梅雨晴間

2017.07.06.Thu
2017年7月3日

梅雨の晴れ間を縫って一週間ぶりに相模原を訪ねました。(神奈川県)
まず向かったのは慣れ親しんだ宮ケ瀬湖エリアです。早朝は小雨模様
でしたが、散策する頃には雨も止んで久々の鳥見日和になりました。

DSCN6870s.jpg

雨に洗われたカーブミラーに映るのは青葉若葉の早戸川林道です。




DSCN6844s_20170706174321e20.jpg

雨上がりの林道は一層鮮やかさを増していました。ヤマガラ、ウグイス
シジュウカラ、ガビチョウ、サンコウチョウなどの囀りに耳を澄まして
の散策です。願わくはヤマセミの声を聴いてみたいです。


               ***


ヤマセミに出合いたい一心で通い続けている私共夫婦ですが、散策中に
サンコウチョウの営巣情報が入りました。しかも今日中に巣立ちがある
らしいとの事で、急遽現場に急ぎました。

DSC_0170s.jpg

到着すると、既に二重三重の人垣で三脚を設置する余地はありません。
地元の方のご厚意で誘導して頂き、手持ち撮影で十数分程撮らせて頂き
ました。




DSC_0174s.jpg

親鳥♀が2羽の子どもに餌を運んでは口移しで食べさせています。
そして、5分後には再び餌を運んで来ての給餌ですから大忙しです。




DSC_0179s.jpg

サンコウチョウは薄暗い林に営巣して子育てに励んでいましたが、予想
通り4時間後には巣立ったそうです。営巣のサンコウチョウを発見する
ことは至難の業であり、しかも巣立ちまで的中させたとは!
凄いバーダーさんがいらしたものです。


               ***


声はすれども姿は見えずの野鳥ですが、林道では植物や昆虫に出合う
楽しみもあります。

DSC_0144s.jpg

釣り鐘状の蛍袋を見かけると心が和みます。




DSC_0195s.jpg

緑の中の赤い新緑が目に鮮やかです。




DSC_0194s.jpg




DSC_0465s_20170706171954753.jpg

ミヤマカワトンボ♂でしょうか(翅は褐色で腹部は瑠璃色の金属光沢)




DSC_0200s.jpg

緑色の複眼に黒と黄色の縞模様はオニヤンマです。近づいても動きませ
んでした。天敵から一時は逃れたものの、深手を負って命が尽きたので
しょうか。あるいは事故でしょうか。


               ***


相模原北公園のツミの成長が気になり、帰りがけに寄ってみました。
案の定、巣の中は空っぽで既に巣立っていました。幼鳥は高い枝に
3羽でいましたが、2羽は後ろを向いて眠っている様子です。

DSCN6954s.jpg


こちらに向いた幼鳥は、お母さんにそっくりの女の子でした。


DSCN6986s.jpg




DSCN6972s.jpg

相変わらず3羽を鋭い目で見守っています。「母は強し」です。


                *


相模原北公園は紫陽花で有名ですが、市の花だけあって珍しい紫陽花を
見かけました。

DSC_0483s.jpg




DSC_0488s.jpg


園内を巡っていると、立ち入りが出来ないコーナーがありました。
多くの鉢植えの紫陽花が置かれているのでバックヤードでしょうか。
隙間から望遠で撮らせて頂きました。


DSC_0487s.jpg


                *


DSCN6995s.jpg

薔薇のシーズンは終わりましたが、下の花壇では見頃を迎えています。




 DSCN6997s_20170706182431d5e.jpg 
薔薇の花壇の彼方には丹沢の山並みが望めました。




DSCN6999s.jpg




DSCN7003s.jpg

紫陽花と薔薇の共演です。




DSC_0484s.jpg


目を惹かれたのは「リオサンバ」です。カーニバルを連想させる艶やか
な色彩です。


DSC_0486s.jpg




DSC_0489s.jpg


大型のクロアゲハ♂が吸蜜に訪れていました。黒い表翅は光の加減で
青い光沢を見せています。


DSC_0507s.jpg




ヤマセミを撮りたい一心で宮ケ瀬湖エリアに通っています。空振りが
続いているものの、本命以外に多くの出合いがありました。


最後までご覧下さり有り難うございました。

  
スポンサーサイト

トラックバック