野焼き前

2017.03.20.Mon
2017年3月20日

春の訪れを告げる渡良瀬遊水地の野焼きは、一昨日の3月18日(土)
に実施されたそうです。そして今日「春分の日」を迎えました。

DSCN2457s.jpg


野焼き前に渡良瀬遊水地を訪れたところ、大勢のアマチュアカメラマン
が、ずらりと三脚を立ててコミミズクを待ち構えていました。


sDSCN2450

此処で何時間も待たされるのは当たり前のようですが、遅い主役に
代わって脇役の登場も楽しむことが出来ました。




sDSCN2462

コミミズクの撮影ポイントを眺めていると、枯葦原から不意にキジ♂が
現れました。




sDSCN2464


一瞬振り返って立ち止まり、ほんの30秒ほどで葦原に帰って行きました。


sDSCN2465





DSCN2305s.jpg

獣道とでも言うのでしょうか、イタチも同じようにつつっと現れては
消えました。




sDSC_4975

菜の花にモンシロチョウが飛び交い、ヒバリの囀りが青空に
こだましています。




sDSC_4977


コミミズクを待つ土手から、遠くない距離でヒバリを撮ることが
出来ました。


sDSC_4978



                ***



sDSCN2321

いよいよコミミズクのお出ましです。一斉に響き渡るシャッター音。




sDSCN2359

菜の花とコミミズクの取り合わせ、どうにか撮ることが出来ました。




sDSCN2346

この個体はこの木の枝が好きで、必ずここで小休止するそうです。


                *


DSCN2303s.jpg


誰かが鳶柱だと声を上げました。カウントすると18羽です。


DSCN2304s.jpg




sDSC_4933


カラスとノスリが繰り広げる空中戦のライブも見ものです。


sDSC_4938



                ***



sDSCN2455


土手の反対側には雄大な山並みが見え、手前の池には次々と
水鳥たちが訪れています。


DSCN2297s.jpg




DSCN2277s.jpg

葦原を飛び立って移動するダイサギ。




DSCN2290s.jpg

土手を横切って行きました。




sDSCN2452

この土手を来て帰る車もいれば、私共のようにすぐ横の脇道を帰る
車列もあります。新潟県の長岡からいらした方は野焼きを見てから
帰るとのことでした。寝袋を積んだ車も見かけました。

コミミズクの撮影ポイントは「つつじが岡公園」(ヤツガシラの撮影)
で出合った日本野鳥の会(千葉県支部)の方がご案内下さいました。
またマップコードを教えて下さったグループの方々もいらして、旅の
一期一会に感謝の気持ちでいっぱいになりました。
スポンサーサイト

トラックバック