野焼き後

2017.03.27.Mon
2017年3月25日

前回は野焼き前に、今回は野焼き後の渡良瀬遊水地を訪れました。

DSCN2603s.jpg

私の街は南に東京湾、東西に荒川と隅田川があります。白髭橋は私共が
一般道で遠出する際の、西側のゲートになっています。




DSCN2604s.jpg

隅田川とスカイツリーを後にすると、非日常へのスイッチが入ります。


                ***


4県に跨る広大な枯葦原の野焼きがたった一日で終了したとは驚きでした。
現場で見た人の感想は、あっという間だったそうです。

DSCN2879s.jpg
                         (栃木市藤岡町)



DSCN2616s.jpg

出迎えてくれたのは渡良瀬遊水地の妖精、エナガたちです。




DSCN2630s.jpg


ヨシ焼き後の木立の天辺で、トビが朝食の獲物を探していました。


DSCN2634s.jpg




DSCN2890s.jpg

この日、午前も午後もキジが現れましたが渡良瀬遊水地ではよく見かけ
るそうです。




DSCN2889s.jpg


遠いので分かりませんがヨシ焼き跡から食べ物を見つけたようでした。


DSCN2899s.jpg




DSC_4939s.jpg


大空には絶えず猛禽類が飛翔しています。ノスリ(上) トビ(下)


DSCN2747s.jpg




DSCN2777s.jpg




DSCN2680s.jpg

前方に見えるのがウオッチングタワーです。車を駐車場に入れて
から、タワー前の散策路を歩きました。



DSCN2785s.jpg

ヨシ焼き後の水辺では葦が芽を出しています。一日3㎝、活発な生育時
は30㎝に及ぶそうです。




DSCN2678s.jpg

ヨシ焼き後に水を入れた場所で予想外のタゲリと逢うことが出来ました。
メタリックな羽色と冠羽には、つい声を上げてしまうほど感動しました。
しかし、声を上げると鳥は逃げてしまうので肝に銘じた次第です。




DSCN2672s.jpg

タゲリ 全長32cm 冬鳥




DSCN2854s.jpg


この日50~100が飛翔しました。初見・初撮りです。


DSCN2774s.jpg




DSCN2939s.jpg

同じ場所に、今度はホウロクシギ(右)とタシギ(左)です。




DSCN2959s.jpg

容易に獲物のカニをゲットしました。ホウロクシギの尾羽の方向に又
もタシギがいますが周囲に同化して見えにくいです。タシギの存在は
画像を見て気付きました。




DSCN2965s.jpg

ホウロクシギ 全長60cm(シギ類では最大) 旅鳥 / 冬鳥
タシギ 全長27cm  旅鳥
   はじめダイシャクシギと記載しましたが、4月4日現地に訪れ
   ホウロクシギであることをセンターで確認出来ましたので訂
   正致します。

DSCN2754s.jpg

周りはまだ冬木ですが、白い辛夷の花が咲き始めました。



                ***



DSC_5154s.jpg

昼のお弁当を食べてコミミズクの土手に向かいました。観察ポイント
はヨシ焼きがされていませんでした。




DSC_5148s.jpg

土手の反対の西側は黒々とし、やがて夕日が水面を染め始めました。
コミミズクは現在3羽いて数ヵ所で目撃されましたが菜の花の上空
には現れませんでした。前回の半数の方々が待機しましたが、風が
出てきたので続々と帰り始めました。




DSCN2976s.jpg

日の入り一分前の渡良瀬遊水地です。




DSCN2978s.jpg

渡良瀬川にかかる三国橋(茨城県古河市)



コミミズクは現れず長丁場の一日でしたが、思いの他タゲリに出合えて
ラッキーでした。冬鳥は3月一杯で越冬地の日本を去り繁殖地の北国に
帰ります。4月からは春の渡りの旅鳥と夏鳥のシーズンに入ります。


ご覧下さり有り難うございました。
スポンサーサイト

トラックバック