トラフズクの雛&フクロウの雛

2017.05.23.Tue
2017年5月19日

DSCN4846s.jpg
「道の駅・きたかわべ」の展望デッキから眺望した渡良瀬遊水地

関東の4県(茨城・群馬・埼玉・栃木)にわたる広大な自然に魅了され
初春から通い始めるようになった渡良瀬遊水地です。




DSC_7542s.jpg

鳥友から「渡良瀬の運動場のトラフズクは、今年どうでしょうか」と問
われ、私共夫婦の師匠である真瀬勝見氏にお訊きしたところ、その日に
ご案内して下さいました。




DSC_7525s.jpg


雛は真上に止まり、ウォッチャ―が一斉に見上げる様子に不思議そう
な表情です。


DSCN4837s.jpg




DSCN4835s.jpg




DSC_7534s.jpg

雛ながら耳のように見える羽角があります。




DSC_7517s.jpg


ストレッチでしょうか、翼を伸ばしていました。虹彩はオレンジ色です。


DSC_7520s.jpg




DSC_7523s.jpg

雛の上にもう一羽の雛がいます。トラフズクは空き巣を利用するそうで
すが、左側の巣は小枝を集めたカラスの巣に似ています。




DSC_7538s.jpg

大樹の洞を利用するフクロウの巣はかなり高い位置にありますが、トラ
フズクは肉眼で確認出来ました。しかしその一方もろに枝葉が被るので
ピント合わせが大変でした。


               ***


トラフズクの後、雀神社のフクロウを観に行きました。

DSCN4893s.jpg


フクロウの雛はかなり高い位置にいるので探すのに一苦労です。若い女
性たちの会話を聞いていると、確認が出来ても枝が込み入っているので
仲間に説明するのは容易ではなさそうです。


DSCN4886s.jpg




DSCN4888s.jpg


超望遠コンデジに持ち替えて、どうにか雛を撮る事が出来ました。


DSCN4899s.jpg


               ***


全国の三県境の中でも、埼玉県、群馬県、栃木県を歩いて3歩で回れる
珍しい渡良瀬の三県境もご案内して下さいましたが、後日に記載出来た
らと思います。

DSCN4882s.jpg

最後に、ご親戚の真瀬邸で開催中のバラ園に立ち寄らせて頂きました。
個人のお庭とは思えないほどの広さに、多彩なバラの植え込みと多く
の鉢植えがあり感嘆しました。




DSC_7553s.jpg

アーチに絡まる蔓性のバラが満開です。




DSC_7565s.jpg

アーチの向こうに広がるローズガーデン。バラの香りも楽しめます。




DSC_7554s.jpg


真瀬邸ではブルーの矢車草がローズガーデンの雰囲気を見事に演出して
いました。


DSC_7561s.jpg




DSC_7582s.jpg

鉢植えに斑入りの葉のバラがありました。初めて見ましたが入手困難な
珍しい品種のようです。


                *


真瀬さんのご案内で、楽しい一日を過ごさせて頂き有難うございました。

自宅に帰ってからネットで調べると、渡良瀬遊水地野鳥観察会(遊鳥会)
(平成28年6月18日)の記述に、トラフズクは平成25年7月5日に遊鳥会
の真瀬さんが北川辺(加須市)の運動公園で5羽の家族群を写真に撮り
翌年には同所で巣の確認がされたとありました。
「渡良瀬遊水地 ガイドブック」には真瀬さんの野鳥写真が多く載って
います。


ご覧下さり有り難うございました。
スポンサーサイト

トラックバック