館林の水鳥&山野の鳥

2017.03.05.Sun
 2017年3月5日

館林の白鳥の飛来地である「ガバ沼」と「多々良沼」を訪ねました。
隣り合わせにある「ガバぬまとたたらとぬま」は語呂がいいので、昔話に
登場するかのような地名に親しみを覚えます。

DSC_4014s.jpg


白鳥は皇居のお濠で見たことがありますが、飛翔する姿は
初見・初撮りです。


DSC_4037s.jpg




DSC_4050s.jpg

コハクチョウはオオハクチョウより一回り小型ですが、翼を開くと
共に2メートル前後にもなります。




DSCN0988s.jpg


白鳥には必ずオナガガモが一緒にいるそうですが、ガバ沼では想像
以上のオナガガモの大群です。


DSCN1012s.jpg



                 ***



「多々良沼」では白鳥の意外な面を見ることが出来ました。

DSC_3995s.jpg




DSCN0956s.jpg


突然カルガモの喧嘩が始まり、次第に相手の喉元を咬みつく大バトルに
なりました。


DSCN0957s.jpg




DSCN0955s.jpg

カルガモの喧嘩を見かけた白鳥は長い首を伸ばし、嘴を使って双方を離
れさせ、止めたのでした。それは「喧嘩をしてはいけませんよ」と大人
が子どもを諭すかのようでした。異種間でもこんな事があるのですね。



                 ***



次に訪ねた「城沼」も白鳥の飛来地ですが、ツツジでは全国的に有名な
「つつじが岡公園」です。珍鳥のヤツガシラの飛来で、先月は大フィー
バーでした。HPのヤツガシラ通信を日々見ていたのですが2月22日の
記事に「館林を後にしてしまったようです」とあり、諦めたのでした。

DSCN0811s.jpg 


枯蓮の沼を眺めながら散策していると、近くに一羽のコブハクチョウを
見掛けました。近づいても逃げずカメラ目線です。


DSC_3907s.jpg




DSC_3908s.jpg

枯蓮に摑まって水中の魚を狙うカワセミ♂です。



DSC_3921s.jpg

モズ♀は草地の虫を狙っています。



DSC_3953s.jpg

辛うじて一瞬の狩りを見ることが出来ました。


                  *


園内は梅の花が満開です。

DSCN0838s.jpg




DSCN0752s.jpg

紅梅にスズメが来ています。




DSCN0748s.jpg


青空に映える梅花と蝋梅です。


DSC_3827s.jpg




DSCN0751s.jpg

ツグミとムクドリが採餌に来ていました。




DSCN0728s.jpg


数十羽のアトリの群れが芝生広場に舞い降り、木陰で採餌を始めました
が明るい所には出て来てくれません。そして、やっと遊歩道の際まで来
てくれました。


DSC_3794s.jpg




DSC_3781s.jpg


シメも採餌にやって来て嘴をモグモグさせています。食後は大樹の窪み
に溜まった雨水を飲んでいました。


DSCN0892s.jpg



                 *


遊歩道から眺めた山々です。散歩の方から山の名を教えて頂きました。

DSCN0894s.jpg


群馬県の中央にある赤城山です。(標高 1,827.6m)


DSCN0893s.jpg




DSCN0981s.jpg


日光連山では栃木県の男体山(上)と白根山方面(下)が印象的でした。


DSCN0960s.jpg

夫と駆け足で巡った館林です。どの沼からも遠方に雪化粧の山々
を一望出来、何度も佇みました。都内を出てからは遠路でしたが
館林では気分を一新する風景と出合いがありました。


最後までご覧下さり有り難うございました。[ 全文表示]
スポンサーサイト

トラックバック