロガモ  50   ヒヨドリ    30
ツグミ      2    メジロ     10
ホシハジロ   50   シロハラ    1
キンクロハジロ 400  シジュウガラ  6
ハシボソカラス  2   ヒドリガモ   40
ハシブトカラス  5   オナガガモ  10   (ドバト 10)
   
ハクセキレイ   ハシブトカラス   オナガカモ   カルガモ
DSCN5663 (632x640) DSCN5572 (640x564) DSCN5650 (640x480) DSCN5626 (640x480) 
 
 
ユリカモメ    アオサギ   
DSCN5638 (640x480) DSCN5468 (640x480) DSCN5453 (640x480)
 
 
スポンサーサイト

コメント

2013-03-27.Wed 17:53
ーぱふぱふさんー
有難うございます。

冬鳥の増減ですが、江東区内では
地域によって毎年違うようです。
散歩中、一斉に河口に移動して来た
ことがありました。猛禽が出たらしいのです。
観察していると興味が尽きません。
どうぞ宜しくお願いいたします。
URL|コウコ #-[ 編集]

2013-03-27.Wed 10:12
はじめまして・・素敵なブログですね・・
わたくしは名古屋から発信してますが
名古屋にもいくつかの地域で野鳥観察会があります
それぞれに違いがありますが・・鳥を見るのは同じ
花の菜時季だけですが・・参加してます(笑)
ことしの冬鳥は昨年よりもかなりたくさんやってきましたね
中部圏はどうしても・・鳥まで通過地点のように
名古屋飛ばしをされるって行った人がいますが
みょうに笑えたのを覚えています(爆)

リンクさせていただきましたこれからもよろしくです
URL|ぱふぱふ #-[ 編集]

コメントの投稿

トラックバック