ツミの営巣&ミサゴのペア

2017.06.27.Tue
2017年6月23日

鳥見で出会った方が相模原北公園でツミのヒナを撮ったそうです。
ヒナは初めてなので興味深く伺うと、ツミが営巣する園内の地図
を詳しく書いて下さいました。

DSC_0075s.jpg

相模原北公園のツミの巣は、散策路の高い樹にありました。




DSCN6739s.jpg


始めは巣に潜って姿を見せませんでしたが、暫くして2羽のヒナが
顔を出しました。親鳥が運んで来る餌を今か今かと待っています。


DSCN6733s.jpg




DSC_0077s.jpg


少し離れた樹の枝には、巣にいるヒナを監視する親鳥の姿がありました。
下面は褐色の横縞で、虹彩は黄色の雌(全長30㎝ キジバト大)です。
雄は狩りに行ったのでしょうか。(全長27㎝ 虹彩は暗赤色)留鳥/夏鳥


DSC_0087s.jpg



                *


相模原北公園には「市の花」の紫陽花が見頃です。

DSC_0116s.jpg

管理事務所の植え込みに咲く淡桃色のカシワバアジサイです。




DSC_0123s.jpg

事務所の戸口には数鉢の紫陽花が寄せ植え風に置かれていました。
珍しい紅ヤマアジサイやガクアジサイたちです。




DSC_0106s.jpg

バラは四季咲きなので次々と花をつけますが、中でもミニバナの可憐な
「ひなあられ」がひときわ目を惹きました。
時間がないので、園内をめぐるのは次回の楽しみにしたいと思います。


               ***


話が前後しますが、相模原北公園に来る前に猿とミサゴのペアに出合い
ました。

DSCN6686s.jpg


道路で寛ぐのは動物園のサル山の猿ではなく、野生のニホンザルです。
カメラに気付いて2分足らずで立ち去って行きました。数キロ離れた
所では3頭の鹿もいたそうです。


DSCN6692s.jpg 


                *


遠方の高い樹上に、木の枝を組んだ鳥の巣を見つけました。

DSCN6603s.jpg




DSCN6634s.jpg

目を凝らして辿ってゆくとミサゴのペアが距離を置いて寛いでいます。
ミサゴは5月から7月にかけて水辺の岩や樹上に巣を作るそうです。




DSCN6608s_20170627205623d40.jpg


雌雄はほぼ同色に見えます。(トビとほぼ同大 ♂54㎝ ♀64㎝)


DSCN6628s.jpg




DSCN6638s.jpg


下の個体は胸が(褐色の雌に対して)淡いので雄かもしれません。


 DSCN6642s.jpg




DSC_9803s_20170627205507d9c.jpg

散策路は昨日の雨でぬかるんだ所もありました。葉陰に見える煌めき
は、雨水が集まって日射しに輝いたのでした。




DSC_9887s.jpg

ヒメジオンに訪れたのはモンキチョウです。




DSC_9865s_20170627205452ae6.jpg 

ウツギの花の見頃は終わりましたが、まだ花をつけた枝が
残っていました。





       DSCN6571s.jpg

        「相模原市観光ガイドブック」を頂きました。
         東京から近くて、多彩なエリアがあるので
         今後も訪れて自然を満喫したいと思います。



ご覧下さり有り難うございました。
スポンサーサイト

トラックバック